Huanglong2

龍伝説を持つ石灰棚~黄龍風景区を歩いてみた 「絶景写真あり」

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

Huanglong2

Huanglong4

黄金色の龍が天に向かって舞い上がっていく様子に例えられる「黄龍」。豊かな森の間に見え隠れする、黄色い岩肌を持つ岩盤と石灰華が蓄積してできあがった無数の池、そしてそこを流れる透明な水の流れが、その正体だ。

自然遺産の多い中国の中でも、ほぼ手つかずの風景を満喫できる地域として、内外の観光客に人気のスポットだ。

1992年に「黄龍の景観と歴史地域」として世界遺産に登録された。また、周囲にも世界遺産に登録された地域や見どころが多いことから、今後、さらに観光地が進むことが予想される。

地理的位置関係

Huanglong3

黄龍(こうりゅう/ファンロン)は、中国四川省の西北部、アバ(ガバ)・チベット族とチャン族の自治州内松潘県(しょうばんけん/スンチュ)の標高3000m超の高原地帯に位置している。

四川省の省都である成都(せいと/チョンドゥー)からは230kmの距離。5588mの雪宝頂(せっぽうちょう)を抱く岷山(びんざん/ミンシャン)山脈の南にあたり、黄龍溝と呼ばれる渓谷の周囲は深い森に囲まれている。

周囲の高原一帯は、絶滅危惧種であるジャイアント・パンダやレッサーパンダ、孫悟空のモデルといわれる金糸猴(きんしこう)の生息地としても知られ、ユネスコの生物圏保護区に指定されている。

地形としての黄龍

3~4億年前には海の底だったという黄龍溝は、サンゴの堆積によって形成された石灰岩が、水で浸食されることによって現れた、世界有数のカルスト地形となっている

新生代第四期と呼ばれる258~181万年前、マンモスなどの絶滅も起こったとされるこの時期に隆起した石灰岩層が、氷河によって浸食されて巨大な渓谷を作りだしたのだ。

そこを、5000m級の岷山山脈から、石灰華(トラバーチン)と呼ばれる、まるで日本の温泉の元のような成分を豊富に含んだ水が流れて降りてくる。その途中で、障害物にぶつかったりよどみに沈んだりして、渓谷そのものが着色されていった。

黄龍溝本来の岩肌の色と石灰華の沈殿物の色とが混ざり、エメラルドグリーンやアクアブルー、黄金色などの不思議な美しさを持つ段々池や川が、7km以上にわたって続いている。

開発や地震による被害などで、失われつつある中国の高原湿地帯だが、ここ黄龍はほぼ自然な姿が残されている貴重な自然遺産といえる。

伝説の中の黄龍

黄龍はその名の通り、黄金色の龍に例えられている渓谷だ。

中国で古くから伝わる「陰陽五行」説では、東西南北に青白赤黒をあて、この4方を統べるのが黄色とされる。それぞれの方角には守り神となる龍がいる。すなわち、黄龍は中国の中央を守る黄色の龍なのだ

中国の中心である黄河の化身といわれる夏(か)の禹(う)王は伝説上の皇帝だが、彼がこの地に黄龍を神として祀る廟を建立したとの物語が残されている。これが後の黄龍寺である。

緩やかに蛇行する川に石灰華が沈殿した様子は、龍が山から天へと翔け上っていくようであり、黄金色の小さな池が連なる石灰棚はさながら、黄龍の鱗だ。

黄龍風景区を形成するもの

黄龍風景区は、青く高い空、季節ごとにその色や姿を変える深い森を抱える山脈と高原、そしてその頂から流れ出る清らかな川で形成されている。

流れる川は山の成分を溶かし込み、気の遠くなるような長い年月をかけて川床を黄金色に染めていく。さらに水は、空や緑の色と溶け合ったり反射したりしては、複雑な色を作りだす。

