Beuatiful clear night in Whistler Village after fresh snow

リアルネバーランド?!カナダ・ウィスラーでの観光~生活全部

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

Beuatiful clear night in Whistler Village after fresh snow

北米カナダにあるリゾートタウン、Whistler(ウィスラー)を知っているだろうか?

バンクーバー、トロント、オタワなどの都市はメジャーだがウィスラーを知っている人は少ないはずだ。ウィスラー山とブラッコム山からなるウィスラー。バンクーバーから北ヘ約120km、車で1時間半ほどの場所にある。元々1960年代の冬季オリンピックに向けて開発が進んだ街は現在、発展を遂げカナダのリゾートタウンとして成功している。

さらにスキー場ランキングでは毎年、北米ナンバー1に選出され、MTB(マウンテンバイク)パークランキングでも毎年上位に名前が挙がる。自然に囲まれた小さな街は、アウトドア好きには聖地といえる。

世界中から、毎年200万人以上が訪れるウィスラーだが、ここを訪れる人々は『観光』目的よりもむしろ、『休暇』または『遊び』のためだろう。

気候

カナダと言われ極寒をイメージする方も多い筈、しかしウィスラーはカナダの西部に位置し、カナダ国内では比較的温暖で冬でも-10度前後だ。スキー場として有名だが毎日雪が降るわけでなく、一度積もると真夏の8月でさえ、溶けきっていない雪を見ることが出来る。レインクーバーと言われるバンクーバーほど、雨も降ることもない。

カナダの国土は日本の約26倍、さらに縦横に広く地域によって温暖の差も激しい。ただ訪れる場所によって変わる気候も、カナダならではの楽しみの一つではないだろうか。

物価

リゾートタウンのため、物価は他の都市に比べてもかなり高い。その上、13%のTaxとチップでかなり高めに感じるだろう。そのため隣町のスコミッシュに、車で40分かけて買い物に行く人も少なくない。

特に家賃は高く、夏に比べ冬には世界中からウィスラー訪れるため、夏の家賃の2倍以上になることもある。遅い時期に来た場合、仕事が決まっているが住む場所がないということも有りえる。または逆のパターンも良くある話だ。

そして夏のシーズンパス、バイクパス。冬のシーズンパスはとても高い。ローカルの間では常に、物価の高さに比べ給料が低いと不満があるが、それでも皆ウィスラーに魅了されている。

アクティビティ

DSC_1196-01ウィスラーの夏と冬では大きく違う。夏の日没時間は夜10時をまわり、冬には5時台だ。

夏季はマウンテンバイクで知られ、その他カヌーやバンジージャンプ、乗馬、ジップトレック、ゴルフなど、そしてハイキングは夏には絶対に欠かせないアクティビティである。道中で知り合った人々と談笑するのもまたおもしろい。

冬は北米ナンバーワンの200以上のコース、最長11kmのコースでスノーボードやスキー。日本のゲレンデと違い、とにかく広いコースは、誰にも邪魔されることなく自分の時間を楽しめる。アイススケートやアイスホッケーといった、日本ではなかなか体験出来ないスポーツも。

デッドシーズン

9月の下旬から12月の初旬まではデッドシーズンと呼ばれ、客足も少なく仕事数も減る。そのためいくつかのレストランやショップでは、この時期にディールと呼ばれる特別価格やセールで客を呼び込む。通常価格を考えると、このディール&セールは見逃せない。

またシーズンの終わりと始まりなので,ローカルの入れ替わりも激しい。1年で唯一静かな時期がこの時だ。

ショッピング

Store Front 1142394273122-800x533-1024x682

ビレッジ内には100を超えるショップがあり、そのほとんどがアウトドアやギフト系のショップだ。

THE NORTH FACEやPATAGONIA,COLUMBIA,SALOMON、HELLY HANENなどの有名店の他、ARC’TERIXやROOTS,LULULEMON ATHLETICAなどカナダ生まれのブランドも揃っている。

デッドシーズンには有名なショップもセールをするため、格安で欲しいものを手にいれるチャンスだ。

もしウィンタースポーツ好きであればTURKEY SALEを見逃してはいけない。10月初旬の4日間ウィスラーで最大の、ディスカウントセールが開催されるため、格安でウエアやギアを揃える事が可能だ。いい物は早く売れるので、初めの2日間のうちに行く事をお勧めする。

イベント

,during Kokanee Crankworx festival, Whistler BC, Canada. July 2011

ウィスラーには、年間を通して多くのイベントがある。

12月から4月にかけては大小様々なスキー、スノーボードの大会。誰でもエントリーできる大会もある。フォトコンテストやフィルムフェスティバル、プライドパレード、ビールフェスティバルにIRONMANと呼ばれる、世界で最も過酷なレースと言われるトライアスロンなど。そしてクランクワークスという10日間に渡って行われるバイクのフェスティバル。

