マチュ・ピチュの歴史保護区

遺跡と自然を楽しむ、マチュ・ピチュの歴史保護区に行ってみた

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

マチュ・ピチュは、アンデス山麓の尾根に位置するペルーの都市遺跡です。
これ単体でも非常に歴史的価値の高い遺跡ですが、ユネスコでは、そこに周辺の自然環境や景観なども加えて「マチュ・ピチュの歴史保護区」(Historic Sanctuary of Machu Picchu)という名称で世界遺産に登録しています(1983年、複合遺産)。

これは、周辺環境に多くの絶滅危惧種が生息しており、動物相、植物相ともに重要性が高かったためです。都市遺跡が5平方キロメートルほどの面積であるのに対し、歴史保護区に該当する地域の総面積は300平方キロメートル以上にもおよびます。
遺跡と自然の両面を楽しむことのできる世界遺産だといえるでしょう。

現在ペルーには計11件の世界遺産が存在しますが、マチュ・ピチュの歴史保護区はそのなかでも最初に登録された世界遺産となってます(クスコと同時)。

謎多き都市遺跡マチュ・ピチュ

都市遺跡マチュ・ピチュは15世紀半ばに建設されたインカ帝国の遺跡で、非常にきれいな状態のまま残されているのが特徴です。
一方で、標高2,430メートルという非常に高い場所に存在していることや、それでいながら山裾には遺跡が確認できないことなどから、謎の多い遺跡としても知られています。

そうした事情から、マチュ・ピチュには「空中都市」「空中の楼閣」といった異名も与えられ、多くの人々の関心を集めてきました。謎めいた遺跡というものは、得も言われぬ魅力を持っているものです。2007年には、全世界からの投票によって「新・世界七不思議」のひとつにも選ばれています。

この遺跡が発見されたのは、20世紀初頭のことでした。
アメリカの探検家ハイラム・ビンガムが発見したのが1911年、『ナショナル・ジオグラフィック』誌によって大々的なマチュ・ピチュ特集が組まれたのが1913年です。それからというもの、インカ帝国についての研究は一大ブームとなり、多くの研究者たちがさまざまな仮説を出してきました。
しかし、発見者であるビンガム自身のものも含め、多く仮説がのちに否定されています。

マチュ・ピチュがどのような都市であったのかは諸説分かれており、今でもよくわかっていません。現在のところ、ほぼ確実だろうとされているのは、「王族や貴族の避暑地」であったり「神殿としての役割が強かった」ことであったりなど、限定された機能をもった都市だったのだろうということぐらいのものです。
古今東西を問わず、人々は権力をもつと高い場所に住みたがりましたし、神事はより神に近づける高所で行うのが一般的ですから、この仮説には説得力があります。

いずれにせよ、遺跡の美しさのみならず、謎の多さもマチュ・ピチュの魅力のひとつなのだということですね。

歴史保護区内の自然環境

前述のとおり、歴史保護区に該当する地域は非常に広範囲にわたっています。おまけにアンデス山麓にあるマチュ・ピチュの周辺はやはり山ばかりですから、保護区内での標高差も必然的に大きくなります。最低地点で1,725メートル、最高地点で6,271メートルと、実に4,500メートルもの幅があります。

そのため生態系も複雑で、アンデスの特色とアマゾンの特色とが混在しています。また、マチュ・ピチュの発見までは地元の人間以外がろくに足を踏み入れることもない地帯でした。
きわめてバラエティ豊かな自然環境が残されているのがこの地域の特徴なのだといえます。

【動物相】

マチュ・ピチュの歴史保護区には、たくさんの絶滅危惧種や危急種が生息しています。
哺乳類でいえば、アンデスネコ、ジャガーネコ、メガネグマなどがこれに該当します。シカの仲間であるヒッポカメルス・アンティセンシスやマザマ・クニュイといったこの地方特有の危急種も見られます。

鳥類ではさらに希少種が多く、2001年の調査では400種以上もの貴重な種が確認されています。絶滅寸前といわれるロイヤルカマドドリや絶滅危惧種のマミジロエナガカマドドリ、タカネカラタイランチョウ、危急種のハシナガシギダチョウなどが生息しています。

