sm1

海外のスマホ事情!現地sim、レンタルwifi、データーローミング比較!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

sm1

海外でスマホを使いこなそう! 入出国時のチェックポイント

日本でスマホがほぼ必須アイテムであるように、海外を旅する間もスマホを手放せないという人は多いはず。

スマホそのものは世界中で使用されています。ただ、安全に使うために知っておくべき知識があります。海外でスムーズにスマホを使うためにも、恐ろしい金額の請求書で心臓発作を起こさないためにも、海外旅行中のスマホ使用方法のヒントをまとめてみました。

sm3

迷った時には機内モードに

通話、SMS、インターネットを経由したすべてのアプリが使えなくなる機内モードにしておけば、びっくりの課金が起きる心配はありません。

また、機内モードという名前の通り、飛行機に乗って「携帯の電源をお切りください」とアナウンスが入っても機内モードにしてあれば大丈夫…なはず。ただ、離発着の際には電源を切った方が飛行機の安全、すなわちは自分を含めた乗客の安全につながるそうなので、その30分程度だけは電源を落とし、それ以外は機内モードでゲームなどを楽しむことは可能です。

sm5

機内モードを解除する前にデータ通信機能をオフに

スマホは電源が入っているだけで、勝手にデータをやり取りしてしまいます。使ったつもりはなくても、課金されてしまう可能性があるのです。

そこで、海外ではまず、データ通信機能をオフにして一歩を踏み出しましょう。フリーWi-Fiを使用するにせよ、ローミングサービスを利用するにせよ、正しい接続先やローミング先、その方法などを確認してから、再びデータ通信機能をオンにするのがおすすめです。念のため、データローミングもオフにしておけば、さらに安心です。

sm6

データローミング設定をオフにするとネットは×で電話は〇

日本から持っていく携帯は緊急の連絡用につないでおきたいけど、無駄な課金は防ぎたい、そんな場合にも、データ通信機能とデータローミング設定をオフにして使用します。機内モードもオフ。

これなら、ネットにつながることはなく、メールもほとんどのアプリも使用できませんが、電話はつながります。ただ、通信事業者との契約内容によっては、海外での使用が一切できない場合もあるので、そこはあらかじめチェックしておきましょう。

また、日本国内での通話とは異なり、海外で電話を着信する場合、「転送」が行われているため、日本からかけている送信者の通話料は国内の場合と同じでも、海外で着信している側は転送分の通話料が余分にかかります。これがけっこうな痛手になります。

sm8

パケット使い放題は万能? 3ステップで安全&リーズナブルに

海外でパケットを使い放題という魅力的なパッケージを扱っている通信事業者もあります。これ、海外のどこでもどんな状態でもネットにつなぎ放題のサービスのように見えますが、実は落とし穴が。

パケット使い放題を契約するのは日本の通信事業者ですが、実際に海外で利用するのは現地の提携通信事業者です。日本に複数の携帯キャリアが存在しているように、海外にも複数のキャリアがあり、その全てどれにつながっても大丈夫なわけではないのです。たとえ、海外パケット使い放題を契約していても、定額サービス契約に含まれている海外通信事業者でローミングを行わなければ定額にはなりません。

海外でスマホのスイッチをいれると、自然にローミングが始まってしまうことがあります。これが危険。ローミング先は手動で設定できるようにしておきましょう。

①「通信事業者の選択」を自動から手動にしておくことでこの危険から逃れることができます。

②さらに、各通信事業者では、海外ローミングをサポートするアプリを無料提供しているので、そのダウンロードも日本にいるうちにしておくのをお忘れなく。

③もうひとつ。海外パケット使い放題は原則として日本時間の0時から23時59分59秒までを1日とカウントします。滞在時間や日数を時差と合わせて良く考えてから使わないともったいないですね。

sm7

パケット使い放題なしで、通話もネットも

スマホを持っていれば、日本でパケット使い放題の契約をしていなくても、通話をしたりネットにつないだりすることが可能です。ただ、びっくりするようなローミング料金や海外通話料金がかかってしまうだけ。

ほとんど使わないけど、1日に1度メールチェックだけしたいとか、万一の時だけ使いたいという場合には、パケット使い放題料金よりも短時間のローミング料金のほうが安上がりな場合もあります。

そんな使い方をしたい場合には、ローミング設定は原則オフにしておき、使いたい時だけオンに切り替えて使用。使い終えたらすぐにまたオフにすることで、ローミング料金を最低限に絞ることができます。

