ChichenItza

マヤ文明を体感、古代都市チチェン-イッツァを歩いてみたら

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ChichenItza

マヤ文明後期の遺構を現代に伝える 古代都市チチェン-イッツァ

古代都市チチェン-イッツァ(Pre-Historical City of Chichen Itza)は、メキシコ南東部、ユカタン半島の密林地帯に位置する世界遺産です。1988年に文化遺産としてユネスコ世界遺産に登録されました。

一般的には、チチェン-イッツァというよりも、マヤ文明の遺跡だというほうが理解しやすいかもしれません。
もともと紀元前にグアテマラ付近で発祥したマヤ文明ですが、年々勢力を拡大し、9世紀にはユカタン半島まで広がっていたのです。
世界遺産として指定されている約4平方キロメートルほどの面積のなかには、マヤの文化を現代にそのまま残すさまざまな遺構が見られます。

ただし、数あるマヤの遺跡のなかでもチチェン-イッツァが面白いのは、純粋なマヤ文明の遺跡ではないという点も大きいのです。
建造物や石碑などには、伝統的なマヤの伝承や思想には登場してこないモチーフが数多く残されており、これはメキシコで発祥したトルテカ文明の影響だと考えられています。

文明と文明の交点であったと考えると、遺跡も二重三重の深みをもって見えてくるようになるのではないでしょうか。

古代都市チチェン-イッツァの代表的な見どころ

【カスティーヨ】

El Castillo

カスティーヨ(El Castillo)は、古代マヤのピラミッドです。マヤの最高神であるククルカンを祀っており、「ククルカンのピラミッド」との呼び名もあります。現地では、神が舞い降りてくる神殿だとされていました。

高さ25メートルのピラミッドは側面が階段状になっており、4面それぞれに91段ずつ配置されています。さらに最上段には神殿があり、ここには1段の階段が存在しています。
これらをすべて合計すると、365段になります。365といえば、そうです、1年間の日数ですね。カスティーヨは暦を体現している存在でもあったのでした。

この特徴が如実に現れるのは、春分の日と秋分の日です。
カスティーヨの北側の最下段にはククルカンの頭部をかたどった彫刻があるのですが、春分の日と秋分の日の日没時には、太陽に照らされて西側にククルカンの胴体が出現するのです。
これを現地では「ククルカンの降臨」と呼んでいます。

2007年には、タージ・マハルやマチュ・ピチュなどと並んで神・世界の七不思議にも選ばれており、観光客人気の高いスポットとなっています。

【セノーテ】

セノーテ(Cenote)は泉という意味のスペイン語です。
ユカタン半島にはたくさんセノーテが存在しており、青く澄んだ巨大な鍾乳洞はダイビングスポットとしても人気ですが、チチェン-イッツァのセノーテはそれらとはひと味違います。

チチェン-イッツァにあるセノーテは青くもありませんし澄み渡ってもいません。緑色に濁った泉です。しかし、マヤ文明においては特別なスポットなのです。
その理由は、ここが聖なる泉とされていたからです。

かつてマヤの人々は、雨乞いや豊作祈願のために、このセノーテを通じて神の予言を伺っていました。その方法は、財宝や生け贄を投げ込むことです。また、女性が投げ込まれたあと、引き上げられたうえで神からの預言を語るという風習もあったようです。
近代になってからアメリカの探検家エドワード・トンプソンが潜った際には、泉の底にたくさんの人骨や財宝が沈んでいるのを発見したそうです。

【戦士の神殿】

戦士の神殿(Temple of the Warriors)は、石柱に囲まれた大きな神殿です。三層の重厚な構造は、いかにここが特別な場所として神聖視されていたのかを窺わせます。
石柱に戦士たちのレリーフがたくさん刻印されていることからつけられた名前ですが、一般的にはもっとおどろおどろしいイメージで語られやすいスポットでもあります。

その原因は、神殿の入り口部分にあるチャック・モール像です。この像のうえに、生け贄の心臓を捧げていたというのです。
神殿そのものも非常に面白い作りなのですが、内部は立ち入り禁止であるため、どうしても観光客の視点ではチャック・モール像への関心が高くなってしまうようです。