彩(いろどり)の池「彩池」と呼ばれる、川の途中に現れる石灰棚もまた、今この時も、石灰華の沈殿によって、その姿も色も変化させているのだ。

黄龍は、空(天)と緑(山)と水(川)と土(石灰岩)とが、互いに影響を与え合って完成する芸術品のような存在といえそうだ。

石灰棚の湖沼「彩池」

石灰棚を形成する湖沼は、3,400も連なっている。「彩池」と呼ばれるこれらの池の水は、その場所や天候によって、黄・緑・青・茶、そして金色などに変化する。

「五色彩池(五彩池)」は、黄龍風景区の最奥・最大の池であり、その標高は3553m。五色彩池自体も、多くの石灰棚の集合体であり、上流下流・湖岸湖中などで、その色彩は異なってみえる不思議さを持つ。

黄龍寺の裏手にあたり、時代ごとに建て替えられてきた寺の遺跡だろうか? 灯篭や土台のようなものが池の中に埋もれるようにポツンと取り残されているのが印象的だ。

「争艶彩池(争艶池)」は2番手の規模を持ち、大小500ほどの彩池から成る。その名の通り、五色彩池とその美を争うだけの色鮮やかさを持っている。

「金沙舗彩地(金沙舗地)」は、上記の彩池とは趣が異なり、1500mの長さを持つ、龍の体部分にあたる、なだらかで滑らかな川床的な彩池だ。ほかの彩池とは異なり、水底は濃い黄色であり、遠目から眺めると日の光の下で輝く様子はまさに黄金の龍の背に見える。

黄龍寺

「五色彩池」のほとりに立つのが、黄龍寺。明代(1368~1644年)に建てられた仏教寺院の「黄龍古寺(黄龍後寺)」と道教寺院の「黄龍中寺」・「黄龍前寺」の3寺で構成されていたが、黄龍前寺は既に廃寺となっている。

黄龍を神格した「黄龍真人様」が祀られ、寺の下にある洞窟「黄龍洞」には、黄龍由来の水が湛えられていて、「天が授けた神の水」として信仰を集めている。

野生動物を育む森

ロープウェイもなく、観光客数も少なかった頃には、黄龍溝付近まで、ジャイアント・パンダが姿を現すこともあったらしい。

近年は観光地としての整備が進み、そういった嬉しいような怖いようなハプニングはほとんどないという。しかし、パンダは熊。野生状態での接近は危険なので、万一見かけても近づかないように。

また、小さなパンダ的存在のレッサーパンダや孫悟空のモデルである金糸猴も、森の奥で暮らしていて姿を見かけることはまずない。遊歩道で見かけるのは、観光客たちの落とすお菓子を目当てに現れるリスと頭上を飛び去る鳥たちだ。

遊歩道とロープウェイ

黄龍溝は山の頂から流れ出して麓まで長く伸びているが、黄龍風景区として整備されているのはその一部、「五色彩池」から麓までの約3.7kmである。

車でアプローチできるのは、入り口まで。そこからは木製の遊歩道かロープウェイを利用することになる。

遊歩道は、麓近くでは上りと下りが区別されているが、五色彩池方面では1本道となる。上りには2~3時間、下りであっても1.5~2時間はかかるだろう。

途中、見どころも多いが、特に上りでは歩くのに懸命になってしまい、見逃す景色も多い。その分、下りも楽しめるといえないこともない。

2006年オープンのロープウェイは、黄龍地域の景観を守るため、遊歩道コースとは違ってかなり離れた場所に設置されている。そのため、乗り場までタクシーやバスで乗り付けることができるが、ロープウェイの終点で降りても、五色彩池までは1時間ほど歩く必要がある。

しかし、五色彩池とほぼ同じ標高までロープウェイで一気に上がってしまうので、1時間かかるとはいえ、歩くのは上りに比べてかなり楽だ。体力や脚力に自信がない人にはおすすめ。

ロープウェイができる前は、地元の人々によって運ばれる駕籠という乗り物もあったらしい。

標高と高山病について

黄龍観光で最も注意すべき点は、標高の高さだ。日本最高峰である富士山の頂上並みの3000mを超える場所で、さらに高低差のある中を上り下りすることになり、高山病にかかる人も多い。

特に上りが危険だ。遊歩道の途中には、酸素吸入のための休憩所が複数設けられているほど。体調管理と時間の余裕は必須条件だが、各自でも吸入用酸素を持ち込むと安心だろう。空港やホテルで売られている。

黄龍を観光するには、前日もしくは前々日に麓に到着して、3000m級の空気の薄さに慣れておくのが望ましい。旅行先には寝不足や予想外の体力消耗もあり、日ごろの体力を過信すると、辛い目に遭うことがある。

