aaa1

海外旅行で困った事があったので日本大使館へ行ってみた結果

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

aaa1

海外に行くと付き物なのがさまざまな「トラブル」です。バックパッカーの中には、自分では立ち直れないだろうなぁと思うほど、厄介なトラブルに遭遇したことのある人もいます。バックパッカーの旅の途中で、そんなトラブルに巻き込まれて困ったときに、助けになるのが「大使館」です。

日本の在外公館へ訪れれば、トラブルに解決に至ることも不可能ではありません。ただし、大使館にはできることとできないことがあります。
では、大使館では、どんなトラブルに対して対応してもらえるのでしょうか?

盗難や紛失が起きたときの対応

aaa4

モノを盗まれた、なくしたという盗難や紛失が起きたときにしてもらえる対応についてです。

まず1つめが、現地の警察へ届け出をするためのサポートをしてくれます。どんな国に行っても、まずは届け出をするということが必要です。言葉がわからない国だったり、方法がよくわからないというとき、大使館へ行き届け出の方法を聞けば、対応してもらえるのでモノを盗まれたり紛失したときは、まずは大使館へ行きましょう。

また、金品がなくなってしまい、何もできないような状態になったとき、自分の家族や友人から送金をしてもらえるようなサポートも行ってもらえます。家族や友人に送金をお願いするというわけではなく、日本からの送金方法を教えてもらえます。

ただし、金融機関ではないため、現金を貸してもらうということはできません。
また、警察でもないためなくなったモノを探すこともできませんし、犯罪を捜査したり、犯人を捕まえたりということもできません。

そして、パスポートをなくしたときも、パスポートを再発行もしくは帰国できるための「帰国のための渡航証明書」を発行してもらえます。ただし、どちらも手数料が必要なことと、発行を行うにあたって必要なものがいくつかあるので注意してください。

まずは、なくしたパスポートを失効しなくてはなりません。この手続をするためには、現地の警察が発行する紛失届受理証明書が必要になります。届出書の作成のサポートは大使館が行ってくれるので、わからない場合は聞いてみてください。また、各公館にある紛失一般旅券等届出書を作成し、縦45mm×横35mmの顔写真、身分証明書などを用意することで、パスポートの失効が可能になります。

そして、パスポート再発行や帰国のための渡航証明書を発行するため、一般旅券発給申請書、戸籍標本もしくは抄本、失効手続のときと同じサイズの顔写真、その他必要に応じて必要な書類をいくつか用意します。その他の書類は大使館によって異なります。全ての必要書類を用意することで、パスポートの再発行や、帰国のための渡航書を発行することができるようになります。

ただし、旅行会社や保険会社ではないため、クレジットカードやトラベラーズチェックの失効手続や、航空券の再発行手続はできません。

事件や事故などに巻き込まれたとき、緊急入院をするときの対応

aaa2

事件や事故などに巻き込まれたときや、緊急入院をするときなども大使館は対応してくれます。大使館でできる対応は以下のとおりです。

まず、怪我や病気になった場合、日本語が通じる医師がいたり、日本人がよく行く医療機関の情報を聞くことができます。言葉がわからないがゆえに、自分の状況を上手く伝えられないと間違った診断をされる場合もあります。医療機関によっては、日本人専用窓口を置いているところもあるので、詳しい情報は現地の大使館に問い合わせてみてください。
ただし、医療機関と大使館が直接交渉をすることはできません。あくまでも医療機関の情報を提供してもらえるだけです。

また、被害の大きさや怪我の重症度によって、届け出や治療が必要になることがあります。そのようなときに、大使館はさまざまな相談に対応してくれます。大使館へ訪れるのが難しい場合は、電話をして相談してみてください。

そして、現地の医療機関では治療が難しい場合も、大使館は対応してくれます。緊急移送をするための手配を行い、その治療を得意とした医療機関へ、緊急移送されます。
ただし、移送費などは自己負担になりますので注意してください。

さらに、本人が連絡困難な場合は、医師から詳しい病状などを聞いて本人の家族へ連絡することもできます。その際、家族が緊急で現地へ向かうことになった場合は、日本の外務省へ連絡し、さらに外務省がお近くの都道府県パスポートセンターへ連絡をし、パスポートを緊急発行できるように手配してもらえます。緊急事態に備えて、このような対応をしてくれるのも、大使館の仕事のうちの1つです。

