wa0

心も体もハッピー!ワンダーラスト・ヨガ・フェスティバルに参加

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

wa0

心も体もハッピー&ヘルシーに「ワンダーラスト・ヨガ・フェスティバル」(Wanderlust Yoga Festival)/アメリカ各地

ヨガのフェスティバルも音楽フェスティバルも世界中で開催されていますが、この二つが合体した大イベントは想像していませんでした。

ワンダーラスト・ヨガ・フェスティバルは、ヨガをコアとはしますが、「心と体が喜ぶ」ことにつながるすべてを含むイベントです。

wa1

ワンダーラスト・ヨガ・フェスティバルの特徴

「ワンダーラスト」とは「彷徨い追い求めること」を意味し、何かに対するあくなき探究心や追慕などを表します。このイベントの場合は「ヨガ」の精神をとことんまで追求することを表現していると考えてよさそうです。

その証拠に、イベント内容は超有名ヨギやヨギーニによるセッションがあるのは当たり前として、ダイエット(食育)講座、講演会、瞑想コーナー、アクロバティック・ヨガ体験、ダンスレイブ、アウトドア体験など、ヨガにつながっているような・いないようなの両方が混在しています。

でも、目指すのはただ一つ、ヨガ精神に則ったスピリチュアルな癒しを受け、新たなインスピレーションを得ることにあります。ヨギやヨギーニではないヨガ初心者には難しい感覚かもしれませんが、ようするに、心も体も「気持ちい~」がてんこ盛りのイベントなのです。

wa2

ワンダーラスト・ヨガ・フェスティバルの開催会場・開催日

アメリカ各地に加えて、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、チリなどにも広がっています。

アメリカ北カリフォルニアのスクワーバレースキーリゾートでの開催が有名です。山も湖もあるアウトドア基地タホ湖の近くでパワースポットとしても知られ、ワンダーラストの最初の開催地でもあります。

また、近年名を上げているのが、ハワイオアフ島のタートルベイリゾートで開催されるオアフバージョン。山のパワーはタホ湖に負けるかもしれませんが、ゆったりした「気」はオアフの方が濃そうな気もします。

また、開催場所が増えた分、開催日程にばらつきができ、その地域ごとに季節に合わせた開催日を予定しています。

例えば、スクワーバレースキーリゾートなら夏、オアフタートルベイリゾートなら冬に開催されます。会期は3~7日間程度。参加はその中のごく一部だけでも、フルセッションでも可能。無料で参加できるプログラムも用意されています。

wa3

ワンダーラスト・ヨガ・フェスティバルの歴史

超大規模なヨガレイブともいえるこのイベント、まだ新しいものですが、アメリカで始まりアメリカ全土に広がり、近年では世界各地にその熱が伝わりつつあります。

ヨガの歴史は古く長いものですが、ヨガが個人的な活動から団体的な活動へと発展したのは最近のこと。アメリカを中心に爆発的に「ヨガ」や「瞑想」、「気」といった感覚が流行し、生活に取り込まれるようになり、その結果大規模なイベントが各地で開かれるようになったのです。

wa4

ワンダーラスト・ヨガ・フェスティバルのイベント

ワンダーラスト・ヨガ・フェスティバルそのものが、数えきれないイベントの集合体です。

ヨガ関連のイベントだけにしぼっても、スーパーレイブ形式の集団ヨガもあれば、最新のアクロバティック・ヨガやカップル・ヨガの体験もあり、はたまた、水面に浮かべたパドルボードの上でのヨガといった変わりダネもあるというバラエティに富んだ内容になっています。

そのほかには、ヨガに通じる食事の講習会、ヨガ理論の講演会、ヨガグッズの即売会、そして熱狂的な音楽に合わせてのダンスレイブ。

ヨガ初心者や上級者は当然、ヨガに特別な興味を持たない人であっても十分に楽しめるイベントが盛りだくさんです。

実際、会場ではヨガにハマっている彼女に付き添う男性の姿も多く見かけます。ヨギ&ヨギーニカップルとは一線を画すちょっぴり場から浮いたそんな男性たちも、いくつかのセッションに参加するうちにみるみるハマっていくのが分かります。

