n12

僕の賢くニューハンプシャーでロングステイ、長期滞在する方法まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

n12

▼ニューハンプシャーに1ヶ月滞在予算の目安

寮暮らしであれば、月12万円程度で、ホームステイの場合には10万円ほどで生活が可能です。ただ、食事をどうするかでこの費用は変わってきます。

寮やホームステイ先によってはほとんどの食費が含まれることがあり、非常に低予算で生活ができますが、自炊するとどうしても割高になります。ちなみに、ホームステイで食事つきにするかどうかは選べますが、月当たりの金額にはそれほど大きな差が出ません。

一人暮らしをして自炊と外食半々という生活だと月20万円程度見ておきたいところです。

n1

▼ニューハンプシャーの物価(食料品の値段で比較)

大手大規模スーパーで食料品を安く手に入れることができます。食料品の全体としての物価は高くなく、日本よりも安く感じられますが、売買の単位が大きいため、自炊派であっても食材をうまく使い切るのが難しいところです。

また、そういった店は郊外にあるため、車がなければ買い物に行くことができません。街中の小さなスーパーマーケットを利用すると少量単位での買い物ができて経済的ですが、その分割高になってしまいます。

日本食材は、現地では手に入れにくいため、ボストンやニューヨークの日系スーパーへ買い物に行くか、インターネットで通信販売をすることになり、価格設定も高くなるため、必要なものは日本から持ち込んだほうがいいでしょう。

n2

▼ニューハンプシャーの治安と安全対策

一説には、アメリカでもっとも治安のよい州と呼ばれています。殺人や暴行といった凶悪犯罪数は全米でも最少を記録しています。

また、人種差別が元となった犯罪の発生率が低いことでも知られています。ただしこれは、ニューハンプシャー州内の住民の白人率が非常に高く、多人種との確執が起こりにくいことが理由であって、必ずしもニューハンプシャー住民の対外国人感情が特別良いことを意味してはいません。

一方で、外国人慣れしていない住民が多く溶け込みにくい部分もありますが、先入観なく接してくれるという利点もあります。

n3

▼ニューハンプシャーのビザの取得方法

アメリカ国内には日本人の場合、3か月間はビザなしで滞在できます。それ以上期間滞在する予定であれば、別途滞在ビザを申請・取得しておく必要があります。

よく知られているように、アメリカのビザ取得は簡単ではありません。留学や就職先が決まっていても、ビザの取得には時間がかかります。個人的に長期の観光ビザを取得するのは困難なことが多いので、必要に応じて専門家に依頼することも考慮しましょう。

n4

▼ニューハンプシャーの近くの病院、医療事情(なるべく日本語が通じる)

日本語の通じる病院はありません。公立・私立ともに病院の医療水準には問題ありません。

ただし、医療費は非常に高価なので、保険に加入していないと門前払いを喰らって、ちょっとした処置を受けることもできない可能性があります。

また、総合病院で専門医の診察を受けるには、ホームドクターの診察を経て紹介状をもらい、予約してからという流れになります。急を要する症状の場合には救急車を呼んだほうが確実です。しかし、救急費用を支払うことに対応した保険に加入していなければ、救急車の利用料金の請求にも後で驚くことになります。

n5

▼ニューハンプシャーの交通事情、電車、バスなどのローカル移動手段

住民の足はもっぱら車。そのため道路網は非常に発達しています。州を挟んだ中・長距離の移動には空路または鉄道のアムトラックが利用されています。

州内の公共交通機関としてバスが地域間・都市間を結んで走っていますが、それほど細かく走っているわけでも、便数が多いわけでもないので、やはりバスだけに頼った生活には不便さを感じるでしょう。

このほか、都市部の渋滞緩和を狙った車の相乗り推進活動も盛んで、通勤や通学の相乗りパートナーを探すサービスも行われています。

n6

▼ニューハンプシャーの主な見どころや観光スポット

「ホワイトマウンテン」は標高2000m弱ですが、360度の大絶景は一見の価値があります。また、強風と酷寒で知られる山でもあり、春から秋のハイキングだけでなく、真冬のスキーや冬山登山でもその厳しさ故に人気を集めています。

