メンフィス周辺のピラミッド地帯を冒険してみた。見どころ紹介

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

古代エジプトの象徴 メンフィス周辺のピラミッド地帯

メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯(Memphis and its Necropolis – the Pyramid Fields from Giza to Dahshur)は、エジプトにあるユネスコの世界遺産です。1979年に文化遺産として登録されました。

世界遺産としての登録物件名は非常に長いですが、いわゆるエジプトのピラミッドのことだと考えればわかりやすいでしょう。ギザの三大ピラミッドをはじめとして、ダハシュールや南北サッカラなど、登録範囲内にはいくつもの大きなピラミッドが含まれています。
それぞれに異なった特徴をもつピラミッド群を見比べてみて、古代エジプトの歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

古代エジプトのピラミッド

巨大な石を積み上げたピラミッドは、古代エジプトの象徴だといえます。古代エジプトにおいて、ピラミッドは王家の埋葬施設でした。
発掘調査が認められていないピラミッドも数多く残っているため、全貌は依然として不明な部分も多いのですが、日本の古墳と同様に、高貴な身分の人間がミイラ化され、装飾品などとともに葬られていたことがわかっています。

その気の遠くなるような作業工程から、かつてピラミッドは、奴隷に労働させることによって建造されたと考えられていたこともありました。
しかし現在では、緻密な計算なしには建築が不可能な巨大建築物であることを考慮して、高度な建築技術をもった専属の労働者によって作られていたことがわかっています。これは、建造関係者の住居跡に豊かな生活の痕跡が残っていたことからも推察されます。

一般的にピラミッドというと、斜辺がきれいな直線状になっている方錐形のものを思い浮かべる人が多いことでしょう。ところが実際には、これはピラミッド建造の技術がかなり洗練されてきてからのものです。初期は、斜辺に凹凸がはっきりと残る階段状のものとなっていました。

ギザ地区のみどころ

ギザはナイル川中流に位置する都市で、首都カイロから南西に20キロメートルほどの距離にあります。

「エジプトのピラミッド」と言ったときにまず最初に多くの人の頭に思い浮かぶのが、ギザの三大ピラミッドでしょう。
紀元前2500年ごろに造営されたこの3基のピラミッドは、すぐ近くにあるスフィンクスとともにエジプトの象徴といえる存在になっています。

【クフ王のピラミッド】

クフ王のピラミッド(Khufu’s Pyramid)は、エジプト第4王朝のファラオであるクフ王のピラミッドで、「ギザの大ピラミッド」(Great Pyramid of Giza)の名でも知られています。
その異名のとおり、エジプト全土でも最大規模のピラミッドであり、高さ138メートル、容積235万平方メートルを誇ります。その正確さと壮大さから世界の七不思議に数えられているとともに、七不思議のうち唯一の現存する建造物でもあります。
完成当時の高さは現在よりも高い146メートルで、これはその後、約4,000年にわたって世界で最も高い建造物でした。

【カフラー王のピラミッド】

カフラー王のピラミッド(Khafre’s Pyramid)は、エジプト古代第4王朝のファラオであったカフラー王のピラミッドです。
高さは136メートルで、三大ピラミッドでは2番目の高さとなります。ただし、建てられている場所が高台であるため、視覚上はクフ王のピラミッドよりもこちらのほうが高く見えます。
ピラミッドのすぐそばには、守護するようにスフィンクスが建っていることでも有名です。

【メンカウラー王のピラミッド】

メンカウラー王のピラミッド(Menkaure’s Pyramid)は、エジプト古代第4王朝のファラオ、メンカウラー王のピラミッドです。
三大ピラミッドのなかでは最も小さく、高さは62メートルとほかの2つの半分以下です。一目見て違いがわかることでしょう。
極端にサイズが違う理由には諸説ありますが、最も有力な説としては、なんらかの事情で財政事情が悪化したため、費用を節約したのだろうと考えられています。

