sm0

楽器を持って海外放浪。チップ文化を生かして小銭を稼ぎながら旅をする

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

sm0

はじめに

駅前や街角での小さなコンサート。聞こえてきたのが好きな曲だったり、ちょっと声がよかったり、チラリと見えた演奏者がカッコ良かったりかわいかったり、または、人だかりができていたりすると、つい足を止めて見て聞き入ってしまいませんか?

日本でも一部の公園や通りでは定期的に行われてきた路上演奏ですが、この頃は駅前や人通りのある路地や交差点などでも見かけるようになりました。

彼らの中には、音楽関係者の目や耳に止まってデビューすることが目的だという本気の大物もいれば、ただ好きな音楽を人に聞いてもらいたいだけというボランティアか公開練習ムードの人もいます。

そしてさらには、楽器のケースやひっくり返した帽子や空き缶を置いて、収入を得ることを目的としているケースも意外とあります。そんな路上プロ音楽家は世界を旅してみると大勢見かけます。

音楽を愛でる気持ちは万国共通。楽器演奏や歌声に実力と自信があれば、世界のどこでもチップを稼ぐことができるのです。

sm1

どんな人が向いている?

演奏家・音楽家としての技術や実力は高いにこしたことはありませんが、路上演奏の場合には、それだけでは十分なチップを受け取ることができません。

奏でる音楽に人を惹きつけるある程度の魅力が必要なのはもちろんですが、演奏する本人にも何かしらの魅力がなければ、人は通りかかって音楽を耳にしても、足を止め、チップを投げてはくれないのです。

では、どんな魅力が必要かというと、いろいろな可能性がありそうです。見た目の格好良さも一つの能力でしょう。奇抜なスタイル、選曲や演奏の合間のMCなども通りがかる人々に強い印象を与える助けとなります。

恥ずかしがってモジモジしてしまうようなタイプの演奏家や、つまらなそうにしているタイプでは、いくら演奏が素晴らしくてもチップは集めにくいのです。

路上演奏は1に度胸、2に愛嬌、3、4がなくて5にようやく実力といったところでしょう。

sm2

どんな楽器が向いている?

世界を放浪する旅の途中ですから、持ち運びできる楽器に限られます。ピアノなど、持ち運びはできなくても設置されていることの多い楽器であれば不可能ではありませんが、ピアノを置いているレストランやカフェなどに飛び込みで入って、演奏させてもらいチップを集めても咎められないだけの、度胸と交渉術が必要になります。

その点、ハーモニカや小ぶりな管楽器・弦楽器・打楽器などなら、かさばらず旅の間も持ち運びが自由です。

また、人の集まる場所で路上演奏をしようとすると商売敵がいる場合もあります。そんな時、珍しい楽器を持っているとより注目を受けやすくなって有利です。ほかの楽器とコラボしやすいものもおすすめです。

sm3

どんな場所が向いている?

人が通りかかるか集まる場所でなければ、いくら演奏をしたところでただの自己満足になってしまいます。

また、ほかの音がある場所もおすすめできません。交通量の多い道路沿いや線路の近くなどは避けましょう。消防署や警察署、学校の近くも嫌がられたり立ち退くよう勧告されたりすることが多いので予め演奏場所として選ばないほうが無難です。

時間にしばりがある学生やビジネスマンが多い場所では素通りされてしまうことが多いので、観光、ショッピングや飲食などの立ち止まる時間の余裕と金銭的余裕の両方を持つ人の多いエリアがおすすめです。

また、路上でチップを稼ぐ仲間が互いの音や客層が被らない範囲で近くにいたほうが、ポツンと一人で活動しているよりも、人の足は止まりやすく、自然とチップも集めやすくなります。

sm4

稼げる人と稼げない人の違いは?

演奏をしている人は意外なほど多くても、実際に稼ぎといえるほどのチップを得ている人は多くありません。それは、自分自身が、路上などでの演奏にどの程度のチップを渡しているかを思い出せば自ずと知ることができるでしょう。

ところが、成功している演奏家の中には、1日の食や住を賄うのに十分な収入を得ている人もいます。そんな上級路上演奏者と、前に置いた空き缶に、数枚の小銭がしか入っていない人との差はどこから生まれるのでしょうか?

