milan-883761_960_720

全部歩ける!ミラノでオススメの観光スポット5選!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ミラノといえば、いわずとしれたイタリアの大都市。一見すると、ファッションや都会などのイメージがつきまといますが、もちろんミラノもローマやフィレンツェには及ばないものの、歴史ある街。

そんなミラノで、ぜひぜひ訪れて欲しい、5つのスポットを紹介します!

1.ドゥオーモ

milan-883761_960_720

言わずと知れたミラノの象徴!

Duomoとは、イタリア語で「街を代表する教会堂」という意味があり、特にミラノのドゥオーモは世界的に有名ですよね!

P1030036

石造りとは思えない、まるでハサミで切り取ったかのような細かな彫刻や尖塔のアーチがみられ、見る者を魅了してくれます。

church-622015_960_720

夜のドゥオーモも見事な美しさ。昼に1回、夜に1回は必ず訪れましょう!どちらも写真に収めれば、友達に自慢できるはず!

ちなみに、広場にはかなりの数のハトと、まがいものを売りつけようとする人が多くいるので、糞をかけられたり、まがい物をつかまされたりしないように注意してくださいね。

2.スポンティーニ

5ea0a3f2685fbe2bc9c36e140672bfa1イタリアといったら「薄いピザ」が有名ですよね?実はミラノにはその常識を覆すピザがあるんです!

そんなピザを食べられるのはSpontiniというピザ屋さん。本店はミラノ中央駅付近にありますが、最もオススメなのは、去年改装工事や道路舗装が終わったミラノ・ドゥオーモ店。
02-1

ここのピザ、めちゃくちゃ分厚い!ハンドトスなんてもんじゃありません。日本で食べるイタリアンピザの2.3倍はあろうかという厚さ。

1aa3e99473ef44c1f1559ab1de9d562e

胃もたれしそうなイメージをもたれるかもしれませんが、そこはさすが食の国、イタリアのピザでした。

フレッシュなトマトと濃厚なモッツァレラチーズのコクがよく合い、あっという間に完食できるおいしさでした。

ちなみにSpontini、昨年初の海外進出を果たしました!その国はなんとなんと我らが日本!!

渋谷と原宿に1号店・2号店をオープンさせ、イタリアに目の無い多くのファッショナブルな若者を魅了しています。

3.スカラ座

futta0386

ドゥオーモに比べると知名度は落ちるものの、こちらもミラノの一大観光スポット。イタリアオペラにおける最高峰の舞台とされており、ここで楽隊を率いることはイタリア人指揮者にとって最高の名誉とされています。

今日では、音楽鑑賞やオペラ鑑賞をする人だけでなく、‟スカラ座”という建築物自体の素晴らしさを一目見るために、多くの人が足を運び、見学ツアーにも参加しています。

4.ルイーニ

こちらもスポンティーニとならぶ、イタリア料理の老舗。ここも普通のピザじゃない。なんと、ピザを包んで揚げた、『パンツェロット』というスタイルをとっています。スポンティーニが創業50年なのに対し、ルイーニはほぼ130年(1888年創業)。

w630_luini_20150723164338

1個300円程度なので、ショッピングの合間にも楽しめる安さ。ちなみに私は、ヴェネツィアへ向かう電車に乗る前に購入し、車窓を楽しみながらモッツァレラチーズのパンツェロットを楽しみました!

おなかにたまるかつ、冷めても美味しいので、長距離移動にはオススメかも。

5.ヴィット―リオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

05

長い名前に驚いた方も多いと思いますが、彼、ヴィット―リオ・エマヌエーレ2世は、19世紀半ばにイタリア王国を建国し、もともとバラバラだったイタリア半島を統一した王様なのです。

そんな彼がつくったのがこのガレリア。イタリア語でガッレリア(Galleria)は『広場』という意味で、特に注目したいのがこの天井のアーチ。当時の技術がいかに高かったかが伺えます。

有名なブランド店やレストランはここの中やここ周辺に多く、ショッピングや食事を楽しみたい人は必見の価値ありでしょう!

また、アーチを抜けるとドゥオーモとスカラ座に行けるため、アクセスも抜群。

02 (1)

ちなみにこのガッレリアの中心の床には、牛を模したモザイク画があり、この牛の睾丸に靴のかかとをつけて3周回る(1周という説もあり)と、幸せになれる、と言われています。

最後に

いかがでしたか?ここまであげてきた5つの観光スポット、実はどれも徒歩10分圏内にあります。せっかくきた異国の街、ぜひガッレリア内を歩きながら、ミラノの雰囲気を楽しんでみてくださいね。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. IMG_8223
    ニゴンボのレストランでは店のほとんどの所がアルコールを出していなく、何処に行ってもない!と断…
  2. IMG_7790
    ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  3. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…

新着記事

  1. dscf3266
    「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  2. dscf3391

    2016/12/6

    石垣島life
    僕らがいつも石垣島で何気なく見ている風景、そして僕らの後ろ姿なんかを写真に収めてここに残して…
  3. boss-fight-free-stock-images-photography-photos-high-resolution-coffee-cafe-espresso
    コーヒーのイメージのない台湾。しかし、実は台湾人が過去に世界ラテアートチャンピオンに選ばれた…
PAGE TOP