無料Wi-Fiを使うなら

日本国内よりも海外のほうが無料Wi-Fiの設置範囲は広い傾向があります。観光地であれば、ほとんどの空港、公共施設、ホテル、レストランやカフェなどで無料Wi-Fiが使えます。また、マクドナルドやスタバといったチェーン店は無料Wi-Fiスポットとして旅行者たちに愛用されています。

無料Wi-Fiのつなぎ方はいろいろですが、説明を読んでacceptするだけ、またはメールアドレスを登録して送られてきたメールからログインする形などが主流です。それほど難しい作業ではありません。ただその際のスマホの設定は、原則として機内モードはオフ、データローミングもオフですが、Wi-Fiだけはオンにしておかないとせっかくの無線をキャッチできません。機内モードをオンにしたままでもWi-Fi接続可能なスマホの場合には機内モードのままのほうがより安心でしょう。

sm10

Wi-Fiルーターレンタルってどう?

Wi-Fiルーターのレンタル業はこの10年ほどの間に急速に成長しました。日本国内のほとんどの空港になんらかのレンタルを扱うデスクが設置されています。

日本国内でもsimカードを使ってWi-Fiルーターを使用することがありますが、海外用のWi-Fiルーターもその使い方はほぼ同じ。ただ、国や地域によって通信事業者が違うだけでなく電波の種類も違っているらしく、目的地によって使えるルーターが違ってきます。ビジネス旅行のように、毎回訪れる場所が決まっているなら自前のルーターを用意する方法もありますが、普通の海外旅行であれば、その時の目的地に合わせてレンタルするのが手軽でしょう。

レンタル料は一定量の通信料込みで1日500円程度からとお手頃。充電器や説明書、電話やネットサポート、保険などもあるので、安心です。同じ地域への数日から1、2週間程度の滞在であればレンタルがお得です。

ただ、長期になる場合と、広い地域を周遊する場合には話は別。万単位のレンタル料が発生することになります。

sm11

現地simの長所と短所

ネットは常につないでおきたいし、現地で電話連絡も取りたい、なにより予算を切りつめたい。そんな場合には現地の通信事業者のsimカードを購入するという選択肢があります。問題は、旅行者用のsimを使うか、一般用のプリペイドなどを使うか。

旅行者用のsimは、空港など国の入り口で身分証明不要で簡単に手に入れることができるという長所がありますが、その多くが短期間用です。長期間使用するとなると割高になります

では、一般用のsimはというと、月契約がもっとも安上がりですが、さすがに住所やIDなどを求められることがあり、簡単には契約ができません。でも、海外にはプリペイドsimがたくさん出回っています。これがとても便利。

1週間、1ヵ月といった単位の中で、入金を繰り返しながら、使用量に合わせて自由にスマホを使えます。simカードには、電話だけ、データだけ、両方といった選択肢があり、使用スタイルや予算に合わせることも可能です。また、データsimであれば、3Gタイプのタブレットにも使えます。Wi-Fiルーターを自前で持っていれば、それを使える可能性もあります。

ただし、電話番号は現地番号になるので、日本などとの通信には国際通話料金がかかります。また、国内通話であっても、月契約に比べれば通話料金の設定は高め。現地simを使用するとしても、フリーWi-Fiなどとうまく組み合わせて節約したいところです。

sm2

まとめとして

ごく普通の一人旅であれば、時折見かけるフリーWi-Fiだけでも十分に事足りてしまうものです。ただ、仲間と旅をしていたり、現地で誰かと会う約束をしていたりする場合には、電話やメッセージでオンタイムなやり取りができるようにしておかないと、海外ですれ違ってしまうこともあります。また、行く先々でSNSなどを使って情報をアップロードしたい人は余裕で使えるデータ通信契約が欲しいところ。

ルーターレンタルは海外現地でもありますが、信用性では日本で借りていくのがベスト。パケット使い放題も契約するなら日本にいる内にしておくべきです。自分のスマホの使い方、使用量、予算などを吟味したうえで、日本を出発する前にどの方針でいくかを固めておきましょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…
  2. 夜のエッフェル塔エッフェル塔の裏にある公園。ほかの人たちは高台へ上がっていて貸切状態。…
  3. SONY DSC
    日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…

新着記事

  1. red
    みなさん、ミャンマーは実はワインの名産地だということを知っていましたか?ミャンマーを訪れる観…
  2. cs_promologoorangerevrgb_fullsize
    みなさん、カウチサーフィンをご存知ですか?世界中の旅行先で、無料で泊めてくれる人を探すことが…
  3. barista
    日本でも大人気のスターバックス。繁華街のスタバ店内はいつもイス取りゲーム状態です。海外ほとん…
PAGE TOP