P1020658

バンクーバー夏休みに1週間プチ留学をしてみた、生活や授業風景とか

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

“留学”と聞くと10代後半から20代前半の若者のイメージがありませんか?
筆者も学生時代に留学を経験し、英語の習得だけでなく、海外に住むという貴重な体験をしました。今でもたまに留学時代を振り返り、「あぁ、あの留学の日々が懐かしい。語学学校の雰囲気が好きだったなぁ」と懐しむことがあります。

日本に帰国後は英語を使用する頻度もすっかり減り、英語力も衰え気味。たまに仕事で英語を使うと、使い物にならなくて焦ったりしています。

だったら学生気分に戻って留学してしまおう!そう思い立ったのがプチ留学でした。行き先は学生の頃に留学していたカナダ。カナダの西海岸、日本から最も行きやすい都市バンクーバーに決めました。バンクーバーは世界で最も住みやすい都市第1位に選ばれたことがあり、ワーキングホリデーや留学生に人気の都市なのです。

今回は、会社の夏休みを利用した滞在期間わずか1週間のカナダ留学生活をシェアしたいと思います。

P1020658

 

語学学校探し

学校探しはもちろんインターネット。検索エンジンにかけると膨大な数の語学学校がヒットします。その中で、筆者が選んだのはCanadian College of English Language、バンクーバーのダウンタウンにある語学学校です。
この学校にはBusiness Englishのクラスがあり、普通の語学研修だけでは物足りない社会人に最適なコースです。ビジネスに特化した英語を学びます。入学日は毎週月曜日、1週間~の入学が可能です。現在はホームページに明記がないのですが、筆者が留学した時は25歳以上の社会人経験者専用クラスがありました。
通常、英語圏の語学学校は年齢層が若く、20代前半までが殆ど。筆者が語学学校を楽しいと感じたのは、同年代の生徒が多く若かったからで、今となっては落ち着いた社会人クラスはありがたいのです。

 

滞在先の確保

バンクーバーのホテルに1人で1週間滞在するとホテル代が嵩んでしまいます。そこでインターネットで貸部屋を検索して、一軒家の一部屋を借りることにしました。場所はバンクーバー国際空港からほど近い、リッチモンド(Richmond)という中国系移民が多く居住するエリアです。家主は日本在住が長い中国人のおかあちゃん。よく喋る女性でした。空港までお迎に来てくれました。(料金別途)

 

【学校生活】

さて、いよいよ留学生活の始まりです。滞在先から学校のあるダウンタウンへはバスとスカイトレインを乗り継いで行きます。バンクーバーの公共交通機関(バス、シーバス、スカイトレイン)は、全てトランスリンク社(TransLink)が運営しています。

P1020650

 

授業

P1020664

初日はオリエンテーションとレベル分けテストがあります。
クラスメイトは10人程でした。語学学校の学生の国籍は日本、韓国、中国、台湾が大部分を占め、他はメキシコ、ブラジル、タイなどです。
フルタイムで授業を取ると、1コマ目が8:30-10:00、2コマ目が10:20-11:50、お昼休憩を挟み、3コマ目が12:50-14:20、4コマ目が14:40-16:10となっています。
授業の感想としては、レギュラーのBusiness Englishのクラスは最大12週間、最低でも8週間の受講が求められているので、1週間だけ受講した筆者はビジターといった感じで、ちょっとアウェーな気がしました。授業内はもちろん全て英語、クラスメイトとも英語でないとコミュケーションが取れないので必然的に英語で話さなければなりません。これが英語上達の近道。

ランチタイム

Canadian College of English Languageは語学学校なのにカフェテリアもあります。

P1020630

P1020666

 

こちらはダウンタウンでのお手軽ランチ

①ティムホートンズ(Tim Hortons)

P1020633

P1020635

カナダで知らない人はいない日本のミスタードーナツ的存在のドーナツチェーン店。カナダではマクドナルドよりメジャーです。
オススメ1: ティムビッツ(Timbits)。ドーナツに穴を開ける時にくり抜かれる一口サイズのミニドーナツのこと。勉強の傍ら、どんどん手が伸びます。
オススメ2: ストロベリードーナツ(写真上段)。穴なしのドーナツの中にストロベリージャムが入っていて、外はシュガーパウダーがまぶしてあります。
②ジャパドッグ(JAPADOG)

P1020654

巷で話題のホットドック屋さん。2005年にカナダに移住した日本人夫婦が始めたホットドックスタンドで、ホットドッグと和食の融合が口コミで広まり、今や旅行ガイドに掲載されるほどの人気店になりました。メニューはTERIMAYO、OROSHI、OKONOMIなどがあります。

 

放課後

1週間だけとはいえ、他の生徒と変わらず翌日までに宿題を片付けねばなりません。
バンクーバーはカフェも多いのでコーヒーを片手にお勉強タイムです。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから39日目~43日目…
  2. IMG_8562
    ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…

新着記事

  1. red
    みなさん、ミャンマーは実はワインの名産地だということを知っていましたか?ミャンマーを訪れる観…
  2. cs_promologoorangerevrgb_fullsize
    みなさん、カウチサーフィンをご存知ですか?世界中の旅行先で、無料で泊めてくれる人を探すことが…
  3. barista
    日本でも大人気のスターバックス。繁華街のスタバ店内はいつもイス取りゲーム状態です。海外ほとん…
PAGE TOP