426467_358555164259686_1636079189_n

ワインが美味しいコロニアル建築の町サルタ~おすすめ観光スポット5選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

アルゼンチン北部最大の町、サルタ。

ワインの名産地であるカファジャテ渓谷や、コロニアル建築のカチ村、「雲の列車」が走るトロ渓谷など、近郊への観光拠点となる町である。

多くのバックパッカーが素通りしていきがちな町であるが、私はアルゼンチンの中でサルタが一番好きだ。

首都ブエノスアイレスから来ると、同じ国なのにこんなに文化や風土や人が違うのかと驚いた。

都会の喧騒から一旦離れて、ほっと一息つける場所。

治安もかなり良く、久々に夜でも女一人歩きが怖くない町だった。

先住民族の文化が色濃く残り、その影響が町の風景や音楽にちゃんと息づいている。

町の見どころのほとんどが中心部に集まっているため、1日あればサルタを知ることができる。426467_358555164259686_1636079189_n

カテドラル(大聖堂)

町の中心「7月9日広場」にあるピンク色のコロニアル建築が印象的な大聖堂。

アルゼンチンをはじめ南米の町のほとんどが、中心部に広場とカテドラルを持つため、ここを拠点にして町歩きをすると道に迷うことがない。

カテドラルの内装は実に豪華で美しく、また博物館にもなっている。夜のライトアップも美しい。

私は仏教徒であるが、この神聖な雰囲気にたたずんでいると、宗教というのは本当に人々が生きていくのにかかせない軸になっているものなのだと感じる。

現代の日本は無宗教(信じるものを持たない)という人が多いが、だからこそこれだけ国が発展したとも思えるし、逆に自殺者3万人という心の弱さを作っている原因でもあるのではないかとふと考えたりした。

663_358555110926358_1638357728_nMAAM(サルタ高地考古学博物館)のミイラは必見

この7月9日広場には、「MAAM」というインカ時代のアンデス文明の発掘品などが展示されている考古学博物館がある。

今から500年以上も前に、6500mを超える山頂で生贄の儀式に捧げられた子供のミイラ3体(13歳の少女、7歳の男児、6歳の女児)が保存されている。

500年以上もたっているとは思えないほど、髪や皮膚、爪までもが美しく残っている。

「こんなに小さな子供が犠牲になって可愛そうだ」と思うが、最近の研究ではむしろその逆ではないかという説が有力なようだ。

子供の毛髪からは、コカの葉(コカインの原料)、チチャ(トウモロコシで作ったお酒)の成分が検出され、亡くなる1年間はリャマ肉やトウモロコシなどの豪華な食事を与えられていたという。

当時支配層だけが管理していたコカやチチャは誰にでも手に入るものではなく、神に選ばれし者だけが味わうことのできる贅沢品だったのである。

比較的貧しい家庭に生まれた彼らが生贄に選ばれることは、好きなものを食べ、薬や酒で快感を味わえる裕福な生活ができることを意味し、大きな名誉と考えられていたのではないか。

いくら神に捧げるための生贄とはいえ、大事な子供を差し出す両親の本当の気持ちはどうだったのだろうか?

いくら好きなものを食べられても、まだ小さいうちに大好きな両親や兄弟と離れることは辛くなかっただろうか?

彼らがどのような気持ちで山頂で凍え死んだか私には分からない。

しかし、表情は穏やかで、まるで子供とは思えない、何かを悟った顔のように感じられた。

540130_369261216522414_1727117459_n

カラフルな外観がかわいらしいサンフランシスコ教会

広場から1ブロックの場所に、カラフルな色使いが印象的なサンフランシスコ教会がある。

金・白・赤色の組み合わせがひときわ目立つ可愛らしい宗教建築だが、塔の高さは54mと、実は南米で一番高い教会だそう。

青い空に色鮮やかな教会が映え、町一番の写真スポットである。

482846_358555134259689_1901240409_n

サルタの夜はペーニャで酔いしれる

サルタに来たならば、ペーニャに行かなければ損といっても過言ではない。

「ペーニャ」というのは、伝統的なフォルクローレ(歌や踊り)を楽しむことのできる音楽酒場のこと。

メインストリートにはこれでもかというくらいペーニャが並んでいるが、その中でもおすすめは「La Vieja Estacion(ラ ヴィエッハ エスタシオン)」というレストランで、鉄道駅近くにある。

ここは観光客も地元客にも人気のレストランで、サルタの郷土料理も大変美味しい。

すぐに満席になってしまうようなので、21時前には席を確保したほうがよい。

隣席が近いため、知らない人同士でも会話がはずみ、美味しいワインをシェアする素敵な雰囲気が出来上がる。

レストランにいるみんなで盛り上がり、一緒に歌ったり、踊ったり、これが明け方まで続くのである。

歌や音楽は人間が誕生したずっと昔からある文化で、国も言葉も関係なく人が繋がれる方法だと思う。

こういう伝統を守り続けているサルタの町だから、平和で温かい人が多いのだろう。

Rest_ID000448_001

街を一望できるサンベルナルドの丘

サンマルティン公園の一角に「Teleferico」というゴンドラ乗り場があり、10分ほどで丘の頂上まで行くことができる。

観光客はほぼゼロで、地元の家族連れやカップルの憩いの場となっている。

ゴンドラで地元のおばあちゃん(もちろん英語は通じない)とたまたま乗り合わせるご縁をいただいた。

日本から一人で来た旅人の私に、必死に何かを伝えようとしてくれた。

言葉が通じなくても伝えたいという思いの大切さ、人のあたたかさ、いくつになっても自分の足で外へ出かける(旅をする)ことの素晴らしさを彼女から教わった。

そして、このゴンドラや丘の上から一望できる街の景色は圧巻で、夕暮れ時に赤い屋根がずっと広がる光景は素晴らしい。

日本の裏側にも同じように人々の暮らしが存在することを実感し、ここにもいろんな人生があるのだろうなとしみじみ感じた。

578435_358555074259695_1611878361_n

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. IMG_8150
    一人でふらっとビーチを散歩してみたくなり、外に出てみた。波がとっても高くて、水しぶき…
  2. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…
  3. IMG_8562
    ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…

新着記事

  1. frankfurt-germany_0
    ドイツにあるフランクフルトという街を知っていますか?ソーセージを串に挿した「フランクフルト」の街とし…
  2. victoria-974779_1280
    温暖な気候に恵まれて、バンクーバーよりもこじんまりとしたBC州の州都ビクトリアは、世界中からの観光客…
  3. walter-white-money
    内戦や政情不安などにより経済が不安定な国では、通貨価値の変動が大きく動いていきます。事情を考…
PAGE TOP