santa-claus-1149928_960_720

フィンランドに、本物のサンタクロースに会いに行ってきた!ロヴァニエミ~サンタクロースヴィレッジ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

子どもたちの夢 サンタ・クロース

幼い頃のクリスマス。誰もが夜空に向かって、またはお手紙で、欲しいプレゼントをお願いしたことがあると思います。その時、誰に向かってお願いしましたっけ…

そう、サンタさんこと、サンタ・クロースです!

santa-claus-1149928_960_720

小さい時は信じていたサンタ・クロース。ですが大人になるにつれ、「彼はいない」という事実を遅かれ早かれ突きつけられて私たちは大きくなりました。ちなみに私は12歳まで信じていました。遅い方だと思います…!

 

ですが、”本物の”サンタさんに会える場所が、世界で唯一ある場所を知っていますか?

あの頃のワクワクを取り戻しに、フィンランドへ、サンタさんに会いに行ってきました!

サンタさんはどこにいるの?

サンタさんは、フィンランドの中部、ロヴァニエミという街のはずれにある、サンタクロースヴィレッジに住んでいます。

GoogleMapでチェックしてみましょう。

では、なぜサンタさんはここを選んだのでしょうか?
言いつたえによると、もともとはもっと北、かなり北極に近い、ラップランドとよばれる土地に、妖精と一緒に住んでいたそうです。ですがラップランドにトナカイの食べるための草が無くなってしまったんだとか。

そのため、もう少し暖かいロヴァニエミに移住してきたと言われています。
暖かいといっても、ここは北極圏の入り口!なんと北緯は66.33度!

IMG_3351

IMG_3353こちらが北極圏のラインを表す線と標識です。ARCTIC CIRCLEは「北極圏」という意味です。
日本で最も北にある北海道がおよそ40-43度であるかを考えれば、いかに北か、寒いかを分かっていただけると思います。

ロヴァニエミへの行き方

plane-50893_960_720

1. 日本から直行便 or 経由便でヘルシンキへ

→直行便の場合で約10時間半

2. ヘルシンキから国内線(フィンエアーやLCCのノルウェーエアシャトルが就航しています)や、ヘルシンキ空港から出ている国鉄に乗って、ロヴァニエミへ

→飛行機の利用で約1時間半、電車の利用で約8時間

3. ロヴァニエミから約1時間に1本の市内バスに乗って、サンタクロースヴィレッジへ

→ロヴァニエミ市内から約20分

mountains-1265388_960_720

トランジットがしにくいことや、サンタクロース・ヴィレッジの開園時間が短い(夕方16~17:00に閉まってしまう)ことなどがあり、1日でサンタさんに会うことはほぼ不可能でしょう。サンタさんに会うのは、決して簡単ではありません!

サンタクロース・ヴィレッジへ

サンタクロース・ヴィレッジの説明に話を戻し、入場してみましょう。

入場料はタダ!すばらしいですね。

IMG_3358
ここでは、サンタさんに会えるだけでなく、きれいに整備された村で、サンタさんの生活を見たり、トナカイに会うこともできます!

訪れた月は2月。それだけあって、雪が降る、曇り空でした。

IMG_3384

IMG_3377

いわばアミューズメントパークのようになっていて、子どもだけでなく、大人の人たちも興奮している様子が、見て取れました!

サンタさんがいるのは、右手に見える大きい建物です!

いよいよ中に入ってみます。

IMG_3362
このような説明書きがあり、実はここから先はカメラでの撮影が禁止です。
なのでその分、サンタさんの生活を目で見て味わいましょう。

いよいよサンタさんと対面!

そこを抜けると、いよいよサンタさんとご対面です!

IMG_5957

写真を撮れました!そしてお話することもできました!!日本人とわかると「こんにちは」と言ってくれました。
さすがサンタさん、各国のあいさつはかなり精通しているようです!

にこやかなサンタさんに別れを告げると、
「写真いかがですか?」とお姉さんに聞かれ、迷わず購入を決意。

30ユーロでさきほど撮った写真を買うことができます。
少々高いですが、またとない経験だったので迷いはありません。

まとめ

もちろん、それだけでなく、トナカイが引くソリや、暖炉などなど、様々な施設で楽しむことができます。

IMG_3355

運が良ければ、ロヴァニエミではオーロラが見れることも!

aurora-borealis-1181004_960_720

皆さんも、サンタさんに会いに、是非ロヴァニエミを訪れてみてください!!

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…
  3. NIC_NEwYork02
    ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…

新着記事

  1. frankfurt-germany_0
    ドイツにあるフランクフルトという街を知っていますか?ソーセージを串に挿した「フランクフルト」の街とし…
  2. victoria-974779_1280
    温暖な気候に恵まれて、バンクーバーよりもこじんまりとしたBC州の州都ビクトリアは、世界中からの観光客…
  3. walter-white-money
    内戦や政情不安などにより経済が不安定な国では、通貨価値の変動が大きく動いていきます。事情を考…
PAGE TOP