b0

僕の賢く北京でロングステイ、長期滞在する方法まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

b0

▼北京に1ヶ月滞在予算の目安

大都市北京の生活レベルには大きな差があり、現地で「普通」の生活は月5万円以下でも十分可能です。ローカルアパート、ローカル食、ローカル移動手段を使いますが、言葉が原因となるトラブル以外では特に問題なく生活できます。

ただ、外国人(日本人)として、食材を選び、住まいを選び、車を所有するとなると、その費用は2倍以上に跳ね上がります。10万円あっても足りないと感じる日本人滞在者も少なくありません。

また、北京は急ピッチで都市化が進み、家賃その他の値上がり率も激しいため、生活費は年々高くなる状況です。

b1

▼北京の物価(食料品の値段で比較)

急激な物価上昇が問題になっている北京です。特に外国人が必要とするようなサービスの値上がりには驚かされます。

外資系のスーパーマーケットで多少の英語が通じる場所では、日本以上の価格設定も少なくありません。輸入ものは総じて高く、また品揃えが偏っていて、日本人として日本の食材を求める場合、珍味のようなものばかり並び、日常的な食材や調味料をみかけないということも起こっています。

一方で、ローカルの市場は露店などでは格安の地物食材が売られていて、こちらは数十円単位と激安。品質が特に劣る様子はなく、かえって新鮮にみえるくらいです。

食費は、いかに地元の食材をうまく取り入れることができるかで、大きく変わってくるでしょう。

b2

▼北京の治安と安全対策

北京は中国中から職やチャンスを求める老若男女が流入してくる場所です。その結果、貧富の差が大きく、犯罪発生率も高くなっているのが現状です。そこには、物価の爆発的な上昇に対して、雇用状況は好転せず賃金も安いという裏事情もあります。

その一方で、驚くほどの財をなす大富豪の存在もあり、犯罪を誘発する要因がそろっているわけです。

都心部で外国人や中国人富裕層の生活圏を昼間移動している分には目立った危険を感じることはありませんが、生活レベルの違うエリアへ足を踏み入れると、不穏な空気を感じることも確かにあります。

テロや銃撃戦といった犯罪ではなく、窃盗や強盗が多いので、日本人滞在者の多くは車移動で身の安全を図ったり、セキュリティが万全なコンドミニアムで生活するなどで犯罪に巻き込まれることを防いでいます。

▼北京のビザの取得方法

2週間の短期滞在であれば、ビザはいりませんが長期滞在の場合には必要になります。30日間、または90日間の観光ビザであれば比較的容易に取得できます。

外国人が90日以上の長期滞在する場合、就学・就職・中国国籍を持つ家族の招待などのサポートがないと「外国人登録証」を取ったうえで、長期滞在ビザの申請が可能となります。

個人でも申請そのものは可能ですが、必要な書類が多く煩雑であること、必ずしも決まった通りの手続きだけでは済まないことを考えると、ビザサポートビジネス業者を通したほうが確実です。

b3

▼北京の近くの病院、医療事情(なるべく日本語が通じる)

日本語を話す医師や看護婦がいる病院は複数ありますが、北京内でも有名な外資系病院なので、医療費は驚くほどかかります。これらの病院の医療水準は問題ありません。

ただし、ローカルの病院を利用する場合には、まず言葉の壁、さらには予約がなかなか取れず待たされること、くわえて、衛生状態と医療水準への不安が少なからずあります。

格安とはいえ、ローカルの病院を利用するよりも、日本で保険に加入しておいて、安心の医療を受けられる状態にしておくほうが、滞在中の心配ごとが減ります。

b4

▼北京の交通事情、電車、バスなどのローカル移動手段

物価の急上昇が叫ばれる北京ですが、公共交通機関は現在も割安です。日本では高価なタクシーも、北京では日常的な足として利用できる料金設定です。ただ、利用者に対してタクシー数が間に合っていないため、なかなかつかまえられないという不都合があるほか、売り手市場となっているため、タクシー運転手による乗車拒否も増えています。

時間さえあるならば路線バスが安い交通手段となります。混雑時にはまず乗り込むところから戦いになり、車内ではスリ対策も必要ですが、慣れると便利な足となります。

今後は渋滞知らずの地下鉄が徐々に市内全域から郊外まで路線を拡張する予定です。料金設定はバス以上タクシー以下といったところ、地上の車両数が増えすぎて慢性的な渋滞に悩まされている北京市民の足として大活躍が期待されています。

b5

▼北京の主な見どころや観光スポット

「故宮」は外せない観光スポットです。規模が半端ないので、1日で見て回ろうというレベルではなく、滞在中に何度も足を運んで味わうといいでしょう。

「頤和園」、「円明園」などの公園は、北京市民の憩いの場でもあり、ごみごみした都心部から離れて束の間の自然な空気を味わえる場所です。ただ、時間帯によっては中国各地からの団体旅行客で大賑わいとなることもあるので、隙間時間を狙う必要があります。