【ギザの大スフィンクス】

GreatSphynxofGiza

ギザの大スフィンクス(Great Sphynx of Giza)は、ギザ台地にある巨大なスフィンクス像です。紀元前2500年ごろに作られたと考えられています。
全長は73.5メートル、全高は20メートルと、そのスケールの大きさは目の当たりにした人々を圧倒することでしょう。
一枚岩から彫り出された石像としては、世界最大のものとなります。これだけの大きさのものが手作業で彫られたという事実に、文化の深さを感じさせます。
大スフィンクスは歴史上何度も損壊してきましたが、その都度修復を施されて今にいたります。

サッカラ地区のみどころ

サッカラはカイロの南方30キロメートルほどの距離にあります。古代より、埋葬地として利用されてきた広大な土地です。

【ジェゼル王のピラミッド】

ジェゼル王のピラミッド(Pyramid of Djoser)は、エジプト第3王朝のジェゼル王によって建設されたピラミッドです。
史上初のピラミッドともいわれており、初期の建造様式である階段ピラミッドとなっています。
特徴的なのは、周囲にもさまざまな神殿や宮殿が存在していることです。ギザの三大ピラミッドとは異なり、ピラミッドそのものだけではなく、周囲の建造物も合わせて埋葬施設として機能していたと考えられています。

【その他ピラミッド】

ほかに、ペビ1世のピラミッドやメルエンラー1世のピラミッド、ケンジェル王のピラミッドなど、もう少し新しい時代のピラミッドも存在しています。
サッカラが長いあいだ埋葬地として重要だったことがわかります。

ダハシュール地区のみどころ

ダハシュールは、カイロから40キロメートルほど南に位置する砂漠地帯で、王家の埋葬地となっています。

【スエフェル王の赤いピラミッド】

スネフェル王の赤いピラミッド(Red Pyramid)は、クフ王の父であるスネフェル王が建設したピラミッドです。
現在一般的にイメージされる、二等辺三角形に囲まれた方錐形のピラミッドとしては、最も古いものだとされています。高さは104メートルで、クフ王のピラミッド、カフラー王のピラミッドにつづいて3番目の高さとなっています。
赤いピラミッドという通称は、表面の花崗岩が赤く見えることから名づけられましたが、建設当時は石灰石に覆われていて白かったことがわかっています。

【スネフェル王の屈折ピラミッド】

スネフェル王の屈折ピラミッド(Bent Pyramid)は、赤いピラミッドと同じくスネフェル王が建設したピラミッドで、独特の形が特徴となっています。
上半分では43度ほどの傾斜であるにもかかわらず、下半分では54度と急勾配になっており、名前のとおり途中で屈折しているのです。
この風変わりな形状の理由は諸説ありますが、定説はありません。

メンフィスとその墓地遺跡へのアクセス

メンフィス周辺のピラミッド地帯は、ギザ、サッカラ、ダハシュールのいずれもが首都カイロからそう遠くない距離にありますので、砂漠地帯だというイメージのわりにアクセスは容易です。

カイロまでは、空路でカイロ国際空港(Cairo International Airport)に入るのが一般的でしょう。アフリカ大陸全体でも2番目い乗降客数の多い空港で、定期就航路線も非常に多くなっています。
なお、日本からも直行便が存在していましたが、エジプト国内の情勢悪化により2013年秋からは運休となっています。

カイロからギザまでは地下鉄で結ばれており、効率よくアクセスすることが可能です。
ギザ市内にはタクシーやバスなども豊富ですので、ピラミッドまでの道のりも迷いません。市内からは自動車で40分程度です。
ダハシュールまでは、90分程度、サッカラも同じく、90分程度で到着します。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 183-tn
    ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  2. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  3. IMG_8223
    ニゴンボのレストランでは店のほとんどの所がアルコールを出していなく、何処に行ってもない!と断…

新着記事

  1. red
    みなさん、ミャンマーは実はワインの名産地だということを知っていましたか?ミャンマーを訪れる観…
  2. cs_promologoorangerevrgb_fullsize
    みなさん、カウチサーフィンをご存知ですか?世界中の旅行先で、無料で泊めてくれる人を探すことが…
  3. barista
    日本でも大人気のスターバックス。繁華街のスタバ店内はいつもイス取りゲーム状態です。海外ほとん…
PAGE TOP