prague0

僕の賢くプラハでロングステイ、長期滞在する方法まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

prague0

▼プラハに1ヶ月滞在予算の目安

物価が高いヨーロッパの中では、比較的低予算で滞在できる都市として知られているのがプラハです。

観光地としても知られていて、海外から訪れる人も多く、ホテルだけでなく滞在型のホステルやアパートメント、ルームシェアなども多く見かけます。

ただし、物価が安いといってもあくまでヨーロッパ標準と比べた場合。プラハは首都であり大都市でもあるため、それなりの滞在予算は必要となります。

市の中心部であれば、ワンルームでも月4万円程度に食費がかかり、7、8万の出費は必要となります。ただし、家賃は郊外に出ると急に下がり一戸建ても格安で借りることができます。

▼プラハの物価(食料品の値段で比較)

prague1

街に世界チェーンのコンビニはあまりないものの、簡単な食材や飲み物、パンなどを置いた店がちらほらと夜遅くまで営業しているのを見かけます。

また、スーパーマーケットは大手チェーン店があちこちにあって便利。食料品も日本より多少安めな感じで、生活費の中で食費はミニマムに抑えやすいでしょう。

▼プラハの治安と安全対策

prague2

スリやひったくりのほか、ぼったくりタクシーなどによる犯罪が発生しています。それでも、治安はいい方で、日中の移動で危険を感じることはほとんどありません。

夜間も人の多い観光地やショッピングセンター、公共機関などはそれほど危険ではありませんが、人通りのない路地や夜中の一人歩きは避けた方が無難です。また、警官や警備員の見回りも多く、そこにいるだけでなく警戒している様子が見受けられて安心感があります。

プラハ市民たちは自分たちの街に誇りを持っているため、泥棒や物乞いなどの姿に敏感で、もし絡まれたなら大きな声を上げたり抵抗しているとすぐに周囲に人だかりができて助けてくれます。

▼プラハのビザの取得方法

90日までの滞在は原則ビザなしで可能です。それ以上の滞在の場合には、就労ビザか居住ビザを取得する必要があります。

またシェンゲン協定加盟国でもあるため、ヨーロッパ各地で長期滞在を繰り返す場合には別に滞在日数に合わせたビザが必要となる場合があるので注意が必要です。

シェンゲン加盟国間の移動では、パスポートチェックを受けないことがあります。滞在日数は自己管理しておかないと、気づいた時にはオーバーステイになってしまいトラブルになることもあるので、余裕のあるビザを用意しておくほうが安心です。

▼プラハの近くの病院、医療事情(なるべく日本語が通じる)

prague3

プラハ近辺に日本語で治療を受けられる医療機関はありません。日本人通訳を手配することは可能ですが、原則として私立病院に限られます。それ以外の個人や公立の病院を利用する場合には、個人的に通訳を雇うか日本で加入した医療保険の電話通訳サービスなどを利用することになります。

プラハでは医師によって医療技術格差があるといわれています。担当の医師がいつどこで学んだかによって違ってくるようです。

私立の総合病院には外国人用の窓口を設けているところがあり、英語での診察はもちろん、技術や設備面でも安心感があります。それでも、重病や高度な治療が必要な場合には他国への移送となることもあるため、医療保険への加入は必ずしておきましょう。

▼プラハの交通事情、電車、バスなどのローカル移動手段

prague4

地下鉄が市内だけでなく郊外に向けて徐々にその路線を延ばしていて、安く確実な移動手段となっています。昔ながらのトラムも路線が多く、地下鉄と同じチケットで乗り換えが可能なので、観光だけでなく買い物などの日常生活でも使い勝手がよく、プラハ市内の移動はとても便利です。

タクシーもありますが、よほどの荷物があるか特別な場所へ向かう時以外には必要性をあまり感じないでしょう。また、利用する際には流しのタクシーよりも、安全といわれるタクシー会社で予約するか近くのホテルなどの前から利用するのがおすすめ。