まず、人を集めるだけの魅力が必要なのは当然です。その上で、彼らに財布を取り出してそこからチップを抜き取ってもらうには、演奏に対する「チップ」の存在をはっきりと認識してもらう必要があります。

お賽銭箱と同じです。賽銭箱の向こう側に鎮座されているだろう神様が自分の願いを叶えてくれそうだからこそ、お賽銭をはずむのです。空き缶の向こうで行われている演奏と人にそれだけの価値があると認め、チップを払う必要性を感じない限りチップは集まりません。

まずは「チップ」を集めていること、そのチップで「生活」または「旅」をしていることを聴衆にしってもらう必要があります。多くの路上演奏家や大道芸人たちがポスターや看板を置いて通行人の注意をひいているのにはそんな理由があるのです。

また、演奏の合間に堂々と「チップ」を要求することも大切な手順です。すすんで「払いたい!」と思っている聴衆はいません。求められて納得して初めて財布を取り出すのです。

sm5

「どのくらい稼げるのか?」ではなく、「どれだけ稼ぎたいか?」

チップだけで大金持ちになるのは無理だとしても、成功している放浪演奏家の中には、旅の必要資金を十分まかなえるだけの額を稼いでいる人もいます。

問題は、「どれだけ稼げるか?」ではなく「どれだけ稼ぎたいか?」・「どれだけ稼ぐ必要があるか?」なのです。

アジアの物価が安い国の街角やクラブなどで演奏しても、名の知れたアーティストでない限り、チップの単価はしれています。高収入はあまり期待できません。でも、その国で旅をするために必要な経費も小額ですむため、トントンで賄うことができるでしょう。

一方で、ヨーロッパやアメリカなどの物価の高い地域の場合には、場所や実力次第では、チップ単価の高い場所でかなりの高収入を得ることもできますが、経費がかさむため、かなりのやり手であってもやはりトントン。

口コミで人気を集め、1週間の演奏ローテーションがある程度決まっているような放浪演奏家にまでなった人だけが、現実的に必要な収入を超えたチップや名誉も手にすることができます。それ以外の旅に楽器を持ち込んだ放浪者たちはちょっとした小銭稼ぎで精一杯でしょう。

sm6

不法就労にならない?

路上で稼いだチップや飛び込み演奏で稼いだチップが収入とみなされて税金がかかったりすることはないのでしょうか? 収入がある以上、不法就労とみなされることはないのでしょうか?

原則として、世界全体で不法就労に対する取り締まりが厳しくなる一方なので、「収入」があればそれは「就労」であり、就労ビザを持たなければ「不法就労」となります。こう考えると、演奏によるチップでなく、小銭を得るための物乞いもビザがなければ「不法就労」にあたるわけです。

ただ、大道芸に対して理解のある国では、「大道芸許可」のような届出をすることで、一定の場所や時間内に大道芸を披露してチップを稼ぐことが許されることもあります。そうはいっても、大道芸で正規の就労ビザを取ることはほとんど不可能に近いので、外国人の場合には不法であることに変わりはありません。

多くの旅の芸人たちは、それらのルールや法を潜り抜け、怒られたり追い払われたら別の場所へ移動するという方法で細々と活動している場合がほとんどです。

sm7

まとめとして

日本人バックパッカーや世界一周中の旅人の中には、「大道芸」を世界中で披露して日銭を稼ぎながら旅を続けている例があります。

彼らはもちろん正規の就労ビザを持っているわけではありませんが、行く先々でちょっとした芸を見せ、その対価として小額のチップや、食事や寝床といった旅に必要なものをカンパしてもらっています。それを咎められることは多くないようです。

ただ、その存在が目立ちすぎ、収入が大きくなってくると、警察も黙っていられないかもしれません。

音楽という能力を持つ旅人は、それでがっつりと収入を得ようと考えるのであれば、なんらかの方法でビザを。ちょっとした小遣い稼ぎであれば細々と、物々交換やカンパの感覚で臨むのが得策とまとめておきましょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  2. SONY DSC
    日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…
  3. 夜のエッフェル塔エッフェル塔の裏にある公園。ほかの人たちは高台へ上がっていて貸切状態。…

新着記事

  1. red
    みなさん、ミャンマーは実はワインの名産地だということを知っていましたか?ミャンマーを訪れる観…
  2. cs_promologoorangerevrgb_fullsize
    みなさん、カウチサーフィンをご存知ですか?世界中の旅行先で、無料で泊めてくれる人を探すことが…
  3. barista
    日本でも大人気のスターバックス。繁華街のスタバ店内はいつもイス取りゲーム状態です。海外ほとん…
PAGE TOP