22350428_main

海外で高山病&食中毒になってしまった!その時の原因や対処法(その2)

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

前回の投稿では、南米ペルーの街、プーノを訪れた際に、食中毒と高山病にまとめてかかってしまったお話をしました。今回はその過酷な状況からどうやって立ち直ったかについて振り返りながら、なにか皆さんのお役に立てれば幸いだと思っています。

1、ポットの水は飲まなかった

22350428_main

まず以外に思われるかもしれませんが、ポットで沸かしたお湯は飲まないようにしました。一見意外に思われるかもしれませんが、プーノは標高3800mの高地です。普段であれば、ポットで沸かしたお湯は100度まで沸騰するはずですが、気圧が高い高地では沸騰に70-80度程度しか必要ありません。そのため、完璧に煮沸消毒を行えているのか不安になり、飲むのをやめておきました。そのため、買いに行くのは少ししんどかったのですが、市販のペットボトルのものを買って飲むようにしていました。

2、酸素ボンベをつける

IMG_3014-e1434617659821

もちろん日本から酸素ボンベを持っていたわけではありません。実はペルー、高地にあるホテルの場合、酸素ボンベを備えておくことを義務付けられている場合があるのです。そして、それがあるのは、三ツ星以上のホテルやホステルのみ。三ツ星というとかなり高価格帯なイメージがありますが、私がプーノで宿泊したところだと一泊2500-3500円。切り詰めた旅行では少々厳しい額でしたが、この時ばかりは少しいいホステルにしておいて正解だと感じました。
また、このとき、「自分は高山病じゃない」と思っていたのですが、酸素ボンベをつけた途端、かなり身体が軽くなり、そこではじめて高山病にかかっていると自覚しました。

3、スタッフの人に不調だと伝える

これは直接的な対処法ではありませんが、より親身に対応してくれました。前日まで元気だった私が、次の日に痩せこけて出てきたのに驚いたらしく、スタッフの人が「大丈夫?」と声をかけてくれました。その時に「お腹が痛くて…それになんか辛い」と伝えると、すぐに酸素ボンベを用意してくれたり、「なにかあったら言ってね」と親切に対応してくれました。かなり助かったのを今でも覚えています。

4、果物は未調理のものを

未調理というのは、切ったりしてない、という意味です。南米のホステルは朝食がついている場合が多いのですが、中には果物が豊富にあるところも。「フルーツだから食べたい」と思って食べてしまうと、かえってお腹を壊してしまうかも。どんな水で洗って、どんな包丁で切っているかわからないから。「そこまでこだわるか!」と思われてしまうかもしれませんが、体調がなにより最優先。切っていないリンゴやバナナをもらって、部屋で食べるようにしていました。その時に洗うのももちろんミネラルウォーターにした方がいいでしょう。

5、トイレットペーパーの管理に注意

少し汚い話になってしまうので、食事中の方は飛ばしてもらった方がいいかも。南米では、多くのトイレでトイレットペーパーが流れません。理由は水道管が細く、詰まってしまうから。そのためトイレに備え付けのゴミ箱に捨てることになりますが、トイレに何回も行っているとすぐに箱がいっぱいになってしまいます。ペーパーはなるべくかさばらないようにゴミ箱に捨てましょう。「溢れることあるか?」と思うかもしれませんが、あるんです。24時間で20回はトイレに行きましたから。もしドミトリーなどに宿泊している場合は、正直に事情を伝えておいた方が吉かもしれません。

さいごに

P1040892最後にはなんとか回復し、プーノにある湖、チチカカ湖をクルーズすることができました…。

いかがだったでしょうか。一度食中毒と高山病というW攻撃からの回復方法でした。気をつけなければならないことが多いですが、1日も早く復活して旅を再開できるよう、休むところでキッチリ休むようにしましょうね。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…
  2. 183-tn
    ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  3. IMG_2078
    コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …

新着記事

  1. 201612114
    誕生日、クリスマス、お正月、もらったプレゼントやお金のすべてを寄付する、言葉にすれば簡単なよ…
  2. istock-000014228017medium
    日本人に大人気の観光地、タイ。中でも首都のバンコクには毎年たくさんの観光客が世界からやってき…
  3. rdfwse
    キャンピングカーでアメリカ横断すのは人生で一度は憧れる人も多いのではないでしょうか。しかしア…
PAGE TOP