sing9

今がアツい!シンガポール一人旅のすすめ~見どころ全部紹介

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

シンガポールというと、家族旅行や新婚旅行、お金があると楽しい街というイメージがあって、今まで一人旅の選択肢になかった国だったが、実際に行ってみると想像以上に楽しい国だった。

都会だからこそ、まわりからは干渉されない自由気ままな独り歩きができた。

多民族が集まる街

シンガポールは大きく分けて、華人、マレー人、インド人、アラブ人、欧米人などさまざまな人種が集まる国家である。

それぞれの人種が作った中華街、インド人街、アラブ人街など、ぶらぶら歩くだけでも面白い光景に出会える。すべてMRT(地下鉄)で行ける距離にあるからとっても便利。

チャイナタウン

sing9

中国人は世界中どこにでも中華街を作ってしまうからさすがである。

土産物やレストランへの客引きも、ここが一番活気があったような気がする。パゴタストリートでは比較的安くお土産が買えるし、リーズナブルに食事を楽しむなら、スミスストリート・テンプルストリートがおすすめ。中華料理だけでなく、シンガポール料理やタイ料理などさまざまな国の料理が楽しめる。夜になるとずらっと屋台が並び、焼き鳥のいい匂いが漂ってくる。

また、同じ区域に仏教寺院とヒンドゥー教寺院があるのが興味深い。

ヒンドゥー教徒が集まるスリ・マリアマン寺院は、肌を露出しない格好で靴を脱げば、観光客でもお参りすることができる。極彩色の彫像は素晴らしく、ひとつひとつを見ているだけで時間を忘れてしまう。

sing8

リトルインディア

その名の通り、シンガポールにいながらにして、小さなインドを味わえる場所。

MRTのリトルインディア駅を降りると、もうすでにそこはインド。店の前にはいろいろな果物が並び、民族衣装であるサリーやゴールド製品も目立つ。香辛料の刺激的な香りが漂ってきて、本場のインドカレーを食べ比べるのもよし。

カラバオロードなど、カラフルな建物を見て歩くのも非常に楽しい。

しばらく歩くと、ムスタファセンターという24時間営業のスーパーマーケットに辿り着く。ここは日用品から雑貨、食べ物まで何でも揃う地元民の憩い場。2階にあがると、なんと全フロアがお菓子売り場という夢のような場所。時間を経つのも忘れてしまうくらい。

お土産用のチョコレートや紅茶など、普通のお店で買うよりも若干安く買うことができるので、まとめ買いにおすすめ。ちゃんとカードも使えるので安心。

sing6

アラブストリート

エキゾチックな雰囲気が漂うアラブ人街。街自体は小さいけれど、路地裏を歩くとワクワクするような魅力がたくさん詰まった街。

イスラム教最大のモスク「サルタン・モスク」は必見。

sing10

また、「ハジレーン」という路地は、おしゃれな雑貨やカフェ、洋服屋さんが並び、今シンガポール在住の若者にも人気のスポット。

カラフルで可愛い建物を眺めながら、お気に入りのお店を見つけるのも楽しい。

sing21

シンガポール唯一の世界遺産

意外と知られていないのが、シンガポール唯一の世界遺産である「ボタニックガーデン(植物園)」。

東京ドーム13個分の広さがあり、かつてゴム産業が盛んだったことが自動車産業に発展したこと、植物園の中には世界のさまざまな蘭を集めた「ナショナルオーキッド(国立ラン園)」があることなどから世界遺産に認定されている。

MRTの駅を出るとすぐに植物園の入り口である。

休日になると、家族連れや犬の散歩、ジョギングや体操など皆それぞれの楽しみ方をしている。

私は偶然ここで一人旅の日本人女性と出会ったが、彼女は会社員をしながら休日を利用して世界遺産巡りをしているという。世界遺産にしか興味がないらしく、シンガポールはこの植物園だけを目的に1泊2日の弾丸旅行で来ているそうだ。

つくづく、人それぞれ色んな旅の仕方があって面白いなぁと思う。

シンガポールは日中は30度以上ととても暑いため、午前中の散歩がおすすめ。

すべて歩くにはかなりの距離があるが、園内にあるお洒落なレストラン「ハリア」のテラス席でのんびり読書をしながらゆったりした時間を過ごしたい

sing15

夜のガーデンズバイザベイは必見

マリーナ湾を見渡せる広大な敷地に、世界中から集められた木々や草花、オブジェが作られている新しいスケールの植物園。

特に50mを超える人口木「スーパーツリー」は圧巻で、夜のライトアップはさらに美しい。

夕方6時ごろから少し涼しくなり、海風が気持ちよくなったころ、観光客も地元民もこのスーパーツリーに集まってくる。エレベーターでスーパーツリーに登ると、日本人に人気のホテル「マリーナベイサンズ」も見渡せ、気持ちの良い空中散歩を味わえる。

音と光のショーも始まり、大人も子供も楽しめる、まるで夢の国に来たよう。

sing1

一人でも楽しめるシンガポール

結果的に、シンガポールは非常に一人旅のしやすい、さらにとても住みやすそうな国だということが分かった。

地下鉄も主要観光スポットを網羅しており、乗り方もシンプルかつ分かりやすい。多民族国家なだけあって、外国人を珍しがることもない=変な差別や干渉もない。

長年シンガポールに住んでいる私の友人も、この国に暮らし始めて4年ほど経った頃から、どんどん生活が楽しくなったと言う。自分の好きなカフェやお店を見つける楽しみ、カジノや夜のパーティーなど、成長真っ盛りの新しい国だからこその楽しみ方が色々あるようだ。

10年前、マーライオンのまわりには何もなく、観光客もまばらだったそうだが、今はたくさんの高層ビルが立ち並ぶ。

今後10年もおそらく大きく変わっていくこの国が楽しみである。10年後にまた来たい。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. IMG_2078
    コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  2. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  3. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…

新着記事

  1. frankfurt-germany_0
    ドイツにあるフランクフルトという街を知っていますか?ソーセージを串に挿した「フランクフルト」の街とし…
  2. victoria-974779_1280
    温暖な気候に恵まれて、バンクーバーよりもこじんまりとしたBC州の州都ビクトリアは、世界中からの観光客…
  3. walter-white-money
    内戦や政情不安などにより経済が不安定な国では、通貨価値の変動が大きく動いていきます。事情を考…
PAGE TOP