屋根のない博物館フィレンツェ歴史地区を歩いた感想と写真

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

屋根のない博物館 フィレンツェ歴史地区

フィレンツェ歴史地区(Historic Centre of Florence)は、イタリアの都市フィレンツェにあるユネスコの世界遺産です。1982年に、文化遺産として登録されました。

世界遺産として指定されている範囲は、フィレンツェ市街の中心部です。
ここは13世紀から15世紀ごろまで、ルネサンス文化の発祥地であるとともに中心地として栄えた場所でした。それから数百年が経過した現在でも、当時の歴史的な街並みが集中的に残されており、観光地として人気を博しています。
フィレンツェ歴史地区はいわば、ルネサンス文化を現在にそのまま伝えてくれるメッセンジャーとしての役割を果たしてくれているのです。

それを端的に表しているのが、「屋根のない博物館」という異名でしょう。フィレンツェの街そのものが美術品や芸術品であふれており、まるで博物館のようだという意味です。
中世の豊饒な愛と美の喜びに触れるには、これ以上なく適した世界遺産だといえるでしょう。

フィレンツェの繁栄とメディチ家

古くは、フィレンツェはローマ帝国の殖民都市として作られた街でした。やがて貴族と商人たちによって発展を遂げると、12世紀には自治都市となり、13世紀には共和制国家となりました。
その後16世紀までフィレンツェ共和国は繁栄をつづけ、この時期がルネサンス全盛期となります。

このフィレンツェの繁栄と切っても切れない関係にあったのが、メディチ家です。
時は14世紀、もともと銀行業を営んでいたコジモ・デ・メディチは、その権力によって政治を支配し、文化の振興にも尽力しました。公立図書館を設立したり研究者や芸術家たちを庇護した功績は非常に大きく、「祖国の父」と呼ばれているほどです。ルネサンス文化の礎を築いた人物だといっても過言ではないでしょう。

コジモの死後も、メディチ家の人々は代々にわたって政治と文化に深くかかわりつづけ、ますますのフィレンツェの発展を実現しました。
現在、フィレンツェに残されている美術品の多くも、メディチ家によるコレクションを引き継いだものです。

フィレンツェ歴史地区の代表的な建造物

【サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂】

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(Cattedrale di Santa Maria del Fiore)は15世紀に完成したカトリックの教会で、フィレンツェのシンボルとなっている建造物です。

着工から完成までに140年もの歳月を要したことから、ゴシック建築とルネサンス建築の様式がそれぞれ入り交じっており、フィレンツェ歴史地区の歴史と文化を横断する存在でもあります。
とくに、石造りのドーム部分は今なお世界最大の大きさとなっており必見です。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は3つの建築物から構成されており、大聖堂(ドゥオーモ)のほかに、サン・ジョヴァンニ洗礼堂(Battistero di San Giovanni)とジョットの鐘楼(Campanile di Giotto)があります。いずれも美しい建築物で、三位一体となって大聖堂の荘厳な空気が形成されているわけです。

聖堂内にはさまざまな絵画や彫像が装飾品として納められているほか、現在は保存のため聖堂から撤去された美術品の数々も附属博物館に安置されているので、閲覧することが可能です。

【ヴェッキオ宮殿】

ヴェッキオ宮殿(Palazzo Vecchio)は、シニョリーア広場に面している宮殿です。
14世紀に完成した当初はフィレンツェ共和国の庁舎として使用されており、現在ではフィレンツェ市庁舎となっています。

中世には、政治の場にも芸術が欠かせませんでしたから、このヴェッキオ宮殿にも価値ある美術品が多く存在しています。
有名なミケランジェロのダビデ像がかつて置かれていた場所であるほか、ミケランジェロとダ・ヴィンチによる競作の絵画が大広間に飾られていたことも知られています。

近年では、ダ・ヴィンチの幻の作品だとされていた壁画『アンギアーリの戦い』が大広間の裏側に隠されていたことがわかり、話題となりました。

【ウフィツィ美術館】

ウフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi)は、ルネサンス絵画が多数所蔵されていることで有名な美術館です。近代的な様式の美術館としてはヨーロッパ最古のものだとされており、イタリア国内でも最大の美術館です。