旅行の事前に調べておくことをお勧めする。

生活

DSC_0750-02

ウィスラーではシェアハウスが一般的で、シェアメイトの国籍も様々だ。苦労する事も多いだろうが、人生で貴重な時間になる事は言うまでもない。

ウィスラーで働く時間帯は大きく二つのタイプに分かれる。朝から夕方までのシフトと、昼から、または夕方から深夜までのシフトだ。シフトの時間はウィスラーでの生活を大きく左右する。なぜなら、夏は仕事が終わっても、夜11時くらいまでは平気で遊べるからだ。仕事終わりにスケートボードを持ちパークで遊ぶも良し、数あるレイクに行って泳いだり、飲みながら友人たちとのんびりするも良し。

逆に冬には日没時間が早く、日本のスキー場と違いナイターがなく、リフトも閉まるのが早いため、ローカルはナイトシフトを好む。そうする事で、毎日ゲレンデに上がる事が可能になる。スノーボードやスキーを終え、日が落ちる頃にバーやレストランでのんびりすることは最高の時間だ。

ローカル

平均年齢20代と言われるウィスラー。それに加えウィンタースポーツにサマーアクティビティ。可能であればずっとここに居たい!!これがネバーランドと言われる所以だ。小さい街ながらいくつもクラブがあり、静かな夜は皆無と言っていい。

カナディアン(カナダ人)、ブリティッシュ(イギリス人)、オージー(オーストラリア人)が多く、その他南米、ヨーロッパから来ている人も多い。皆とてもフレンドリーで、すぐに友人を作ることが出来る。もちろん皆、スノーボードやスキー、バイクのために来ている。アジア人は少なく、その多くは日本人だ。ジャパニーズレストランに行けば、必ず日本人に会うことが出来る。何か情報を聞いてみるのもいいだう。

アクセス

バンクーバーからウィスラーへのアクセス方法はいくつかある。

1、車
2、タクシー
3、シャトルバス
4、列車(Sea to Sky Climb Train)
5、小型飛行機(Floatplane)
6、ヘリコプター

車やタクシー、シャトルバスで行く場合, Sea to Sky Highway (Highway 99)にのり、スコミッシュと呼ばれる街を超えて40分程だ。ウィスラーへの道中は、決して飽きない壮大な風景を満喫できるだろう。短期の旅行であれば、車をレンタルし、左ハンドル左走行を体験してみるのもいい。

Sea to Sky Climb Trainと呼ばれる列車が、一日一往復走っていたが2015年現在、残念なことに来年度からは廃止が決まっている。

小型飛行機は5月から9月の終わりまで運行している。料金は大人一人で約200カナダドル。バンクーバーからウィスラーまで45分程だ。

資金に余裕があれば、ヘリコプターをチャーターするのもいいだろう。一機チャーターすると約4000カナダドルだが、貴重な体験になることは間違いない。

こぼれ話

red-bull-400-race-2014

・レッドブル主催の、RED BULL 400と呼ばれるスキージャンプ代を駆け上がるレースも面白い。優勝すればトロフィーとヨーロッパ旅行、賞金などのPRIZEがある。

・ウィスラーの近くにはペンバートンという小さな街があり、そこでは毎年ミュージックフェスティバルが開かれる。

・バンクーバーであるプライドパレードやフルムーンパーティもお勧めだ。

・イギリス発祥のチーズローリングも思い出になるだろう。優勝すると、冬のシーズンパス2枚と5kgのチーズがもらえる。

・ブラッコムというカンパニーで働いていれば、シーズンパスは無料で貰える。

・時折オーラロや流星群を見ることが出来る。

・ローカルとして働いていると、スタッフハウジングに住めることもある。男女四人のシェアハウスでは、毎日パーティが開かれ人生で、一番楽しい時期になるだろう。

・若者には長期滞在をお勧めする。

終わりに

ウィスラーには老若男女に愛され続ける理由がある。世界広しといえど、ウィスラーと同じ雰囲気を持つ街はそうない。次の休暇に、ウィスラーでのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか?

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  2. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…

新着記事

  1. owachomo_bridge
    私は世界を旅し、生の絶景を数多く観てきました。なかには、思い描いていたものとギャップがあり「…
  2. img_1
    最も人気の観光地ともいわれるバルセロナですが、あなたは何を楽しみに行きますか?バルセロナを満喫するた…
  3. book_natalie_alexandrov132043
    旅に出た、世界に出たきっかけというのは人それぞれ違い、テレビだったり、ブログやインスタグラム…
PAGE TOP