hhh1

好きな仕事をしながら好きなことができるノマドワーカーになろう

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

hhh1

ノマドワーカーなら好きなことを仕事にして、好きなことをしながら日々を過ごすことができます。それは、ノマドワーカーが自由なワークスタイルだからです。
自由なワークスタイルだからこそ、好きなことがいつでもできるというわけです。

では、ノマドワーカーの魅力は何か、ノマドワーカーになるためにはどうしたら良いのか、ノマドワーカーになったら何ができるかなどをご紹介いたします。

ノマドワーカーの魅力は「自由」なところ!

ノマドワーカーの一番の魅力は、何と言っても自由が多いところです。会社員ノマドワーカーでも、フリーランスノマドワーカーでも、特定のオフィスで仕事をしている人よりもかなり多くあります。

まず、仕事をする「時間が自由」です。仕事には終わらせなければならない納期が設定されていますが、納期にさえ間に合えばいつ仕事をしててもOKです。いつ仕事を開始して、いつ仕事を終わらせるかは全部自分で決められますし、その日の予定に合わせてスケジュールを組むことも可能です。
仕事の調節をすれば、シフトで働いているとできないような週3~4日休みもノマドワーカーなら実現できます。報酬は仕事した分だけ手に入るので、調節さえしてしまえば報酬はそのままで、週3~4日休みを実現することが可能です。

そして、仕事をする「場所が自由」であるのもノマドワーカーの魅力です。仕事によっては打ち合わせで集まらなければならないこともあるかもしれませんが、基本的に作業を行う場所は自由です。
だから、特に打ち合わせなどで集まる機会の無いような仕事なら、日本に留まっている必要もありません。世界中を旅しながらでも仕事ができるというわけです。もちろん、日本に留まっていなければならない場合でも、家でもお気に入りのお店でもどこでも仕事ができますし、国内くらいなら旅をすることだってできます。

また、仕事も自由に選べます。もちろん、経験やスキルがなければ採用される確率は低いですが、基本的に自分のやりたい仕事を選ぶことができます。会社員ノマドワーカーの場合は仕事の選択肢は少ないかもしれませんが、フリーランスノマドワーカーなら、自分が得意とする仕事だけすればOKですし、仕事内容も報酬も自分に見合ったものを選ぶことができます。

頑張った分だけ報酬が多くなるのも魅力的!

hhh2

会社員ノマドワーカーの場合は、会社で固定の給料があると思いますが、フリーランスノマドワーカーの場合は基本的に固定給というものがありません。仕事をした分だけ報酬がもらえるので、頑張れば頑張った分だけ報酬が多くなります。

よくある話として、同じ時給、同じ月給なのに、自分より仕事量が少ない人もいますし、逆に自分より遥かに仕事量が多い人がいる場合もあります。これが不平等だと訴える人も数知れませんが、フリーランスなら、仕事をこなした分だけ報酬が多くなるので、このような不平等が発生することはほとんどありません。

なので、毎月のように報酬をアップさせることも可能ですし、1~2ヵ月以内に報酬が万単位で上げることもできます。

ノマドワーカーになるためにはどうすればいいの?

まず、「会社員」ノマドワーカーになるためには、やはりノマドスタイルを取り入れている会社に就職するのが手っ取り早いです。会社自体がノマドワークを取り入れていることもありますし、営業など一部の役職でのみノマドワーカーのような働き方ができる会社もあります。
また、雇わる側ではなく、自分が会社を立ち上げて経営者になるという方法もあります。経営者となると「社長」という役職になりますが、会社員であることには変わりありませんので、会社員ノマドワーカーということになります。

そして、企業に所属することなく「フリーランス」としてノマドワーカーになる場合は、クライアントと契約する必要があります。まず、フリーランスを募集しているsoho(small Office home Office)のサイトやクラウドソーシングサイトなどに登録します。
soho系のサイトの場合は、直接クライアントに自分を売り込む形になります。必要事項や経歴、自己紹介などを記入したメールをクライアントに送って、合否通知が来てから仕事をすることになります。報酬も直接クライアントから支払われます。

