キャプチャ

ヨーロッパ3か国周遊〜ポーランド・ドイツ・オランダ鉄道の旅

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ワルシャワ→クラクフ→フランクフルト→アムステルダム→ベルリンを鉄道で移動した時の記録です。
鉄道旅行を計画している方、良かったら参考にしてみてください。
キャプチャ

 

①ワルシャワ西駅WARSZAWA ZACHODNIA→ クラクフ中央駅KRAKOW GL OSOBOWY

20:24→23:17(乗車時間:2時間53分)
ロシア・モスクワ経由でポーランド・ワルシャワ空港へ。
飛行機の着時間が18:40だったため、タクシーでワルシャワ西駅へ急ぎます。飛行機が遅延しなくて良かったです。荷物も機内持ち込み可能な容量に制限をしていたので、荷物の受取り時間がその分短縮できました。
できればギリギリの計画は避けた方がよいです。飛行機、鉄道ともに遅延はよく起こります。
電車は少しの遅れが発生、クラクフ中央駅に着いたのは23時半を過ぎていました。外は真っ暗、タクシーでホテルへ直行です。
e765e5d4-fd09-11e0-80aa-00262d09affa_medium

 

②ヨハネパウロ2世・クラクフ・バリツェ国際空港 → フランクフルト国際空港

10:35→12:15(飛行時間:1時間40分)
ルフトハンザ航空を知用しました。飛行機はやっぱり早いです。天候も良く、全く揺れない快適な空の旅でした。
飛行機からの眺め
フランクフルト国際空港ターミナル1の地下からフランクフルト中央駅まで行く電車が出ています。所要時間は15分弱。日本の成田や羽田から山手線の主要駅(新宿や東京)への移動時間を考えると、こんなに近いの!?とちょっと驚きでした。

 

③フランクフルト中央駅FRANKFURT MAIN HB → アムステルダム中央駅AMSTERDAM CS

16:29→20:25(乗車時間:3時間56分)
ICE(Intercity-Express/高速列車)で移動します。写真はフランクフルトの駅。
156
159
なんと電車が1時間も遅延。ホームで待っていても別の電車は来るのに、乗る予定の電車は一向に現れません。どの電車に乗っていいか分からない状態に。
電車に乗らないと今後の予定が全て狂ってしまうので、駅員さんや近くにいた日本人、とにかく聞きまくりました。ようやく 親切なドイツ人のおじさんに助けられ、無事に乗車。
おじさんは会議のためにアムステルダムまで行くらしく、職業はお医者様。筆者を窓際の席に座らせてくれ、珍しい建物が見える度に「あれは、〇〇だよ。」と教えてくれたり、凄く親切でした。

遅延の影響もあってアムステルダム到着は既に21時半を過ぎていました。週末だったので、街はお酒を飲む若者でワイワイしていました。筆者はホテルに直行です。
アムステルダム中央駅。
d0b61a160514576b00c370fdb25cabb4_s

 

④アムステルダム中央駅AMSTERDAM CS → ベルリン中央駅BERLIN HB

17:41→04:31(乗車時間:9時間27分)
アムステルダムからベルリンまでは寝台列車での移動になります。6人1部屋、男女混合です。天井が低くく、寝るしかできません。
204
アムステルダム→ベルリン寝台車
下車駅のベルリンが近づくと、車掌さんが各部屋へ到着のアナウンスで回ってくれました。

ベルリン中央駅。
DSC063952
ベルリンには時間どおり4時半に到着しました。駅構内はほぼ誰もいません。お店は全てクローズ。あと2時間もすれば徐々にコーヒーショップなどが開店するだろう、と駅で仮眠をしていました。ちなみに仮眠室はありません。休憩所(待合所)のような場所で軽く横になっていました。
通勤通学客が行き来しはじめ、お店もオープンした頃、ドイツ名物プレッツェルを朝食に頂きました。
ドイツ名物プレッツェル

 

まとめ

この記事を読んで、一緒に鉄道旅行をしている気分になってもらえたら嬉しいです。
秒単位で運行する日本の電車と違って海外は遅延がつきもの。たった数分の遅延でお詫びのアナウンスをする日本の鉄道会社は凄いなぁ、むしろ、やりすぎなのでは?と思ってしまいました。
どの電車に乗ればいいのだろう?電車まだ来ない…と道中は不安もいっぱいありますが、鉄道旅行はやっぱり面白いです。自力で移動した分、旅を終えた時は達成感がありました。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 183-tn
    ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  2. 写真:Yuuma Familyインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎイン…

新着記事

  1. owachomo_bridge
    私は世界を旅し、生の絶景を数多く観てきました。なかには、思い描いていたものとギャップがあり「…
  2. img_1
    最も人気の観光地ともいわれるバルセロナですが、あなたは何を楽しみに行きますか?バルセロナを満喫するた…
  3. book_natalie_alexandrov132043
    旅に出た、世界に出たきっかけというのは人それぞれ違い、テレビだったり、ブログやインスタグラム…
PAGE TOP