pa0

パナマ・ビエホの古代遺跡とパナマの歴史地区を訪れて

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

pa0

今は昔、インカの黄金とポトシの銀をスペインへと送り出して栄えた町~パナマ・ビエホの古代遺跡とパナマの歴史地区「Archaeological Site of Panama Viejo and the Historic District of Panama」/パナマ

パナマ運河で知られる南米のパナマは、スペイン人の植民地時代にインカ帝国を滅亡へと追いやる拠点となり、ボリビアの死の山ポトシからあふれ出た銀をヨーロッパへと送り出す港ともなった。

パナマ・ビエホには、黄金と銀とがあふれかえっていたという。豊かさを極めたパナマは、周辺地域の先住民族との小競り合いがない平和な町だった。だからこそ町を守るための要塞も城壁もほとんど持たなかった。そのため、後になって海賊たちの格好の餌食となってしまい、町は火の海となって崩れ落ちた。その栄華は150年ほどで灰塵と化してしまったのだ。

町は新しく違う土地に作られてカスコ・パナマとして拡大し、やがて「パナマシティ」となった。長く忘れられていたパナマ・ビエホは近年になって発掘・研究が進み、その貴重な文化遺跡は世界遺産にも登録されている。

pa12

カスコ・ビエホとパナマ・ビエホ

「パナマ・ビエホ」と呼ばれるのは、パナマシティの旧市街地の東7.5kmほどの場所に位置する広大な町の跡。スペイン人によって、1519年にアメリカ大陸太平洋岸最初の植民都市として建設され、1671年、イギリス人海賊の放った火で壊滅したといわれている。

大聖堂、修道院、広場、道路や橋、邸宅の跡などが、ごく一部を除き、廃墟または遺構としてひっそりと姿を見せているか、そのほとんどはまだ地中に埋もれているという。十分な研究はなされていないが、その文化的・歴史的価値の高さから世界遺産として広い範囲が指定され、公園として保護されている。

また、壊滅状態の町は放棄され、その後新しく築かれた町はパナマ・ビエホの建材を再利用して作られたことから、古さと新しさの入り混じる町となった。パナマ・ビエホとともに世界遺産に登録されている。

pa00

大聖堂と中央広場

1671年の海賊の攻撃で破壊された大聖堂から建築材とともに三つの鐘を移設して再建した大聖堂。南北に55m東西には35mという規模を持つ。再建されたのが、破壊されてわずか二年後のことだったというから、当時のパナマ・ビエホの経済力の強さが想像できる。大聖堂は町の中央広場の東にあたり、パナマを代表する建造物として多くのパンフレットやメディアで使用されている。

現在パナマ歴史地区と呼ばれるカスコ・ビエホに残るその姿は、建築されてからすでに350年たつが、それでも当時使われたという旧建材と新建材はくっきりと違いを見せている。

ファサードの両側に立つ白い鐘楼はまるで巨大な門のように堂々とした姿を見せている。鐘楼内には階段が設置されていて上ることも可能だ。聖堂内部では見事なステンドグラスが待っている。

中央広場は、建設当時は正方形だったとされるが、現存している形は長方形。道路や商業ビルなどの建設によって、景観が崩れたこと、中央広場内の歴史的建造物に振動による破壊も起きたことから、徐々に移設が行われ、さらなる発掘作業も行われている。その結果、中央広場のさらに下の地層には、先住民族の遺跡があることも分かった。

発掘内容や発掘品は広場を管理するパナマ・ビエホ財団の付属博物館に収められている。

pa16

サロン・ボリーバル

サロン・ボリーバルもまた、パナマを代表する歴史的建造物だ。これはラテンアメリカ独立の指導者「ボリーバル」がパナマ会議のための作戦や構想を練った場所で、サロンはこの会議のために作られた。

pa15

女子修道院と貯水タンク

貧しく結婚できない少女や家族を失った未亡人などを保護するために作られた修道院で、1594年の建造時には木造の小さな修道院だったが、徐々に拡大し、石造りの巨大な修道院へと変わっていった。しかし、1621年の地震でその大半が崩壊。再建するも、再び海賊によって破壊され、修道女の多くはほかの土地へと移っていった。