【植物相】

植物相は標高と密接な関係にありますので、高低差の大きい歴史保護区内では生育している植物の種類は非常に多くなっています。低いほうがから順番に見ていきましょう。

標高2,000メートル以下の地域では、常緑樹の森林が広がっています。特に、ヤナギ属やヨシ属、ハンノキ属、セクロピア属といった植物が豊富です。このあたりに存在しているマホガニー属の一種には危急種も含まれています。

つづいて、標高2,000~3,000メートル程度の地域では、シダ類やコケ類などを多く確認することができます。ここで見られる危急種としては、ケドレラ属のいくつかの種を挙げることができます。
それから、この付近でぜひ見ておきたいのはランです。ランの仲間だけで200種以上が生育しており、マチュ・ピチュ歴史保護区の名物といってよいでしょう。

3,000メートル以上の標高の地域では、熱帯・亜熱帯地域の山間部に特有の雲霧林を見ることができます。ここでは竹の仲間が目立ちます。
さらに登って4,000メートルを超えてくると、植物はまばらにしか見られなくなりますが、数少ない植物が危急種のポリュレピス属であったりしますので、やはりみどころはたくさんあります。

予約必須! マチュ・ピチュのチケットについて

マチュ・ピチュ周辺は、ペルーでも有数の観光スポットです。世界中から観光客が訪れ、2006年には年間訪問者数が約70万人にも達しました。これは1日あたり1,500~2,000人になる計算です。
貴重な遺跡や稀少な自然を保護するという目的からすると、この訪問者数はあまりに多すぎます。また、地滑りの危険性もある地域であるため、安全性の面でも管理しきれない人数でした。

そこで、2011年からは入場チケットの当日販売が廃止され、事前予約が必要となりました。当日に急に思い立って訪問しても入場することはできませんので、出発前にしっかりと予約をしておくことを忘れてはいけません。
チケットはペルー文化庁のウェブサイトを通じてインターネット予約ができるほか、旅行代理店などで請け負っている場合もあります。

チケット種別は以下の4種類があります。

  1. Machupicchu … マチュ・ピチュ入場のみ
  2. Machupicchu + Museo … マチュ・ピチュと美術館
  3. Machupicchu + Huaynapicchu … マチュ・ピチュとワイナピチュ
  4. Machupicchu + Montana … マチュ・ピチュと周辺の山

最も人気があるのは、「Machupicchu + Huaynapicchu」のチケットです。ワイナピチュの丘からは都市遺跡を一望することができるため、せっかく訪れるからには最良のスポットだといえるでしょう。

マチュ・ピチュの歴史保護区へのアクセス

マチュ・ピチュは山麓にある遺跡ですので、アクセスの利便性は決して高いとはいえません。
次のような行程を辿るのが一般的です。

(1) ペルーの首都リマへ行く
首都ですのでもちろん国際空港があります。

(2) リマからクスコへ移動
同じく世界遺産であるクスコには、空路であればリマから1時間ほどで辿り着けます。陸路で行く方法もありますが、20時間以上かかるうえに景色も単調なので、本当に割安なのかどうか熟考してからルートを選ぶとよいでしょう。

(3) クスコからマチュ・ピチュ村へ移動
ここは鉄道での移動が一般的です。所要時間は4時間程度で、料金はクラスによって60~110USドルといったところです(代理店を通して買うと異なります)。
繁忙期には売り切れやすいため、往復分をまとめて購入しておくようにしましょう。

(4) マチュ・ピチュ村からマチュ・ピチュ遺跡へ
遺跡まではバスで30分で行くことができます。本数も多いので、最終バス(17:30)でないかぎりは乗り遅れてもあまり心配はありません。
また、旅慣れた人であれば下りは徒歩での移動も充分に可能です。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…
  2. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…
  3. IMG_8150
    一人でふらっとビーチを散歩してみたくなり、外に出てみた。波がとっても高くて、水しぶき…

新着記事

  1. 3536b23
    いくら注意していても、たくさん旅をしていると何度かはハプニングに遭遇するものです。長旅だと尚…
  2. 056
    カナダの国技、アイスホッケーカナダの国技といえばアイスホッケー。カナダ国民に愛され、試合の日…
  3. money
    航空券やホテルの手配を終えていざ旅するときにするべきことといえば両替です。外貨両替はどこです…
PAGE TOP