また、警察や保険会社の連絡代行や、弁護士の紹介、通訳、情報提供なども可能です。
ただし、大使館自体は警察署でも弁護士事務所でもないため、相手側への賠償交渉もできませんし、加害者や犯人を捕まえることなどもできません。

事件や事故に巻き込まれたことにより、万が一死亡した場合も、身元確認や茶毘、死亡証明書の発行、日本への移送の手配も行います。

自然災害や騒乱、戦争などに巻き込まれた場合の対応

海外では大規模な自然災害が発生したり、地域によっては騒乱や戦争がいきなり発生したりなど、緊急事態に巻き込まれる場合もあります。このような緊急事態が発生した場合、現地大使館は発生地に滞在中の日本人の安否確認を全力で行います。
万が一、日本人被害者が居る場合は、緊急搬送を行ったり、日本人滞在者に対して退避のサポートをしたりします。

情報は常に、インターネットや連絡網でわかるように流し、被害を最低限に食い止めます。

ただし、退避費用などを負担することはできません。しかし、緊急事態のときに、使える現金を持ち合わせていない場合も多々ありますので、もしも、そのような場合も、とりあえず大使館に相談してみてください。解決策が提案されるかもしれません。

逮捕された場合の対応

aaa3

犯罪を犯した・犯していないに関わらず、現地で逮捕されてしまう場合があります。そんなときに、大使館は希望がある場合のみ、面会をもしくは連絡をしたり、弁護士の通訳をしたりします。
場合によっては差別的だったり、非人道的扱いをされる場合もあります。そのような扱いを受けていることを、面会時などに伝えれば、関係機関に改善するように伝えることができます。また、本人に代わって家族へ連絡をすることも可能です。

ただし、弁護士ではないので釈放や減刑などを求めることはできませんし、弁護士や釈放、訴訟などの費用を負担したり貸し付けたりすることもできません。
また、取調べや裁判では同行することができないので、通訳をすることもできません。

大使館では色々な困ったことを相談できます

大使館では、まだまだ他にも色々なことを相談することができます。現地で困ったことがあれば、まずは大使館へ相談するのがおすすめです。
解決方法を一緒に考え、そして、解決に至るまでのサポートやアドバイス、手配などをしてもらえます。

ただし、できることは「大使館としての仕事の範囲内」であり、法律相談をしたり、私的争いを仲裁したり、行政機関への届け出作成を代行したりという、その他の機関がすべき仕事はできません。

大使館ができることは、パスポートを発行すること、証明書を発行すること、戸籍や国籍関係の届け出を受理すること、在留届を受け付けること、国政選挙を行うこと、福利・教育に強力すること、入国や滞在に関する情報を提供することです。
現地で日本人が快適に滞在できるように、必要な情報を集めることや、サポートをすることなどが可能です。

できることとできないことが色々ありますが、バックパッカーの旅の中で、もしも困ったことがあれば、大使館に相談することをおすすめします。日本を含む国外から連絡をすることも可能なので、トラブル対策のために、予め現地大使館へ連絡をし、情報を提供してもらうのも良いと思います。

何か困ったことがあったら、自分だけで解決しようとせず、大使館など力になってくれる機関に相談してみると、よりスムーズに解決できるようになるかもしれません。ぜひ、参考にしてみてください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…
  2. 夜のエッフェル塔エッフェル塔の裏にある公園。ほかの人たちは高台へ上がっていて貸切状態。…
  3. dscf3266
    「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…

新着記事

  1. owachomo_bridge
    私は世界を旅し、生の絶景を数多く観てきました。なかには、思い描いていたものとギャップがあり「…
  2. img_1
    最も人気の観光地ともいわれるバルセロナですが、あなたは何を楽しみに行きますか?バルセロナを満喫するた…
  3. book_natalie_alexandrov132043
    旅に出た、世界に出たきっかけというのは人それぞれ違い、テレビだったり、ブログやインスタグラム…
PAGE TOP