s0

僕の賢くシアトルでロングステイ、長期滞在する方法まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

s0

▼シアトルに1ヶ月滞在予算の目安

シアトルは広いので、どこで暮らすかによって生活費が変わってきます。もっとも生活水準も生活費水準も高いシアトル市内を基準に考えると、月に15万円以上必要になるでしょう。これを、郊外に住居を移したり、食事つきのホームステイ先を見つけるなど工夫すれば、12万円程度まで下げることも可能です。また、冬を中心に暖房のための電気代がかさむため、その面でも一人暮らしか光熱費込のホームステイかで差が大きくなります。

s1

▼シアトルの物価(食料品の値段で比較)

地域によって多少違ってきますが、郊外型の大型スーパーを利用すると、食費はかなり抑えられます。食料品の質と値段のバランスは日本と比べて7、8割程度お得な感じ。自炊できるかどうかが、生活費にも大きく影響してくるでしょう。あらゆるものの販売単位が大きいので、車がないと購入しても持ち帰るのが難しい点、使い切るためには本人の料理作り置き能力や冷蔵庫・冷凍庫の広さなども関係してきます。

街中の小規模なスーパーマーケットでは、一人暮らし向けの食品が売られていて便利ですが、やはり若干割高になります。

日本食材は、日本人の多い地域のスーパーで扱っています。安くはありませんが、手が届かないほどの値段でもありません。また、品数も豊富とまでいきませんが、日常の調理で必要なものはほぼ揃えることができます。

s2

▼シアトルの治安と安全対策

アメリカ国内の同規模の都市と比べると治安状態が良いといわれるシアトルです。

注意すべき点は、日中と夜間では別の顔を持つ地域が多いところでしょう。明るく人通りも多い通りが、夜間には暗く人の気配のない通りに変身し、とても一人歩きができる雰囲気ではないこともあります。

また、車社会であるため、車上狙いが多いのも特徴の一つです。日本からの長期滞在者の多くも車を所有しますが、日本の感覚で駐車していると、カーアクセサリーや車内に残した荷物などを狙われます。施錠するのも当たり前ですが、アラームなどの設置や貴重品を置かない自己防衛も大切です。車上荒らしが狙うようなカーステレオやナビゲーターシステムなどは目隠ししましょう。

▼シアトルのビザの取得方法

アメリカの場合、90日以内の観光目的滞在であれば、ビザは必要ありません。それ以上の長期間の場合と、就学や就職を目的とする場合には、別途目的に応じたビザが必要になります。

個人でこれらのビザを取得するのは簡単ではないため、業者を通すか、正規な留学や就職の手続きを取るほうが長期間の滞在はしやすいでしょう。

s3

▼シアトルの近くの病院、医療事情(なるべく日本語が通じる)

日本語を話す医師のいる病院が複数あり、安心です。ただ、シアトルで医師の治療を受ける場合、救急でないかぎりはファミリードクターの診察を受けた後に、必要な専門医の紹介状をもらう流れとなります。

ファミリードクターの診察時点で予約を取るのに数日かかり、さらに専門医の予約もそれ以上かかる場合も少なくありません。公共性の高い病院や人気のある医師であればあるほど、その傾向は強くなります。

また、アメリカは全土共通して医療費が多額となるため、保険加入は必須です。特に外国人の場合は、保険加入を証明できないと診察を受けられない場合もあるので注意しましょう。

s4

▼シアトルの交通事情、電車、バスなどのローカル移動手段

市民の足は路線バス「メトロ」が、バスでありながら路面電車のように空中の電線から電気の供給を受けながら走ります。さらに、渋滞緩和を狙って、2両編成メトロや快速メトロなども運行されていて便利です。

このほか普通のバスが市内と郊外を結んでいるほか、リンクライトレールモノレール、ストリートカーがダウンタウンや近郊をくまなく結んでいます。相変わらず車社会ではありますが、徐々に公共交通機関の利用も進んでいるようです。