▼プラハの主な見どころや観光スポット

prague5

何か月いても飽きることがないほど、観光スポットはたくさんあります。街全体が観光地といっても過言ではありません。

有名な観光スポットはボランティアによるガイドツアーが毎日のように回っているため、それを利用するのも一つの手。

世界最大ともいわれるプラハ城のほかにも宮殿や城がいくつかあり、公園になっていたり、博物館になっていたりします。当然古い教会も多く、どこを歩いていても、どっちを見ても歴史的建造物ばかり。

美術館やアートギャラリーが多いのも特徴で、古代から現代まで幅広い分野の作品を楽しめます。

▼プラハの周辺にある美味しいレストランや食生活

prague6

水よりジュースよりビールが安いプラハでは、レストランに入ってまず聞かれるのが「何飲む?」。プラハ市内のレストランで飲めるビールはほぼ同じなので、レストランは食事や雰囲気で選ぶことになります。

「コルコフナ」は伝統的なチェコ料理を食べさせてくれるレストラン。料金的にも雰囲気的にも手頃なため、いつも席は埋まっています。特にランチやディナータイムは予約しておいたほうが無難でしょう。

「ツェルニッチェ」は地下がバー、1階はレストランの新しいチェコ料理店です。音楽を楽しみながら伝統料理を楽しめます。くりぬいたパンのポットに入ったシチューなど、見た目にも工夫された料理が多いのが人気の理由となっています。

プラハの料理は全体的に味が濃く、ビールが進みます。ビールは軽いピルスナーからまったりブラックまで各種あり、ワインももちろんおいしいものが揃っています。

レストラン内が分煙されていないことが多いため、煙草のニオイが気になる場合には換気のいいテラス席などを指定するといいでしょう。

▼プラハの住まい(アパートメント、ゲストハウス等)

prague7

いくつかのドミトリータイプのホステルがあり、格安で泊まることができますが、真冬を除いた多くのシーズンで満室となっていることが多く、長期滞在はしにくい面もあります。

プラハ市郊外にはプチホテルやペンションスタイルの宿があり、アクセスは若干悪くなりますが、居心地のよい個室を安く借りることができます。中には日本人の経営する食事つきの民宿スタイルのホテルもあります。

また、在住日本人が長期間帰省や旅行の間、フラットを貸し出すことがあります。日本人同士ということで安く清潔なフラットを借りられる上、光熱費やインターネットなどの費用が含まれているため、お得感があります。

▼プラハのインターネット、ネットカフェ事情

prague8

街中のカフェやレストランではフリーWi-Fiとなっているところが増えています。また、ホテルもロビーのみ可能だったり、料金制から、徐々に全館フリーインターネット対応へと変化しています。

また各家庭におけるインターネットの導入率も急速に高くなっているので、短期貸しのアパートや個人貸しのフラットでもインターネット接続できないところは少ないでしょう。

▼プラハの年間天気、気候

短い夏は、日中の気温が上がり歩いての観光がつらいほどですが、朝晩は羽織るものが必要な涼しさとなります。

日射しはあっても春秋はかなり冷え込む日もあり、日本の梅雨にシーズンにはプラハも雨が降りやすい天気が続きます。

冬は長く、寒さは厳しく、観光には十分な防寒が必要です。多くの家庭ではセントラルヒーティングが使われていますが、郊外の一戸建てなとでは暖炉を利用することもあります。

▼プラハの長期滞在まとめ

prague9

夏は短いものの日が長く、安全に街歩きできる時間は長くとれます。ただし、夏は1年でもっとも繁盛する観光シーズンでもあり、安い宿はすぐに予約でいっぱいになっていきます。

プラハ市内は大観光地ですが、プラハを拠点として訪れることのできる範囲には多くの世界遺産を含む見どころがあります。バスや電車を利用しても観光は可能ですが、住居を郊外にすることで費用を浮かせて車を手に入れれば、移動の範囲はさらに広がるでしょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  2. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…

新着記事

  1. frankfurt-germany_0
    ドイツにあるフランクフルトという街を知っていますか?ソーセージを串に挿した「フランクフルト」の街とし…
  2. victoria-974779_1280
    温暖な気候に恵まれて、バンクーバーよりもこじんまりとしたBC州の州都ビクトリアは、世界中からの観光客…
  3. walter-white-money
    内戦や政情不安などにより経済が不安定な国では、通貨価値の変動が大きく動いていきます。事情を考…
PAGE TOP