hostel3

海外の安宿・ゲストハウスの上手な使い方マニュアル

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

バックパッカーにとってのゲストハウスとは

バックパッカーの宿泊先としてまず第一候補に挙がるのは、ゲストハウスではないでしょうか。
安価な料金で宿泊ができることはもちろん、ほかのバックパッカーとの出会いに期待できることもゲストハウスの魅力だといえるでしょう。情報交換にもうってつけです。

利用したことがない人にとっては敷居が高く感じるかもしれませんが、必要以上に緊張することはありません。周りの利用者も多くがバックパッカーなのですから、案ずることは何もないのです。

さて、それではゲストハウスとはどういった宿泊施設なのでしょうか?
本来、ゲストハウスという言葉にはさまざまな意味があり、文脈によってその定義は異なってきます。語義どおりに捉えれば、「ゲストのための家」ということになります。

たとえば、迎賓館の英訳は「The Guesthouse」です。一般家庭においても来客用の別館が用意されていれば、それもゲストハウスと呼ばれます。この場合はくつろぎやすく豪華な環境であることも多いでしょう。
また、賃貸型の安価なシェアハウスをゲストハウスと称することもありますが、これは日本特有の表現です。混乱を招くおそれがあるので外国の人に対してはこの意味では使わないほうがよいでしょう。

バックパッカーにとってのゲストハウスは、これらとはまったくの別物です。豪華ではありませんし、賃貸契約を交わすわけでもありません。
ここでは、バックパッカーの旅に欠かせない、「安価な簡易宿泊施設」としてのゲストハウスについて詳しく解説していきましょう。

なぜ安い? ゲストハウスの特徴

ゲストハウスは安価で宿泊することが可能ですが、もちろんそれには相応の理由があります。

まずはなんといっても、サービスが最小限まで省かれていることでしょう。ゲストハウスは基本的に素泊まりの宿ですし、シーツも宿泊客自身が敷くことになります。食事は用意されておらず、あったとしても簡易的なカフェテリア程度でしょう。トイレやシャワーも共同です。アメニティグッズも有料です。
特に海外においては、ゲストハウスはほとんどがドミトリー(相部屋)ですし、部屋のしきりがベニヤ板1枚のみということだってめずらしくありません。

まさしく、宿泊施設としての最低限の機能だけをもっているのがゲストハウスなのだとおわかりいただけるでしょう。

しかし、これで何の問題もないのです。
バックパッカーの旅において、宿に求められるのは雨風をしのげることだけです。旅を安価に長く続けることが大事なのですから、豪華なサービスにお金をかけていてはもったいないとは思いませんか?

また、旅慣れたバックパッカーたちであればゲストハウスならではの楽しみ
かたも知っていますので、好んでゲストハウスに泊まろうとする人も少なくありません。

ゲストハウスについての誤解

ドミトリー・ゲストハウス

詳しく知らない人からすると、あまりに安い宿というのも不安になってしまうかもしれません。
日本には「安物買いの銭失い」という言葉があります。英語でも「Penny wise and pound foolish.」という似た意味のことわざが存在していますし、こうした戒めは世界共通の感覚なのでしょう。

ゲストハウスについても、以下のようなイメージをもたれがちです。

  1. 衛生管理の行き届いていない不潔な宿なのでは?
  2. 対応が不充分なスタッフばかりなのでは?
  3. セキュリティ面に不安があるのでは?

しかしながら、いずれも誤解です(あくまでも「その国の平均的な基準」に沿っての話ですが)。
一部にはこういった劣悪なゲストハウスも存在しているかもしれませんが、そうした宿は自然と淘汰されていきます。ある程度人気が高く、長く続いているゲストハウスであれば、格別の不満を感じることはないはずです。

もちろん、あくまでも簡易宿泊施設なので、過剰な期待は禁物です。ですが、期待しすぎなければ、必ずやゲストハウスはバックパッカーにとって居心地の良い空間であるはずです。

ゲストハウスならではの楽しみかた

バックパッカーの旅の醍醐味は、なんといっても出会いです。生まれも育ちも宗教も肌の色も違う人々と交流し、旅にスパイスを与えてもらうというのは、パッケージツアーの旅行ではなかなか経験できないことでしょう。

ゲストハウスという必要最低限の設備しかない場所だからこそ、バックパッカー同士の交流も盛んなものとなります。
その日はじめて会ったばかりの人と共有のキッチンで一緒に料理をしたり、お酒を飲んだり、気が合えば一緒に観光に出かけることもあるかもしれません。

なにより、情報や物品の交換がしやすい環境だというのが魅力的です。バックパッカー同士、必要としている情報や物品は共通していますから、大勢集まっていればお望みのものを手に入れられる確率も必然的に高まるわけです。
特に、かさばる防寒具などは、荷物に加えずに現地で調達して現地で手放すのが基本です。ひとつの服が同じ地に留まり、何人ものバックパッカーたちに受け継がれていくと考えると、なんだかロマンティックですね。

ゲストハウスを利用する際の注意点

複数の宿泊客が各設備を共有で使うという特性上、ゲストハウスの利用の際には気をつけなければならない点がいくつかあります。

まず、当然ですが、共有の設備や道具はきれいに使う必要があります。トイレやシャワールームの使いかたに関しては、特に気をつけたいところです。スタッフによる清掃もあるでしょうが、常に清潔に保っておこうとする心がけが大切です。

ドミトリーの場合には、消灯時間にも留意しましょう。宿泊者にもそれぞれ事情があります。夜遅くまでわいわいとコミュニケーションを楽しみたい人もいれば、翌朝早く出発したいという人もいるでしょう。
基本的にゲストハウスは「泊まれればよい」という施設なのですから、眠りたい人が最優先です。夜更けまで会話を楽しみたい場合には、共有スペースで行うようにしたいものです。
また、ゲストハウスには門限がないことも多いですが、帰ってきたときに同室の利用者が先に寝ていたら、できるかぎり物音を立てないような気配りも持っていたいですね。

大勢の人間がいれば、ほかの利用者のなかにはマナーが悪い人もいるかもしれません。しかし、あなたはあなたです。「自分だけでもきれいに使おう」という心がけをみんながもっていれば、全員にとって快適な環境が維持されるはずです。
一期一会のバックパッカーだからこそ、跡を濁さずに過ごしたいものですね。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  2. IMG_8562
    ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…

新着記事

  1. 3536b23
    いくら注意していても、たくさん旅をしていると何度かはハプニングに遭遇するものです。長旅だと尚…
  2. 056
    カナダの国技、アイスホッケーカナダの国技といえばアイスホッケー。カナダ国民に愛され、試合の日…
  3. money
    航空券やホテルの手配を終えていざ旅するときにするべきことといえば両替です。外貨両替はどこです…
PAGE TOP