wa5

ワンダーラスト・ヨガ・フェスティバルの食べ物

美味しいドリンクや食べ物がたっぷりと用意されています。ただ、想像できるように、世間一般でいう美味しいものよりも、体細胞が喜びそうなものが中心です。

たとえば、カットフルーツの盛り合わせ、フルーツや野菜を使ったフレッシュジュース、ビーガンのための代替食など。

特に、アメリカの街中ではなかなかお目にかかれないようなヘルシーフードが目白押しです。

スポンサーによる無料配布もあれば、有料のものもあり、またセッションのチケットで割引されるものもあります。

また、食べ物とは少し違うものの、会場内ではアロマミストが使われていることがあります。ヨガのワークショップ会場で提供される、絶妙にアレンジされたアロマミストは、ヨギとヨギーニにとって、最高のご馳走です。

wa6

ワンダーラスト・ヨガ・フェスティバルの記念品

実際に体験したこと、学んだことがまさに記念品となるでしょう。1日に100種類をこえるヨガクラスがあることから考えても、未体験のヨガに出会える可能性はかなり高確率です。

また、有名ヨギやヨギーニによるワークショップのDVDは形として残る記念品の一つです。

wa7

用意するもの

ヨガマットは必須。貸し出しや販売もありますが、使い慣れたものを持っていくのがベストです。

また、ワークショップ以外でも、会場内のいたるところで自由にヨガ活動が可能です。実際に、あっちの木陰ではカップルがアクロバット・ヨガを、ハイキングコースの途中でも、グループで休憩を取りながらストレッチ・ヨガをといった感じで、フェスティバル中の会場は、いたるところでヨガ。

でも、地面には草ばかりでなく砂もあれば石ころもあります。できれば少し厚めのマットとさらにその下に敷くアルミマットなどを用意しておくのがおすすめです。

また、世界中からヨギとヨギーニが集まってきます。素晴らしい出会いもたくさん。今後も連絡を取り合いたいと思うのは当然ですが、彼らの中には主義として携帯電話を持たない人が少なからずいます。そんな場合に備えて、自分の情報を記したネームカードを用意しておきましょう。

wa8

参加できること

あらゆるセッションに参加できます。有料もあれば無料もあり、予約が必要なものも飛び入り参加が可能なものもあります。

普段はとても予約が取れないような、ヨガ界のスーパースター的存在であるヨガインストラクターのセッションを受けることも、フェスティバル中は超巨大会場を利用するため可能です。

初心者専用コースやインストラクターコースといった、レベルや目的別のクラスもあります。子連れセッションだってあります。

夜は陽気に盛り上がりたい人向けのレイブがあり、リラックスしたい人のためのスパやマッサージコースもあります。

wa9

一番の見どころ

やっぱり数百人規模のヨガ・ワークショップでしょう。

そこらにある体育館の数倍はある巨大テントが張られ、その下にぎっしりとヨガマットが敷き詰められます。もちろん1枚のヨガマットに1人のヨギかヨギーニがポーズをとります。

中央にはステージが作られ、スーパーインストラクターがマイクを通じてヨガの世界へと導いてくれます。

参加するのはもちろん最高に気持ちがいいのですが、数百人が同じポーズを決め、呼吸を合わせる様子をみるのもまたいい経験になります。

サーカスチックなアクロバット・ヨガや人気のシルクリボンを使ったエアリアル・ヨガ、綱渡りをしながらポーズをとるスラックライン・ヨガなど、珍しいスタイルのヨガを間近で見て、体験もできるチャンスは、ほかではそうそうありません。

wa10

まとめとして

アメリカ大陸の雄大な大自然の中でも、ハワイの波の音が届く浜辺でも、大都会の真ん中の巨大な公園でも、ワンダーラスト・ヨガ・フェスティバルは開催されています。

参加者たちの多くは、ホリデーリゾート気分を味わいながら、ヨガの技を磨いたり、ヨガの理論を学んだり、ストレスフリーな感覚を参加者たちと共有したりして過ごします。

ヨガは世界にすっかり浸透していますが、このワンダーラスト・ヨガ・フェスティバルはまだ始まったばかり。日本での開催も未定ですが、近い将来にはきっとやってくることでしょう。

チャンスがあれば「体験」してみたい心地よさがそこにはきっとあるはずです。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. NIC_NEwYork02
    ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  2. IMG_8223
    ニゴンボのレストランでは店のほとんどの所がアルコールを出していなく、何処に行ってもない!と断…
  3. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…

新着記事

  1. owachomo_bridge
    私は世界を旅し、生の絶景を数多く観てきました。なかには、思い描いていたものとギャップがあり「…
  2. img_1
    最も人気の観光地ともいわれるバルセロナですが、あなたは何を楽しみに行きますか?バルセロナを満喫するた…
  3. book_natalie_alexandrov132043
    旅に出た、世界に出たきっかけというのは人それぞれ違い、テレビだったり、ブログやインスタグラム…
PAGE TOP