また、既に高山病の影響が出始めている場合は、ロープウェイの使用にも注意が必要だ。歩いて登るよりも一気に標高差を上がるため、症状が悪化する可能性もある。

周辺は世界遺産の宝庫

Panda

四川省成都の周辺には、世界遺産や有名な観光地が多く点在している。

世界遺産は、「黄龍の景観と歴史地域」のほかに、「九寨溝の景観と歴史地域」、「青城山と都江堰灌漑施設」があり、ユネスコの生物圏保護区「四川ジャイアント・パンダ保護区群」もある。

黄龍までのアプローチ

上海経由・成都経由など、中国の大都市まで国際便でフライトし、そこから国内便で九寨黄龍空港へと飛ぶのが一般的。中国行きの便数が増え、国内便も時間に信用はおけないものの、本数・サービスともに向上しつつあるため、個人での移動も手軽になっている。

成都から九寨黄龍空港は、飛行機なら1時間、バスだと10時間近くかかる。また、九寨黄龍空港から黄龍までは1~1時間半ほどの距離だ。

九寨黄龍空港から黄龍へは、エアポートタクシーかエアポートバスで移動する。九寨溝-黄龍-空港間を回るルートもあって便利だが、空港(川主寺)から黄龍へ向かう途中には標高4000m級の峠があり、車はノロノロ運転に、乗客は高山病にかかる可能性がある。

時間のロスを嫌い、また途中で見える絶景をカメラに収めたいなら、タクシーがおすすめだ。

黄龍観光の注意事項

winter

標高の高い高原、周囲を囲む万年雪の山脈。黄龍地域の平均気温の低さが想像できるだろう。

観光のハイシーズンは7~10月の夏と秋。雪解け水が流れて、黄龍に豊富な水が湛えられる季節だ。しかし、夏であっても気温は10~15度程度、冬は当然氷点下である。また夏季は天候が変わりやすく降水確率が高い。防寒を兼ねた雨具は必須であり、冬は完全防備の寒さ対策に足元の滑り止めも必要だ。

黄龍では、入り口を過ぎると食事にありつくチャンスは少ない。あらかじめ済ませておくか、宿泊先などで弁当を用意してもらうのがベストだろう。水に関しても同様。

トイレに関しては、遊歩道沿いに点在している。しかし、キレイさや備品は期待できないと考えておいたほうが無難だ。

そのほか、夏場は高山だけあって、気温の割に紫外線が肌や目を焼くので、サングラス・帽子・長袖のシャツ、そして日焼け止めも必要だろう。

最後に

世界には、同じような石灰カルストによって形成された棚田が何か所も存在している。中には、黄龍同様に世界遺産に登録されている地域もある。

しかし、その多くが水量・水流の変化などの影響を受け、一部が枯れたり、景観を損ねてしまったりしているのが現実だ。

世界遺産として登録されることで、保護活動が行われるようになるが、登録されたがために、観光客が激増し、自然に影響を与えていないとは残念ながら考えられない。

現存するカルスト地形の中で、最も自然地形と景観が保たれているとされる「黄龍風景区」。

その周囲には、まだ手つかずの美しい自然が残り、山紫水明の景観を丸ごと保護しようとする活動も始まっていると聞く。この地では、世界遺産登録と観光客の急増がプラスに働くことを祈る。

そこを訪れた人しか感じることのできない感動を、写真、動画、そして言葉で表現してみませんか? あなたの旅の話を聞かせてください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. IMG_8150
    一人でふらっとビーチを散歩してみたくなり、外に出てみた。波がとっても高くて、水しぶき…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから39日目~43日目…
  3. 183-tn
    ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…

新着記事

  1. owachomo_bridge
    私は世界を旅し、生の絶景を数多く観てきました。なかには、思い描いていたものとギャップがあり「…
  2. img_1
    最も人気の観光地ともいわれるバルセロナですが、あなたは何を楽しみに行きますか?バルセロナを満喫するた…
  3. book_natalie_alexandrov132043
    旅に出た、世界に出たきっかけというのは人それぞれ違い、テレビだったり、ブログやインスタグラム…
PAGE TOP