image020

台湾の秘境!!小琉球の魅力に迫る!!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

image020

日本から行きやすい! 海外! 海! 島! 2泊3日!という、テーマで辿り着いた島 「小琉球」 について紹介します。

小琉球とは?

場所は台湾南部、高雄の東にある屏東県。「海上のヒスイ」とも言われています。

小琉球の3つの特色!!

  • 台湾で最良の太陽観測地点である
  • 台湾で最も多種類の珊瑚礁がある
  • 台湾離島の中で唯一全島が珊瑚礁により形成されている

地質や地形が変化に富んでおり、絶景と海鮮が楽しめます。

台湾人にとってはポピュラーな観光地のようですが日本人にはあまり知られていない秘境です!

「シャオリョウチョウ」と発音するいたいです。

小琉球へのアクセス

高雄国際空港からの行き方を紹介します。

高雄国際空港から9117番の懇丁行きのバスに乗り、約1時間。
「東港碼頭」で下車。バス停から港までは徒歩10分。

途中で、大きな橋を越えます。

846B7151-5C52-4E56-9FD4-D44568CFCB6C

すると、フェリー乗り場が見えてきます。民営と公営があり、乗り場が少し離れているので注意してください。

港

料金は、民営が片道230元、往復410元。

小琉球觀光2
公営が片道200元、往復380元。(2016年7月現在)

港から、小琉球まではフェリーで約40分。

私たちは日帰りの予定だったので、時間の都合で民営に乗船しました。

少しお腹が空いていたので、フェリー乗り場の側で塩茹でトウモロコシを買いました。

ビックリするほど美味しかったです!!

トウモロコシ

 いよいよ、小琉球へ!!

小琉球港

小琉球下船後に、民宿やレンタルバイクなどの客引きが大勢声を掛けてきます。

小琉球の面積はわずか6.8平方キロ、海岸線の長さは約12キロです。

徒歩だと約2時間で周れますが、坂が多いため、電動バイクのレンタルをオススメします。

国際免許証を持っていなくても電動バイクであれば、パスポート提示でレンタル可能です。

台湾の友人家族と一緒に、何軒も交渉した結果、1日1台200元で借りることが出来ました。

二人乗り可能です。

レンタルバイク屋さんで小琉球のマップを貰ってください。

小琉球の見どころ!!!

小琉球

どことなく沖縄の雰囲気も持った小琉球は、小さな島ですが見どころがたくさんあります。

まずは、前述のとおり、海鮮がスゴく!美味しい点です。

お腹が空いていたので港の近くで昼食をとりました。私は、海鮮麺をオーダーしました。

小琉球の島民の70%が漁業で生計を立てているそうです。

海鮮麺

お腹を満たしたところで、小琉球ドライブスタート!!

小琉球のもうひとつの見どころは、エメラルドブルーのキレイな海!!

ドライブに出れば、海の美しさをすぐに実感出来るでしょう。

シュノーケリングやダイビングといったマリンアクテビティも楽しめます。

ダイビングライセンスをお持ちの方は、沈没船なんかも見れたりするそうです。

子供が遊べる浅瀬やグラスボートなどもあるので家族旅行にも最適です。

8EED0763-042D-490E-B693-E6BF7C417EB1

また、小琉球には多くの観光スポットが点在しています。

代表的なものを挙げると、色彩豊かな寺院や、美人洞などの洞窟、小琉球のランドマークでもある奇岩・花瓶岩です。

23F15663-E395-4AE1-A681-8055B50D2940

美人洞は有料です。洞内は整備されており歩きやすくなっています。

第一遊覧区と第二遊覧区に別れており、休憩所からはキレイな海岸が見えます。

bijinndou

小琉球のランドマーク的存在「花瓶岩」。高さ約 9 メートルの珊瑚石灰岩です。

長期に渡り、海風と海水に侵食され、徐々に、上が太く下が細いという特殊な形へと変わっていったそうです。

岩の上に植物が生えていて花瓶のように見えることから「花瓶岩」と名付けられました。

F7281D5B-CC18-4CF0-A314-94BE369E2AEB

小琉球へ行く際の注意点

前述の通り、《客引き》が尋常じゃなくしつこいです。断っても、断っても着いてきます。

電動バイクは200元から借りられるので良心的なお店を選ぶようにしてください。

小琉球のホテル

私たちは日帰りでしたが、小琉球にはホテルもあり 1室 1500元 ぐらいから宿泊も可能です。

シュノーケリングやダイビングをされる方は、ホテルに宿泊され、マリンアクティビティをのんびりと楽しむことが出来ます。

海鮮などの、食!観光!マリンスポーツ!!

様々な楽しみ方が出来る「小琉球」へ、2泊3日の旅に出てみませんか?

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. NIC_NEwYork02
    ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  2. dscf0860
    家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  3. IMG_8562
    ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…

新着記事

  1. frankfurt-germany_0
    ドイツにあるフランクフルトという街を知っていますか?ソーセージを串に挿した「フランクフルト」の街とし…
  2. victoria-974779_1280
    温暖な気候に恵まれて、バンクーバーよりもこじんまりとしたBC州の州都ビクトリアは、世界中からの観光客…
  3. walter-white-money
    内戦や政情不安などにより経済が不安定な国では、通貨価値の変動が大きく動いていきます。事情を考…
PAGE TOP