1580年に完成した当初は、もともとこの建物は政庁舎として使用されていました。その後、メディチ家のコレクションを保管するために最上階が改装されたのが、美術館としてのルーツです。やがてメディチ家が断絶したあとも美術品は保管されつづけ、一般公開されるようになって現在へといたります。

こうしたルーツは、ウフィツィという名称にも現れています。これはイタリア語の「Ufficio」という言葉に由来するもので、英語でいう「Office」に当たります。直訳すると、庁舎美術館というわけです。

【ピッティ宮殿】

ピッティ宮殿(Palazzo Pitti)は、アルノ川西岸に位置する大きな宮殿です。
かつてはトスカーナ大公の住居として使用されていましたが、現在ではこちらもメディチ家のコレクションを収蔵する美術館として開放されています。ラファエロやルーベンスなどの絵画が代表的です。

そのほか、ガラス器や陶磁器、馬車や衣装などのコレクションを保管している美術館も揃っており、ルネサンス期の美術のすべてを一望できるスポットだといえるでしょう。

【サンタ・マリア・ノヴェッラ教会】

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会(Basilica di Santa Maria Novella)は、14世紀に建設されたゴシック様式のカトリック教会です。黒と白の大理石がはめ込まれた外観が特徴的です。
こちらは聖堂内のフレスコ画が有名なほか、ダ・ヴィンチが住み込んでかの名画『モナ・リザ』を制作した場所としても知られています。

しかしそれ以上に名物となっているのは、教会内に存在する薬局でしょう。
カトリックと薬局になんの関係があるのか、と思う人もいるかもしれませんが、かつては修道僧たちが薬草を栽培していたのでした。
そんなサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局(Officina Profumo-farmaceutica di Santa Maria Novella)は、実は現存する世界最古の薬局なのです。

800年以上の伝統をもつこの薬局の製品は、今も品質の高さで有名で、石鹸やスキンケア用品などは世界中で愛用されています。お土産に買っても喜ばれるでしょう。

【サンタ・クローチェ聖堂】

サンタ・クローチェ聖堂(Basilica di Santa Croce)は、14世紀に完成したゴシック様式の聖堂です。フランシスコ会の教会としては世界最大のものとなっています。

フィレンツェの教会は、建築物そのものに加えて保管されている美術品が魅力となっているものが多いですが、こちらも例に違いません。
1966年のアルノ川の氾濫によって甚大な被害を受けたこともありましたが、数十年の歳月をかけて修復された品々には、フィレンツェの人々の歴史を重視する思いが詰まっているといえるでしょう。

また、こちらは著名人の墓碑が数多くあることでも知られています。ミケランジェロ、ダンテ、ガリレオ・ガリレイといった偉人たちの祈念碑からも、フィレンツェの市民の誇りが窺えることでしょう。

フィレンツェ歴史地区へのアクセス

ヨーロッパでも有数の観光都市であるフィレンツェですから、世界遺産としてはアクセスが容易なほうだといえます。

空路では、ピサにあるガリレオ・ガリレイ国際空港(Galileo Galilei International Airport)が実質的な玄関口となっています。フィレンツェ郊外にも空港は存在するのですが、大型便の発着ができないため、海外からの観光客は多くがピサを経由してきます。

ピサからフィレンツェまでは、電車1本で行くことができます。所要時間も1時間から1時間半程度ですので、車窓を楽しんでいればあっという間です。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. SONY DSC
    日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…
  2. dscf0860
    家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  3. 183-tn
    ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…

新着記事

  1. 060
    リヒテンシュタイン公国とは?西ヨーロッパの中央に位置する国でスイスとオーストリアに囲まれてい…
  2. phou_si_luang_prabang_laos_%e3%83%97%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%81%ae%e4%b8%98_%e3%83%a9%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%b3_dscf6777
    ラオスは東南アジアにある国です。国境はベトナム、タイ、カンボジアなど国境を接する南北に細長い国です。…
  3. museumsinsel
    年越しを海外で過ごすことに憧れを感じている方も多いのではないですか?ネットやテレビで海外のニューイヤ…
PAGE TOP