「胡同」は北京の伝統的な生活スタイルを残す集合住宅です。北京オリンピック以降、その数は急激に少なくなりましたが、まだいくつか残っていて、観光用に開放されています。高層ビルとブランドショップが立ち並ぶ北京と石畳と開放的な民家の伝統的北京家屋の対照的な姿は、胡同がなくなってしまう前に見ておきたいものです。

少し郊外にはなりますが、「明の十三陵」は、明代の皇帝皇后の陵墓が点在する地域です。広大な面積なので、これは車かツアーで、ガイドを連れていくべきでしょう。

b6

▼北京の周辺にある美味しいレストランや食生活

庶民的な食堂では格安の料理を、ハイソなレストランでは見た目も味も一流の料理を味わうことができます。ただ、全体的に脂っこいので、慣れないうちは違和感を持つかもしれません。

「美味珍」は清朝の民芸家具に囲まれて宮廷風料理を味わえる超高級レストランです。一人2千円程度の宴会コースが人気ですが、要予約で6人前以上となるので、仲間を募ってでかけましょう。少人数の場合には、ランチ時を狙いますが、いつも混んでいるので、予約はやはり必須でしょう。

北京といえば北京ダックです。街を歩けば、あちこちの食堂のガラス越しにぶら下がるダックやチキンを見かけますが、あれとは違い、特殊な方法で漬け込みカリカリに焼き上げたダックは、病みつきになります。小さな食堂では扱っていないことが多く、レストラン規模の店でも、あるかどうかを確認してから入店しましょう。

北京ダックを確実においしく食するなら「大董」がおすすめ。チェーン店ですが、あぶっらこさは控えめなのにパリパリの食感が約束されます。

b7

▼北京の住まい(アパートメント、ゲストハウス等)

似たようなコンドミニアムであっても、中国人を的としたものと、外国人を的にしたものでは、その価格が異なります。極端な話、全く同じ間取りの隣同士のフラットでも、借主の国籍で賃貸価格が変わってくるわけです。

また、賃貸契約では価格交渉は当たり前。内覧時には交渉に使えそうなポイントをしっかりとチェックしましょう。ただ、大家との交渉は現地の言葉を扱えないとままなりません。たとえ有料であっても、有能な不動産エージェントに交渉を任せたほうが結果的にはお得になったりもします。

ローカルの物件は安いものの、ローカルの不動産屋でしか扱っていないことが多く、やはり言葉の壁に阻まれます。

b8

▼北京のインターネット、ネットカフェ事情

携帯でのデータ通信が発達している北京では、その料金設定も割安であり、外国人でもsimカードを購入して手軽にいつでもどこでもインターネットにつながることができます。

どうしても自宅につなぎたい場合、外国人向けのフラットであれば、設備が整っているところが多く、ショッピングセンターで客寄せをしているデスクで契約すれば数日で開通します。

b9

▼北京の年間天気、気候

日本の東北のような気候だという人がいます。

夏は暑く湿度が高いものの、期間は短いので過ごしにくい日はわずかです。秋が深まり冬が近づくと気温は氷点下まで下がる日も増えます。雪も降りますが、数日で溶けることがほとんどです。

また、北京の共同住宅はほとんどがセントラルヒーティングになっていて、室内は温かく保たれています。

b10

▼北京の長期滞在まとめ

中国の首都であり、アジアの中心都市として発展著しい北京。急速発達の陰に治安や経済に対する不安の声は少なからずありますが、変化の大きな街として、ビジネス面でも観光面でも魅力的です。

日本人滞在者も多く、生活面での不便さは年々解消されています。ただし、日本よりも極端に物価が安かった時代は過ぎ、ある程度の経済力がなければ安全に楽しく暮らすのは難しい面もありそうです。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. DSCF0785
    ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  2. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  3. IMG_8223
    ニゴンボのレストランでは店のほとんどの所がアルコールを出していなく、何処に行ってもない!と断…

新着記事

  1. owachomo_bridge
    私は世界を旅し、生の絶景を数多く観てきました。なかには、思い描いていたものとギャップがあり「…
  2. img_1
    最も人気の観光地ともいわれるバルセロナですが、あなたは何を楽しみに行きますか?バルセロナを満喫するた…
  3. book_natalie_alexandrov132043
    旅に出た、世界に出たきっかけというのは人それぞれ違い、テレビだったり、ブログやインスタグラム…
PAGE TOP