なお、チャック・モールは、マヤの本来の伝承には存在しない生物であり、ここにもトルテカ文明の影響を感じ取ることができます。

【球戯場】

Great Ball Court

球戯場(Great Ball Court)は、文字どおり球技に興じた広いコートです。実施されていたのは、今でいうサッカーによく似た競技ですが、使うのは足ではなくて腰でした。
球戯場には石でできた輪が配置されており、ボールをここに通すと得点になるというルールでした。その意味ではバスケットボールにも少し似ていたかもしれません。

ただ、この試合は単なる娯楽としておこなわれていたものではありません。古代文明における儀式にはすべて意味があるのです。
これは豊作を祈願する祭りのようなものであり、試合が白熱すれば白熱するほど、雨がたくさん降ってくれるのだとされていました。

そして選手たちも必死です。この試合の勝敗によって得られるものは、名誉や地位などではありませんでした。賭けられていたのは、なんと命なのです。そう、試合の結果によって生け贄となる人が決定されていたのでした。
ただし、勝者が生け贄とされたのか敗者が生け贄とされたのかは両方の説があるため、はっきりとしていません。

【エル・カラコ】

エル・カラコ(El Caracol)は、チチェン区域にある天文台です。カラコというのはカタツムリという意味ですが、これは天文台の上部がカタツムリの形をしていたことから呼ばれているものです。
高さ9メートルの岩のうえに13メートルの高さで建てられた天文台ですので、ピラミッドを除けば周辺ではかなり高い建物となっています。

天文台を見ることは、マヤ文明の神髄に触れることでもあります。
というのも、マヤがいかに高度な文明をもっていたかを語るとき、よく例に出されるのが暦だからです。

マヤでは太陽暦を採用していましたが、彼らは1年を「365.2420日」だと計算していました。現代の天文学による正確な数値は「365.2422日」ですから、誤差はわずか0.0002日=3分ほどです。
天体望遠鏡もなければコンピューターもない時代に、これだけの精度で暦を把握していたというのは信じがたいことでした。

暦を正確に知ることは、文明において欠かせないファクターです。農耕においても重要ですし、戦争においても大きく役立ってきます。
反対にいえば、これだけ正確な暦をもっていたからこそ、マヤ文明は繁栄を遂げることができたのだということですね。

古代都市チチェン-イッツァへのアクセス

チチェン-イッツァを訪れる際は、ユカタン半島の都市であるメリダか、リゾート地であるカンクンかのどちらかに入るのが一般的なルートです。

ともに、メキシコの首都であるメキシコシティからは飛行機で1時間半から2時間ほどの距離です。また、バックパッカーらしくより低コストでの移動を考えるならば、バスで20時間以上かけるという方法もあります。

メリダとカンクンのいずれを選んでも、チチェン-イッツァまでの移動はバスで可能です。メリダからであれば約2時間半、カンクンからであれば約3時間といったところです。
この2か所からは日帰りのバスツアーもたくさん出ていますので、アクセスに困るということはないでしょう。

なお、観光にあたってのベストシーズンは11月から4月ごろとなります。この時期は冬にあたりますが、最低気温は18度前後ですので、日本人の感覚からすると過ごしやすいでしょう。
もっとも、ユカタン半島は一大リゾートでもありますので、夏は夏でビーチで泳いだりダイビングを楽しむということもできます。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから61日目スタートからの距離2025k…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから31日目から34日目新潟県から富山県…
  3. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…

新着記事

  1. frankfurt-germany_0
    ドイツにあるフランクフルトという街を知っていますか?ソーセージを串に挿した「フランクフルト」の街とし…
  2. victoria-974779_1280
    温暖な気候に恵まれて、バンクーバーよりもこじんまりとしたBC州の州都ビクトリアは、世界中からの観光客…
  3. walter-white-money
    内戦や政情不安などにより経済が不安定な国では、通貨価値の変動が大きく動いていきます。事情を考…
PAGE TOP