子連れ日本一周自転車旅~新潟駅から長岡市~キャンプ旅始まる?!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

※写真:yuuma family

スタートから27日目から30日目
新潟県長岡市
スタートからの距離972km
今日の走行距離45km

本日の旅ノート

目的地に着いてから飯を喰う場所がない事を知り、夫婦だけで往復10kmの買い出しに行った。いつもなら滅入ってしまうはずだけど今日はなんだか足取りが軽い、それもそのはず、今日は大きく旅のスタイルが変わった記念日だ、僕らの旅のツールに「テント」が加わった記念日。

日没まであと1時間、マジックアワーと言われるこの時間帯は僕らが一番好きな時間。空の色が広大な田んぼに写り込みオレンジ色にキラキラ輝いている、そして少しづつ空の色が深い赤に変わり、地平線はグリーンに染まっていく。この光のコントラストは世の中で一番美しいと僕らは思う。

そういえばこの旅でこの時間帯に走った事はまだ一度もなかったな、それに二人だけで走るのも初めてだ、「あと数年すればこうやって二人で走る事になるんだよね、子供たちが旅立っていくのは寂しいけど、二人の時間も悪くないね」なんて、話しながら久々に二人の時間を満喫できたいい時間だった。

日没数分前に子供たちの所に帰ってこれた、そこで四人で夕日を見た時間も最高だった。

走り出してから27日目、とうとうテントを買う

海沿いの宿は高い、高すぎる。秋田県に入ったあたりから4人1泊25000円以上の民宿泊が続き出費が痛い。さらに昼飯も海沿いはやたらと高くつく。別に毎日温泉に入って割烹が喰いたいわけじゃない、僕らはもっとこう、こじんまりとした汚ナシュランとか、煙臭い昔ながらのホルモン屋とかで時間を過ごす方が好きだから、宿代はできる限り安く抑えたい。

そんな理由でテントを買ってみた。毎日キャンプはちょっと僕らの旅のスタイルと違うから、町のない海岸線とか、安宿が無い田舎町だけでもキャンプ場でテントを張ることにした。

テントやら寝袋やらで出費10万は果たして元が取れるかどうか微妙なところだけど、まあ、アウトドアはみんな大好きだし、楽しさを加算すれば絶対に元が取れるかな。

あと、テントは意外に重かった。

今日美味かった食べ物

ピア万代島鮮魚センターにある炭火焼の魚たち。香ばし炭火の香りに誘われて見つけた。みんな腹が減っていたので丸ごとかぶりついて食べた。

今日の宿

宿名:角田浜キャンプ場 3700円 和島オートキャンプ場 3000円

宿泊料金:平均3350円 キャンプは安い!

雰囲気:和島のおじさん方はとっても親切、そして僕らのチヤリ旅に興味津々で「すごいなぁ~」の連発。

人:親切

子供たちの一言と成長ぶり

ママ:(子供たちの成長ぶり)

新潟駅~角田浜キャンプ場

自転車旅で初めてのキャンプ泊。まだシーズンではないので子供たちは冷たさに耐えながらも冷たいシャワーを浴びていた。5キロ先にコンビニしかなく(往復で10キロ、これがまたきつかった!)私と主人だけで夜ご飯を調達しに行き、素晴らしい夕陽を見ながら食べたコンビニ飯は最高に美味しかった。
朝、ゆいは寝不足な中、自転車の空気を一生懸命入れていた。勉強も身の回りの事も全て自分たちでやり遂げている姿をみるととても愛おしく思う。

yui(長女):

今日は朝昼ごはん一緒で、その後、自分たちの好きなフルーツで作ってくれるアイスを買ったけど、メロン、イチゴ、カボチャで変な色になって面白かった。今日の25キロは長く感じた。夜は寒すぎて寝れず最悪だった。

aki(次女):

今日は25キロ走った。テントを買ったので初めてキャンプ場で泊まった。毛布がないから死にそうになるくらい寒かった。今日は5時間くらいしか寝れなかった。

+

今日はお休みデイ&バーベキュー&キャンプをした。お昼の焼きそばは味が薄めでカレーは濃いめで美味しかった。もうすぐ自転車で1000キロになるから楽しみだな~

今日のベストショット

20160528_184909

※写真:yuuma family

子連れ自転車日本一周ブログについて

旅のテーマ

子連れ世界一周の旅を終え最後に選んだ場所は日本。僕らの旅は楽しいだけじゃ成り立たない、いつでも「挑戦」というスパイスを加えて旅をより充実したものにする。

日本もだらだらと目的を持たずに旅をするのじゃつまらない。そこで選んだのが「北海道から沖縄県石垣市まで自転車を漕ぐ」という目標、それも子連れというわけだ。

小さな旅のルール

ガイドブックは持たない、インターネットで旅の情報を集めない、情報は旅先で出会う人々から手に入れる。

野宿はしない。必ず宿やキャンプ場などの有料施設を使う。これは旅をしながら稼ぐという経済的な面での挑戦。日本は安宿でも家族4人となると一日2万円近くになる、と思う。節約や交渉は大いにするけどね。

人との出会いを大事にする。それは人情味あふれる酒場、宿、商店などを好み、チェーン店や大型スーパー、コンビニなどを避けながら旅をするという事。

期間は長女の中学3年2学期が始まる前までにゴール。おおよそ2ヶ月。一日概算40km走行…無理はしない。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 写真:Yuuma Familyインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎイン…
  2. NIC_NEwYork02
    ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  3. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…

新着記事

  1. 201612114
    誕生日、クリスマス、お正月、もらったプレゼントやお金のすべてを寄付する、言葉にすれば簡単なよ…
  2. istock-000014228017medium
    日本人に大人気の観光地、タイ。中でも首都のバンコクには毎年たくさんの観光客が世界からやってき…
  3. rdfwse
    キャンピングカーでアメリカ横断すのは人生で一度は憧れる人も多いのではないでしょうか。しかしア…
PAGE TOP