IMG_3960

フラメンコ発祥の地 グラナダで世界最古のナイトショーを見学

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

granada-alhambra-1500x850__4_

アルハンブラの宝石とも呼ばれるグラナダ。アルハンブラ宮殿やアルバイシンの丘などの見学・散策が有名ですが、見どころはそれだけじゃない!

フラメンコ発祥の地グラナダ

諸説ありますが、グラナダはフラメンコ発祥の地とされています。踊りを始めたのはスペインの少数民族ロマ呼ばれる人たち。そんなフラメンコツアーが毎晩開催されていると聞き、足を運んでみました!

日本語情報センターへ

photo

まずはグラナダのヌエバ広場から徒歩数分の、日本語情報センターへ向かいましょう。ここでチケットを購入することができます。

部屋に入ってツアーのことを話すと、電話をかけ予約を取ってくれました。料金は30ユーロで、フラメンコ会場までの往復送迎、鑑賞中のワンドリンク、帰りの夜のアルハンブラ宮殿展望がセットになっている、とてもお得なツアーです。

夜に集合

フラメンコの雰囲気を楽しめるのは夜。それまでは観光や食事で時間を潰しましょう。

待ち合わせ場所に行くと、先ほどのスタッフの方が待っていてくれます。とーっても気さくな方で、グラナダでの生活のことを教えてくださりました。

そうこうしているうちにミニバスが到着。今回の日本人は私だけのようで、あとは全員、アメリカの修学旅行生の団体でした(20人くらい)

フラメンコ会場は洞窟に!

127647754347516306053_IMG_0524

そう、フラメンコの情熱的なリズムが会場全体に響き渡るように、洞窟の中でショーは行われます。

グラナダのフラメンコショーの多くは、このように洞窟の会場に設定されているようで、サクロモンテ付近を散歩していた際にも、洞窟フラメンコの看板を幾つか見つけました。

いざ、開演

IMG_3960

ワンドリンクを注文し、いざ開演。会場には他のツアーも参加していて、そちらは日本人の団体。ですがお金を多く払っている(と思われる)そのツアーは、最前席を案内されており、安めのツアーの私たちは真ん中付近からの鑑賞でした。

ベテラン風の女性2人と、男性2人の計4人が入ってきました。

IMG_3971

フラメンコは、女性の踊り手がひたすら踊り、その他の男性やもう1人の女性は、ギターや手拍子を使って盛り立てます。女性は交互で踊っていました。

ベテランのダンサーが見せる完璧なまでの足さばきに、ただひたすら見入ってしまいました。撮影はOKとのことだったので、ビデオでも撮影。

残念ながら動画はアップロードできませんでしたが、まさに圧倒的なプロの技、といったところでした。フラメンコ自体初めての鑑賞で、とても素晴らしかったのですが、特に印象的だったのがその音!動画だけでは伝わりにくいかもしれませんが、洞窟に反響する音色が私たちのテンションをさらに盛り上げ、会場の雰囲気は最高潮に。

女性ダンサーだけじゃない

フラメンコというと、女性がひたすらに踊り、男性はギターを使うという勝手なイメージがありました。

ですがショーの最後には、なんと男性ダンサーも踊りだしました!

IMG_3975

こちらはあまり動画がないのですが、うーん、なんともカッコいい。スラッとしたスタイルで、私たちの目にとても妖艶に映ります。
最高の盛り上がりでショーは終了。

アルハンブラ宮殿

これから夜のアルハンブラ宮殿の鑑賞に向かいます。

バスは夜のアルバイシンの丘へ。細い道が多いグラナダでは、バスがいける限界があるので、途中で下車し広場まで歩きます。そして見えたのが、「これぞアルハンブラ」という景色!

IMG_3986

いかがですか?暗闇の中に悠然と立つアルハンブラ宮殿。世界遺産たる所以が分かるような、とても神秘的な雰囲気に浸れる一時でした。

最後は送迎バスで中央広場へ

景色を眺め終えたら、再びバスに乗り帰路へつきます。有名ホテルだと目の前まで送迎してくれるようですが、私はペンションに宿泊していたため、中央広場で下車。

夢のような3時間が終わりました。

さいごに

いかがでしたか?グラナダは昼間観光地を巡るだけでなく、夜にアクティビティを楽しむことができたり、絶品バールを巡れたりと、とても素敵な街なんです。

またとないフラメンコ鑑賞、皆さんも体感してみませんか?

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. IMG_2078
    コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  2. dscf3266
    「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  3. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…

新着記事

  1. 060
    リヒテンシュタイン公国とは?西ヨーロッパの中央に位置する国でスイスとオーストリアに囲まれてい…
  2. phou_si_luang_prabang_laos_%e3%83%97%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%81%ae%e4%b8%98_%e3%83%a9%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%b3_dscf6777
    ラオスは東南アジアにある国です。国境はベトナム、タイ、カンボジアなど国境を接する南北に細長い国です。…
  3. museumsinsel
    年越しを海外で過ごすことに憧れを感じている方も多いのではないですか?ネットやテレビで海外のニューイヤ…
PAGE TOP