さらに、ウォーターフロントには水上タクシーや中・長距離フェリーの便も多く運航しています。

s5

▼シアトルの主な見どころや観光スポット

市内観光を扱うトラベルエージェンシーがたくさんあり、日本のハトバスのように、複数のツアーを楽しめます。土地勘がない時、乗用車などの交通手段を持たない時には便利です。

シアトルは文化的に進んだ街なので、美術館が多く、それぞれに規模も大きいため、天候に影響されず、年中何度も楽しめます。

アウトドアでは、ゴルフ、ネイチャーハイキング、ホエールウオッチングなど、水陸山のアクティビティを堪能できます。

シアトルマリナーズやサッカー、アメフトなどのスポーツ観戦もシアトルっこたちにとって自慢で楽しみなアクティビティとなっています。

s6

▼シアトルの周辺にある美味しいレストランや食生活

新鮮なシーフードを食べさせるレストランやバーが多く、どこでも大きなハズレはありません。外食費は自炊に比べればもちろんかさみますが、多くの店で出される料理はボリュームがあるため、仲間とシェアすることができれば、安くおいしく食べることができるでしょう。

「FLYING FISH」は、さまざまなシーフードをグリルしたりカルパッチョにしたり、炭焼き風にしたりといったいろいろな調理方法で食べさせてくれる店です。シーフードが多いものの、ビーフバーガーなどもあり、その味は絶品。人気が高く、週末などは満席になるので、予約したほうが無難でしょう。開放的な店の雰囲気もうれしいです。

s7

▼シアトルの住まい(アパートメント、ゲストハウス等)

シアトル市内で1ベッドルームを借りれば、10万円近くかかることも少なくありません。便利な場所や新築物件が割高なのはどこも同じ。ただ、市内の公共交通手段を利用できるなら、車を所有する必要性がなくなるため、その分を家賃に回すことができるでしょう。

郊外であれば、家賃はかなり下がります。車は必要になりますが、一戸建てを数人でシェアすることも、安くゆったりとした生活を可能してくれる手段です。

また、多くの留学生を中心とした長期滞在者はホームステイ先を探して滞在します。光熱費はもちろん、1、2食がついたり、インターネット接続も含まれるなどのパッケージ感がお得です。

s8

▼シアトルのインターネット、ネットカフェ事情

複数のプロバイダーが競合しているわりには、月あたりの料金は日本よりも割高です。アメリカの他地域と同様、ケーブルテレビとの抱き合わせ契約が多く、アパートメントによっては、すでに接続のための設備があり、契約して線を差し込むだけの簡単スタートが可能になっていることもあります。

ホテル、カフェ、レストラン、ショッピングセンター、図書館などでインターネットに接続できます。メールチェック程度ならば、これらのネット環境を利用するか、携帯のデータ通信に頼ることで、プロバイダー契約はなしでも生活できます。

s9

▼シアトルの年間天気、気候

冬を中心に雨が多いイメージのシアトルですが、霧雨や小雨がしとしとと降り続き、大雨になることはあまりありません。緯度の高さ割には、気温が氷点下になることは少なく、雪も多くないため、暮らしやすいでしょう。

夏はまばゆい日射しと乾燥した気候、25度前後の適温と、これもまた過ごしやすいでしょう。

s10

▼シアトルの長期滞在まとめ

温暖な気候に恵まれていて、年間を通じてアウトドアを楽しめるところはシアトルの魅力でしょう。

また、日本人在住者が多いことから、日本人向けのサービスが充実している点も、生活のしやすさに結びつきます。短期留学のための学校や施設も多く、比較的リーズナブルなので、個人で観光滞在するよりも語学学校へ通う目的で正規の滞在ビザを取得する方法もおすすめです。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. IMG_7790
    ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから61日目スタートからの距離2025k…
  3. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…

新着記事

  1. dscf3266
    「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  2. dscf3391

    2016/12/6

    石垣島life
    僕らがいつも石垣島で何気なく見ている風景、そして僕らの後ろ姿なんかを写真に収めてここに残して…
  3. boss-fight-free-stock-images-photography-photos-high-resolution-coffee-cafe-espresso
    コーヒーのイメージのない台湾。しかし、実は台湾人が過去に世界ラテアートチャンピオンに選ばれた…
PAGE TOP