周囲を埋める広大な森林や荒野を歩いたり、そこを走る観光列車に乗る楽しみ、湖水地方や河川をクルージングする楽しみもあります。

n7

▼ニューハンプシャーの周辺にある美味しいレストランや食生活

海から揚がってくる新鮮なシーフードを楽しめるレストランがたくさんあります。特におすすめはロブスター料理とクラムチャウダー。

ロブスターは他州から食べにくるだけでなく買いに来る人も大勢います。どの店でも大きなアタリ・ハズレはありませんが、店頭で値段とサイズに納得してから調理してもらえる店だと安心でしょう。

また、クラムチャウダーは店ごとに使われているシーフードもレシピも違うため、それぞれに独自の味を自慢しています。食べ歩きならぬ、飲み歩きをするのも楽しいでしょう。

n8

▼ニューハンプシャーの住まい(アパートメント、ゲストハウス等)

学生であれば、大学内の寮がおすすめ。全米各地から集まったアメリカ学生に世界中からチラホラと集まった外国人が混じり、当然英語オンリーの生活となっていますが、それでも、多国籍感覚があるのでお互いに理解し合おうとする気持ちがあり、過ごしやすいでしょう。

一方で、同じく割安なホームステイだと、アットホームさは上ですが、コミュニケーションは相手が限定されてしまうため、相性が合わないとなかなか馴染めません。

アパートを借りる場合には、田舎の割に意外と家賃が高いため、それなりの予算を持っていないと古く狭いところしか借りられません。また郊外には安い物件がありますが、こちらは自力で足やコネを使って探す必要があることと、車という交通手段が必須になります。

n9

▼ニューハンプシャーのインターネット、ネットカフェ事情

街角のカフェやレストランではまだWi-Fi設備はそれほど整っていません。大きな町や全米・全世界チェーンのカフェやファストフード店であれば、多くはフリーWi-Fiになっていますが、店舗数があまり多くないので、あらかじめ店舗情報を得ておいたほうがいいでしょう。

全米各地と同じように、図書館や学校などの多くはフリーアクセスのWi-Fiが完備されています。住民として、または学生として登録ができれば利用し放題です。

それ以外では、自分の暮らすアパートにWi-Fi付きを選ぶか、大家さんと交渉してWi-Fiを導入するか、または携帯回線を使ってインターネットにつながるかといった選択肢があります。データー使用料にもよりますが、短期間滞在だったりメールチェックや簡単な調べもの程度の利用量であれば、携帯からのテザリングでも十分まかなえるでしょう。

n10

▼ニューハンプシャーの年間天気、気候

短いものの海岸線があり、アメリカでも有数の高く厳しい山がありという変化にとんだ地形が気候にも影響を与えています。また、アメリカ東海岸北部特有の風の影響も多く受けます。

北部はかなりの積雪と雨量があり、冬の寒さには覚悟が必要です。一方で夏は気温ととも湿度も上がり、不快指数が高いのが特徴です。南部は温暖湿潤で、冬の寒さも積雪も大きな心配はありません。

ただ、どちらの地域もハリケーンや竜巻などの被害を年に数回受けることがあります。

n11

▼ニューハンプシャーの長期滞在まとめ

ニューヨークほど洗練されていない、ボストンほど堅苦しくもない、カナダほどは田舎でもなく寒くもない。そんなニューハンプシャーは、アメリカの田舎暮らしを体験するのにちょうどいいでしょう。そこで暮らす人々の人柄も最初は少しとっつきにくいところがあるものの、素朴で親切な人に出会える可能性が高いはずです。

そんな環境で普段はどっぷりと英語と少々のフランス語に埋もれて生活ができます。日常生活の中で英語力を磨きたい人には最適です。州内に在住している日系人は都会に比べると少ないものの、隣接する州には大勢暮らしているため、日系マーケットなどへの買い出しもできます。日本が恋しくなった時にも対応可能なわけです。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから39日目~43日目…
  3. DSCF0785
    ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…

新着記事

  1. dscf3266
    「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  2. dscf3391

    2016/12/6

    石垣島life
    僕らがいつも石垣島で何気なく見ている風景、そして僕らの後ろ姿なんかを写真に収めてここに残して…
  3. boss-fight-free-stock-images-photography-photos-high-resolution-coffee-cafe-espresso
    コーヒーのイメージのない台湾。しかし、実は台湾人が過去に世界ラテアートチャンピオンに選ばれた…
PAGE TOP