akinekko060611

ボリューム満点!中米グアテマラのプチプラカフェごはん一挙紹介

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

メキシコの隣国、グアテマラ。
わたしはグアテマラの世界遺産都市アンティグアと、「世界一美しい湖」と言われるアティトラン湖のほとりにある田舎町、サンペドロ・ラ・ラグーナに合わせて7か月滞在していました。

グアテマラに来る前は現地でどんな料理が食べられているのか全く想像もできませんでしたが、実はグアテマラには美味しい食べ物がたくさんあります。

特にアンティグアとサンペドロ・ラ・ラグーナは観光の町なので、外国人観光客向けのお洒落なカフェやレストランがいっぱい。
カフェで過ごすことが好きなわたしとしては、いろんなカフェを開拓するのが楽しみのひとつでした。

今回は、グアテマラで出会ったボリューム満点の美味しいカフェごはんを一部ご紹介します。

グアテマラ観光の際の参考にどうぞ。

 

鶏肉が美味しいワンプレートカフェごはん

akinekko060612

グアテマラでは鶏肉をよく食べます。
アンティグアでホームステイしている時、食卓に上るお肉は大体チキン。
このチキン、とってもジューシーで、噛めば噛むほど味が出る、グアテマラでは定番の食材です。

豚肉と牛肉も食べますが、鶏肉の方が一般的だし美味しかったです。

上記写真はサンペドロ・ラ・ラグーナのワンプレートカフェごはん。
左はメキシコの代表的料理、チョコレートソースのチキン煮込みです。
付け合わせの野菜やポテト、グアカモル(アボカドをペースト状にしたもの)、そしてお米の組み合わせが見た目にも鮮やかで栄養バランス的にも良さそう。

そしてグアテマラのランチで欠かせないもモノと言えば、トルティーヤ。
写真上の布で覆われた中にトルティーヤが数枚入っており、毎日ほぼ例外なく食べられるグアテマラソールフードです。

 

新鮮トマトがごろごろ!山盛りパスタ

akinekko060613

続いても同じくサンペドロ・ラ・ラグーナにあるカフェごはん。
手前の料理は大きいお皿にトマトソースのパスタが山盛り!
新鮮トマトがごろごろはいってます。

写真奥の料理は魚のホイル蒸し。サラダ、フレンチフライ付きです。

グアテマラは温暖な気候ということもあり、一年中新鮮な野菜・果物が手に入ります。
メルカド(市場)へ行くと、アボカドやトマト、ズッキーニは身がぎっしり詰まっていていかにも新鮮で栄養がありそうなものが所せましと並んでおり、美容と健康に気を遣うものとしてはありがたい環境です。

 

お洒落なペピアン

akinekko060614

サンペドロ・ラ・ラグーナにあるスペイン語学校併設のカフェにて。
ペピアンはグアテマラ版カレーのことで、数種類のスパイスを混ぜ合わせて煮込んだ郷土料理です。

わたしはこのペピアンが大好きで、一時は週一で食べてました。
スパイスの香りが食欲をそそります。

日本のカレーが家庭によって違うように、ペピアンもところ変わればいろんなバリエーションがあります。
こちらのカフェでいただいたペピアンは、とってもお洒落に盛り付けされたもので、料理が運ばれてきた時は思わず溜息がこぼれました。

そしてもちろんトルティーヤ付き。

 

町一番美味しい焼き立てピザ

akinekko060615

こちらはサンペドロ・ラ・ラグーナ一美味しいと言われているピザ専門のカフェ兼レストラン。
ピザ、激うまでした。
もっちもちの生地のマルガリータは食べ応え十分で、チーズがとろとろ。

ランブルスコ風の甘いワインがピザによく合い、夜しか営業していないこちらのお店はデートにぴったりです。
キャンドルの炎がロマンチック。

 

絶景丘の上にあるイタリアン

akinekko060611

アンティグアからバスで10分ほど行ったところにある丘の上にあるオーガニックのイタリアンレストラン。
敷地内にはハーブや野菜が栽培されており、散歩するだけでも楽しく、アンティグアを訪れた際はぜひ行ってほしい場所のひとつです。

上記写真は大ぶりのエビがたっぷり入ってるクリームパスタ。
アンティグアの街を見下ろす絶景も相まって、美味しすぎるパスタでした。

サラダはお店で栽培したアボカドやトマト、ハーブなどが色鮮やかに盛り付けられたものなど。

二人でピザ、パスタ、サラダ、そしてビールを頼んでトータル3千円以下という日本ではありえない値段。

 

まとめ

グアテマラの物価は以前より高くなったとはいえ、日本に比べるとまだまだ安いと言えます。
特に食事に関しては、美味しくてお手頃、そしてお腹いっぱい食べられるお洒落なカフェが数多く存在します。上記で紹介したカフェごはんは一皿あたり数百円。

意外にもグルメ大国なグアテマラ、中南米を旅行される方はぜひ立ち寄ってみてください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  2. IMG_8562
    ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…

新着記事

  1. owachomo_bridge
    私は世界を旅し、生の絶景を数多く観てきました。なかには、思い描いていたものとギャップがあり「…
  2. img_1
    最も人気の観光地ともいわれるバルセロナですが、あなたは何を楽しみに行きますか?バルセロナを満喫するた…
  3. book_natalie_alexandrov132043
    旅に出た、世界に出たきっかけというのは人それぞれ違い、テレビだったり、ブログやインスタグラム…
PAGE TOP