CIMG4185

モンテネグロからセルビア 景勝路線バール鉄道に乗ってみた

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

バール鉄道は、セルビアの首都ベオグラードからモンデネグロの港町バールまでを結ぶ全長約476キロの国際路線です。
セルビア国内部分301キロがセルビア国鉄、モンテネグロ国内部分175キロがモンテネグロ国鉄、またボスニアヘルツェゴビナ国内を10キロ通りますがセルビア国鉄扱いで結んでいます。

CIMG4185

見所

この鉄道が景勝といわれるのは、陽の光によって輝くアドリア海と沿岸の街並み。
アルバニアとモンテネグロにまたがるヨーロッパ最大級の湿原シュコダル湖。ヨーロッパに生息する鳥類の7~8割がここで確認されているそうです。
1034mの峠がある山岳地帯の山越え、世界で一番高い鉄橋を通ります。
このほかにも森林地帯やダムの脇を走ったりと、乗客は飽きることなく車窓の風景を楽しむことができます。

20160514_125133

チケットの準備

バール駅からベオグラード駅は9:00発と19:00発の快速電車(IC)があります。
チケットは駅で直接購入します。インターネット販売はありません。また電話で問い合わせても値段などは教えてくれますが購入は出来ませんでした。
二日前までに買うと金額が半額になるようなので事前に日程が決まっているとお得です。最安値で9.8ユーロでした。座席予約には別途3ユーロかかります。

20160513_190050

バール駅まで

1時間に一本バール市内を同じルートで周遊しているバスが運行しています。チケットは一人50セントでバス車内で支払います。タクシーは2~3ユーロです。
都市から駅まで、そんなに距離は離れていないので頑張れば歩けますが、バスのくる時間を事前に確認しておいてバスに乗ることをオススメします。

列車内の様子

席は6人乗りのコンパートメント席です。車内は冷暖房完備でトイレもついているので、困ることはありません。ただトイレに紙がないことがあります。コンパートメント内には充電できるところが窓際に一ヶ所あるので、その場所を確保出来れば作業も出来ます。荷物も置くところがあるので、余程大きい荷物を持っていかない限り置くことができます。
また喫煙車と食堂車が同じ車内で、食堂車唯一のメニューは大きなサンドイッチです。3ユーロで食べることが出来ます。他の乗客は色々な食料を持ち込んでいました。

20160514_084426 20160514_123055

道のり

始発の朝9時前には電車は来ており、チケットに書かれた番号の席に座ります。
私が乗ったバール駅9時発の電車は人もまばらで時間通りに発車しました。
1時間くらいでモンテネグロの首都ポトゴリツァに到着します。ここで多くの乗客が乗車し、席は埋まります。
12時くらいにモンテネグロとセルビアの国境に着きます。
そこで入出国の手続きを車内でします。また走行中に二回程チケットの確認があるので、すぐ出せるようにしておくといいです。
そこからは40km/hくらいのスピードでゆっくりセルビア内を走ります。
車内が空いてきたら席を移動する人が多くいました。
到着間近になると乗客が降りる準備をするので、すぐわかります。ただ遅れることで有名な路線なので、私たちが乗ったときも1時間以上遅れました。

CIMG4096

注意

電車はよく遅れるようですが、快速電車・鈍行電車ともに本数が少ないので時間に余裕を持って行動したいです。
バール駅でチケットを買うときは現金のみの受付でした。なのでユーロを用意する必要があります。しかし、バール駅近くはATMがないため都市まで出なければお金が下ろせません。
人は基本的に親切ですが、英語がほとんど通じないので意志疎通が難しいです。
朝発の列車に乗るとベオグラード到着が夜になってしまうので近くのホテルを予約しておくことをオススメします。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  2. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから31日目から34日目新潟県から富山県…

新着記事

  1. 3536b23
    いくら注意していても、たくさん旅をしていると何度かはハプニングに遭遇するものです。長旅だと尚…
  2. 056
    カナダの国技、アイスホッケーカナダの国技といえばアイスホッケー。カナダ国民に愛され、試合の日…
  3. money
    航空券やホテルの手配を終えていざ旅するときにするべきことといえば両替です。外貨両替はどこです…
PAGE TOP