僕は素人写真家。でも月収入100万円以上だけど何か?「写真家になる方法」

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

写真家(フォトグラファー)になる方法

生意気言って本当に申し訳ありません。僕ら家族は世界を旅して世界中の人物の写真を撮っています。

写真の勉強は旅に出てから独学で始めたので、プロの方から言わせれば「下手くそ」でしかないと思う。

カメラの扱い方など細かいことを言われると、全然わからない。もちろん写真に対する思いは真剣そのものだけどね。

こんな僕らですが、写真で稼いでるお金だけで月収100万円以上。自慢できるような数字ではないけど、単純に素人の僕らでもこれくらいのお金は稼げるのだと、自分たちでも驚います。

僕が思うに、写真の質やカメラの質、そんなものに拘らなくても、売れます。

技術的な勉強も必要ないし。こんなことを言うと一部のプロの写真家に怒られそうだけど、結局は自分で撮った写真に多くの人が共感して、感動して、写真にお金を支払ってくれる人がいれば、それが「プロ」であると思う。

プロ、つまり「その世界で稼いでいる人」がイコールであって、どんなに素晴らしい写真を撮っても、それが売れなければアマチュアだと思う。

どうやって売るの?どういう写真が売れるの?

僕らが常々心がけていることは、暑苦しいほどの写真に対する思い入れと、熱意と、勇気、、、、そんなところでしょうか。

絞りがどうの、シャッタースピードだ、露出だ、なんてことは今の時代必要ないですね。なにせカメラが高性能すぎて誰でも簡単に美しい写真が撮れる時代です。

数パターンあるそのカメラのシーン選択を覚えるだけで一通りの写真が取れてしまう時代です。すべてオート、自動でこれらの調整をしてくれる時代です。

そんな時代に、わざわざ古めかしい技術を勉強し遠回りする必要はありません。その時間があるのなら、被写体に接近するための技術を身に着けたほうが断然良いと思う。

僕らの場合、人物中心の写真だけど、とにかくその人物に歩み寄り、なおかつ相手にカメラを意識させない事を常に意識しています。

異国の言葉も通じない中で、撮りたい人物に接触し撮るのは結構難しい。小さな子供なら簡単、それは相手が構えず無邪気に向こうから歩み寄ってくるからね。

しかし大人を撮るのは本当に難しいと日々感じています。

僕らが人物を撮るときの距離はその人物から60cm~せいぜい2メートル。望遠レンズで隠し撮り、なんてことも初めはしてきたけど、そんなのでは納得いく写真が撮れず、今はこのスタイルに落ち着いています。

撮りたい写真じゃないんだよね、ユーザーが求めている写真なんだよ

世界中を旅していると、いわゆる写真オタクとよく出会うんだけど、オタクなだけあって写真の話をしだすとハンパない。

このライカは〇〇年式のライカでね、、、とうんちくが始まり、レンズの話やら自分の写真技術の話しをし出すわけなのですが、聞いているほうは全然面白くないんだよね。

自称写真家と名乗る彼らの多くは、ただの自己満足で写真撮っているだけだから、はたから見ると話も写真も全然面白くない。申し訳ないけどね。

もちろん写真なんてものは感性で決まるものだから、中にはその人の写真を凄く評価する人もいるだろうから、聞き流したりはしないけど。

逆に僕の写真を批判する人なんかたくさんしるし、「こんなのは素人の写真で何にも心が揺れ動かない」なんて事もよく言われる。

でも、全然気にならない。だってそう言うけど、実際に売れてるから間違った事をやっているとは思えないんだよね。僕らのやっていることは趣味じゃないから。

はっきり言って、写真は好きだけど、撮りたいと思ったときその人に歩み寄るまでにものすごく勇気がいる。時にはとても苦痛に感じる時だってある。

異国で知らない人に歩み寄って、60cmまでカメラを接近させる事を想像してみてほしい。単純に勇気のいることだよね。

これを毎日やってると、本当に疲れ切っちゃうときがある。相手の気持ちを勘ぐりすぎて、自分の気持ちが落ちちゃう時がある。

本当に写真って大変だなって思う。もっと好き勝手に好きな写真を撮りたいと思うときもある。でも、これが商売ならやるしかない。そんな気持ちと闘っている。

つまり、「売るために」本気で撮っているわけです。

写真の売り方

印税は儲かりません。話がややこしくなるだけです。

僕らはWEBを使い、写真集を売ることで稼いでいます。それがきっかけで個展などでも稼いでいます。

WEBで売る方法はたくさんありますので、詳しくは「こちら」の書籍を参考にしてください。「旅を仕事に」という書籍でも旅でおさめた写真をどのように売っているかを書いています。もちろんそれ以外にもノマドワーカーになるための方法、実際に旅を仕事にする方法などが書かれています。

僕らが撮った写真は「こちら」から閲覧することができます。

繰り返しますが、写真の技術は素人です。お手柔らかにお願いいたします。

 

※荒れたらごめんなさい

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. dscf0860
    家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  2. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…

新着記事

  1. dscf3266
    「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  2. dscf3391

    2016/12/6

    石垣島life
    僕らがいつも石垣島で何気なく見ている風景、そして僕らの後ろ姿なんかを写真に収めてここに残して…
  3. boss-fight-free-stock-images-photography-photos-high-resolution-coffee-cafe-espresso
    コーヒーのイメージのない台湾。しかし、実は台湾人が過去に世界ラテアートチャンピオンに選ばれた…
PAGE TOP