現在の女子修道院は全盛期の修道院の一部を、離れた場所に再建したもの。修道院ではあるが、開放的な運用が行われていて、地域密着型のホールのような存在になっている。

最盛期の女子修道院は広大な敷地に多くの建物を所有していた。また中庭には半地下構造の貯水タンクが設けられていて、近郊住民に飲料水を供給してきた。このエリアに上下水道が敷設されたのが20世紀初頭であり、それまではこのタンクが現役で使用されていた。

pa14

コンパニア・デ・ヘスース修道院

女子修道院の東隣同士にあたり、イエズス会系の巨大修道院の跡。現在残っているのは礼拝施設のごく一部の壁だけで、文献や発掘調査から、当時の面影を想像するばかりだ。

少なくとも3つの礼拝堂を持ち、周囲は2階建ての回廊によって囲まれていたと考えられている。大聖壇の置かれた中心的教会には、丸いステンドグラスのバラ窓が設置されていたらしい。

再建計画に先立って行われた発掘調査では、修道院の基礎や床が現れ、当時の様子を知る貴重な資料として保存・研究されているほか、さらにその下にここでも先住民文化の遺跡が発見されている。

pa13

サン・フランシスコ会修道院

女子修道院の南西隣りに位置する。フランシスコ系の修道院で、女子修道院と対応する形で存在していた、規模も同程度の大きなものだと考えられている。現存している建物の巨大さからもそれは想像できる。

ただ、保存状態は悪く、周辺地域に住宅や商業施設などの建設、道路敷設などが行われたことから、現存している建物の崩壊の危険性があるとして、早期の安全改修の必要性が叫ばれている。

pa17

そのほかの遺構

ドミニコ会系のサント・ドミンゴ修道院、サン・ホセ修道院、メルセー修道院、そのほか司教館などの関連施設の多くが、遺構として残っている。発掘調査は部分的に進められているものの、既に新しい建造物が上に建てられていたり、予算・人出の不足から十分な成果は出ていない。

サン・ファン・デ・ディオス病院、テリン邸、アラルコン邸、ジェノバ人邸宅、統治府なども、礎石のみ壁のみといった状態で長く放置されてきたため、今見ることができるのは、石積みのある緑の公園だけだ。復元された建物はもちろん、なんの解説もなく、今後の発掘・研究が待たれる。

pa000

クリスマス砦

パナマの町を守る唯一の砦。10m四方の石積みが作られ、大砲が設置され、数名の兵士によって監視が行われていたと考えられている。ただし、実際に防御にも攻撃にも使われることがないまま、町は灰塵と化した。

クリスマス砦自身は、海賊に襲われた町よりもずっと無事な姿を今も残している。

pa19

王の橋とマタデーロ橋

王の橋は、パナマ・ビエホの北にあるアーチ型の石橋。全長35mほどの短い橋だが、当時のままの姿で現存する遺物が少ない中では貴重な存在だ。

インカの黄金もポトシの銀もこの橋を渡って、スペインの王のもとへと届けられる船に詰め込まれた。カリブ海まで続くカミノ・レアル(王の道)の一部でもあったと考えられている。

マタデーロ橋は、パナマ・ビエホの西にある12mの石橋。パナマ・ビエホの内側と外側とを隔てる表玄関としての役割を果たしていた橋であり、町を繁栄させたスペイン人たちが出入りしたのと同様に、海賊もまたここを通って町に侵入したらしい。

pa18

最後に

見どころの数も逸話も多いものの、それぞれの建造物がほとんど残っていないこと、残っている遺構の保存状態がよくないこと、発掘や研究が十分に進められていないことから、実際に訪れても新たに知ることは多くない。ただ、広々と緑の広がる公園内に点々と残された遺跡は、確かにかつて大きく富み栄えた「都市」がここにあったことを教えてくれる。

大聖堂や教会など、一部残されたり再現されたものが素晴らしいだけに、過去のパナマの姿を十分に想像させる材料が少ないことが悔しいほどだ。今後の発掘と研究、そして復元作業に大いに期待したい。

そこを訪れた人しか感じることのできない感動を、写真、動画、そして言葉で表現してみませんか? あなたの旅の話を聞かせてください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…
  2. DSCF0785
    ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…

新着記事

  1. dscf3266
    「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  2. dscf3391

    2016/12/6

    石垣島life
    僕らがいつも石垣島で何気なく見ている風景、そして僕らの後ろ姿なんかを写真に収めてここに残して…
  3. boss-fight-free-stock-images-photography-photos-high-resolution-coffee-cafe-espresso
    コーヒーのイメージのない台湾。しかし、実は台湾人が過去に世界ラテアートチャンピオンに選ばれた…
PAGE TOP