SAMSUNG

パリのコンフィズリー(菓子店)に行ってみた!おすすめの店紹介

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

DSC00099

エッフェル塔にルーブル美術館、凱旋門、ベルサイユ宮殿などパリには見どころがいっぱい。あまりにも見所がたくさんあるので、これらを見て回っているとちょっと一休みもしたくなります。

街歩きに疲れたら甘いものでも食べて休憩しませんか。

パリの街には「コンフィズリー」と呼ばれる、主に砂糖菓子、飴やキャラメルを扱うお菓子屋さんがいくつもあります。

今回パリで250年続く由緒あるコンフィズリー「ア・ラ・メール・ド・ファミーユ(A la Mèle de Famille)」を訪ねてきました。

ここは1761年創業の老舗でパリの老人たちの間でもよく知られていることから、長年にわたって人々に愛されてきたことがわかります。

自社のチョコレートや品揃えの良さ、昔ながらの店構えは今なおパリの人の心を掴んで止みません。

チョコレートが自慢

自社ブランドのチョコレートが自慢で、味はもちろん、動物をかたどったものなど見た目にもこだわりが感じられます。DSC00100

イースターを来月に控えていることもあって、イースターエッグをかたどった卵形のチョコレートがたくさんありました。包み紙もカラフルでかわいいですよね。

DSC00103

豊富な種類のチョコレートに目移りしていると、店員さんがおすすめしてくれたのは量り売りのチョコレート。ビター、ミルク、ホワイト、ナッツ、キャラメルなどいろいろな種類を少しずつ楽しめます。あれもこれも楽しみたいという人の心を満たしてくれるはずです。

DSC00104

お菓子の品揃えがよい

砂糖菓子やチョコレートに加えて、ここのお店ではお酒やジャムまで扱っています。

DSC00101

キャンディやチョコレートは溶けてしまう、と不安な人はお酒やジャムをお土産にしてはいかがですか。

保存がきくので、帰国してすぐに渡せない人へのお土産としてもよいですよ。

パリらしい雰囲気の店構え

1900年からの店構えにはベルエポックの面影が残されています。ベルエポックとはフランスで19世紀末から第一次世界大戦の起こった1914年までの時代のことをいい、当時パリの建築物でアール・ヌーヴォーという装飾美術が大流行しました。

蔦などの自然のモチーフや自由曲線による装飾に鉄やガラスといった当時の新素材の利用が特徴です。

ガラス張りになっていることや、2階、3階に見える曲線のフェンスに当時の流行を見ることができますね。

SAMSUNGパリの古くからの街並みを感じさせる店構えも必見です。

アクセス:パリメトロ7号線Cadét駅もしくは8・9号線Grands Boulevards駅

住所:35, rue du Fg, Montmartre 9e

TEL: 0.1.47.70.83.69

営業時間:9:30~20:00(土10:00~20:00、日10:00~13:00)

定休日:1/1

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…

新着記事

  1. owachomo_bridge
    私は世界を旅し、生の絶景を数多く観てきました。なかには、思い描いていたものとギャップがあり「…
  2. img_1
    最も人気の観光地ともいわれるバルセロナですが、あなたは何を楽しみに行きますか?バルセロナを満喫するた…
  3. book_natalie_alexandrov132043
    旅に出た、世界に出たきっかけというのは人それぞれ違い、テレビだったり、ブログやインスタグラム…
PAGE TOP