1

古代の地球?別の惑星?南インドの奥のもう一つの世界「ハンピ」とは

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

13

古代の地球?別の惑星?南インドの奥のもう一つの世界「ハンピ」とは Hampi(ハンピ) / India(インド)

パッと見た感じSF映画に出てくる別の惑星の光景、もしくは古代の地球にタイムスリップしてしまったと感じるかもしれない場所があります。場所は南インドの奥地にあり、南インドを旅するのであれば、欠かせない場所の1つです。名はハンピ建造物群です。世界遺産でもあり、果てしない地平線まで続く奇岩の光景があります。

日本での知名度は低く、僕もインドに旅するまでは全く知りませんでした。南インドだからでしょうか。ただ北インドだけでなく、南インドにもたくさんの魅力があります。ここに訪れたことがある人は、この息をのむ景色に魅了されたことかと思います。今回は南インドのハンピについて紹介したいと思います。

場所はこのあたりになります。インドは広いですし、日数が決まっていて、北インド中心に旅する人やあまり日数を持っていない人は、なかなかここまで行くのは厳しいかもしれません。

スクリーンショット (5)

インドの子供たちが遠足に来ていました。

7

ハンピの魅力

ハンピは14世紀~17世紀頃に南インドで栄えたヴィジャヤナガル王国の首都でした。ハンピでは、その時代に建てられた建造物を見て回ることが出来ます。戦により破壊されたものも多いですが、それも含め石彫美術の美しいものが多いです。

また、ハンピにはたくさんの見たこともないような巨大な岩が存在しています。この岩のことを考えるだけで、もう別の世界にいるように感じるかもしれません。実はロッククライミングの名所でもあるみたいです。

そして、ハンピ最高のスポットと言えば、マータンガ山です。ハンピにもし来たら、ここを登らずして去るなんて考えられません。この頂上からの景色は…。地球の不思議さ、自然の神秘さに圧倒されます。人によって感じるものは違うかもしれませんが、僕はハンピのファンタジーの世界に魅了されました。

ハンピの見どころは広範囲に散らばっているため、歩いて回るのは厳しいです。現地のオートリキシャ(インドの三輪タクシー)を交渉して使うか、自転車・原付をレンタルしてください。ハンピの宿エリアにいくつかありますよ。僕は原付をレンタルしました。かなり広いので原付はお勧めです。南インドの歴史を感じることができるでしょう。

※ゲストハウスはハンピバザールの周辺とハンピにある川を渡った先にいくつかあります。ハンピは小さな村です。数は多いわけではありません。ハイシーズン(1月~3月初期)は混む可能性があるので注意してくださいね。

写真で紹介

ヴィルパークシャ寺院。ハンピに来たら、まず目に入る寺院です。

10

美しい石彫美術がここにはたくさんあります。

4

ハンピと言えば、やっぱり奇岩です。どこから、この岩は表れたのでしょうか。もう全く想像もできません。

6

せやっ!自然のパワーをお借りしました。

3

マータンガ山の道中です。かなり急なのと、猿がたくさんいます。

※この山、また遺跡にも猿が生息しています。持ち物の自己管理はしっかりしましょう。僕は、1人のインド人が猿に携帯を盗られ、遺跡の上から落とされ、携帯が無残にも割れるのを目撃しました…。また、急な崖も多いので高所恐怖症の人は少し恐怖を感じるかもしれません。

12

頂からの景色は…。地球の神秘さを感じることができました。

9

+α情報

宿エリアにある”CHILL OUT”というレストランのシズラーという料理がすごく美味しいです。訪れた際にはぜひ。

キャベツの中にはたっぷりのチーズと野菜と米が入ってます。辛いインドカレーばかりを食べていた僕の身体を癒してくれました。

15

アクセス

ハンピはハイデラバード・ゴア・バンガロール・チェンナイの4つの都市の間にあるので、この4つの都市からバスで向かうことになります。バスによっては、ハンピ近くの町ホスペットに行き、そこからバスまたはオートリキシャを使って、ハンピに向かいます。ホスペットからは約30分くらいです。僕はバスでバンガロール~ホスペット、そこからリキシャを使い、ハンピに来ました。およそ10時間の移動でした。どのエリアからでも長時間の移動旅になることは間違いないです。アクセス条件はあまり良くはありませんが、行く価値は本当にあります。

移動は正直疲れました。ただ、ハンピに近づくにつれて景色が変わり、疲労は興奮に変わりました。

14

最後に

紹介したのはハンピの本当にごく一部です。ハンピには美しい遺跡、岩、そこに住む人たちや暮らし、景色、まだまだたくさんあります。また夕日は本当に美しいです。もうこれは自分の目で確かめるのが1番の答えだと思います。

そして、現地でハンピの風を感じてみてください。僕は南インドのどこがお勧めか、もし聞かれたら、迷わずハンピ!って言います。今すぐ戻りたいくらいです。あまり馴染みのない南インドということや、アクセス条件はあまり良くありませんが、もしあなたがインドに訪れたなら、またハンピに興味を惹かれたなら、ぜひ立ち寄ってみてはどうでしょうか。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. img_2385
    2025km、61日間の思い出写真…
  2. IMG_7790
    ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  3. SONY DSC
    日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…

新着記事

  1. owachomo_bridge
    私は世界を旅し、生の絶景を数多く観てきました。なかには、思い描いていたものとギャップがあり「…
  2. img_1
    最も人気の観光地ともいわれるバルセロナですが、あなたは何を楽しみに行きますか?バルセロナを満喫するた…
  3. book_natalie_alexandrov132043
    旅に出た、世界に出たきっかけというのは人それぞれ違い、テレビだったり、ブログやインスタグラム…
PAGE TOP