一方、クラウドソーシングサイトの場合は、クライアントと直接やりとりするというよりも、クラウドソーシングサイトを間に挟んで仕事をするという形になります。なので、報酬もクライアントから直接支払われるのではなく、クラウドソーシングサイト側から支払われます。メリットとしては、クライアントがクラウドソーシングサイト側に費用を先払いしていることがほとんどなので、ほぼ確実に報酬が支払われるということです。
また、1つのクライアントから継続的に依頼があることもありますし、短期的な依頼などもあるので、興味のある仕事のみ引き受けるということもできます。

それぞれメリットも使い勝手も違いますので、自分に合ったサイトを選んで仕事を探すことがおすすめです。

ノマドワーカーになるまでにやるべきこと

hhh3

まず、ノマドワーカーには向き不向きがあります。接客に向いている人・向いていない人、事務仕事に向いている人・向いていない人がいるように、どんな人にも向いている仕事なんてありません。
ノマドワーカーは自由度がとても高い働き方ですが、このような働き方に向いていない人もたくさんいます。なので、いきなりノマドワーカーになるのはおすすめできません。

雇われる側の会社員ノマドワーカーなら、なんとかなる部分もありますが、フリーランスノマドワーカーの場合は向き不向きがはっきり別れるように思えます。
なので、フリーランスノマドワーカーになる前に、まずは興味のあるフリーランスの仕事を一度やってみるのがおすすめです。
フリーランスの仕事の中には、1日1~2時間程度でできるものもありますし、短期的なものもあります。このような軽い仕事量なら、今の仕事を続けながらでも両立することができると思います。予め、どんな感じの仕事をするのかというのが把握できていれば、事前に向き不向きがわかるようになり、仕事を辞めて後悔するということもほとんどありません。

ノマドワーカーになったらできること

hhh4

では、ノマドワーカーになったらどのようなことができるようになるかご紹介いたします。

まず、自分の趣味の時間を確保することができます。仕事が忙しくて、朝早くに出社して夜遅くに帰るような生活では、自由に趣味を楽しむ時間が確保できません。しかし、ノマドワーカーになれば、時間を自由に調節できるので、自分の趣味を楽しむ時間が確保できるようになります。
時間が確保できるということは、家族と一緒に過ごす時間を増やすこともできますし、お子さんがいるなら行事事やお迎えなどにも行けるようになります。

また、時間を調節することができるので、平日に休むこともできます。世間は土日休みが基本ですので、土日に遊びに行くとどこも混んでいますが、平日に休みをとれば、いつも混んでいるショッピングモールだって映画館だってカラオケボックスだって、基本的にはどこも空いています。なので人混みを気にすることなく遊ぶことができます。

逆に、平日しか今まで休むことができなかった人は、土日を休みにして、友人や家族と休みを合わせることができるようになります。休みが合わずになかなか遊びに行けなかったという人も多いと思いますが、ノマドワーカーになれば好きな日を休日にできるので、今まで我慢してきたことができるようになります。

中には、世界中を旅して、色々な景色を見て、色々な経験をしながらノマドワーカーとして仕事をしている人もいます。ノマドワーカーになれば、今まで実現できなかった好きなことができたり、やってみたかったことに挑戦することができるようになります。
普通に特定のオフィスで働いているような生活ですと、このような自由な生活を送ることはできません。ノマドワーカーだからこそ、このようなことができるようになるということです。

あなたもぜひ、ノマドワーカーになって、自由な生活を送ってみてはいかがでしょうか。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから61日目スタートからの距離2025k…
  3. img_2385
    2025km、61日間の思い出写真…

新着記事

  1. dscf3266
    「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  2. dscf3391

    2016/12/6

    石垣島life
    僕らがいつも石垣島で何気なく見ている風景、そして僕らの後ろ姿なんかを写真に収めてここに残して…
  3. boss-fight-free-stock-images-photography-photos-high-resolution-coffee-cafe-espresso
    コーヒーのイメージのない台湾。しかし、実は台湾人が過去に世界ラテアートチャンピオンに選ばれた…
PAGE TOP