gr0

海?湖?スケール桁違いの湖×5五大湖に行ってみたら

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

gr0

海? 湖? スケール桁違いの湖×5~五大湖「Great Lakes」/アメリカ・カナダ

地理の授業ではなかなか覚えられない地名も、旅に出るとなればあっという間にインプットできてしまったりする。

アメリカとカナダの国境地帯に悠然とたたずむ五大湖も、学生時代にその5つの湖の名前を暗記するのはあれほど難儀だったにも関わらず、「行きたい」「行った」となるとスラスラと口から滑りでるようになるから不思議だ。

そんな五大湖それぞれの雄大さを味わえる厳選スポットと楽しみ方、そして周辺地域のマストスポットをまとめてみた。

gr1

スペリオル湖の氷の洞窟

冬には異常なほどの寒さに襲われる地域だけに、湖面凍結は当たり前。特にスペリオル湖では湖面の90%以上が凍結してしまうという事態も珍しくない。氷の湖の誕生だ。

湖面が凍結したからといって、アイススケートを楽しむ姿はさすがにないが、厚い氷が張った地域では、氷上を歩いたりソリで遊んだりすることも可能。

そして何よりの楽しみは湖岸に現れる氷の洞窟。元からある洞窟が凍りつくのではなく、氷が盛り上がり張り付き垂れ下がることで出来上がった正真正銘氷100%の洞窟なのだ。

スペリオル湖の湖面を5km歩いて到達できるアポストル群島がその現場。氷上ハイクと氷の洞窟の探検は、特に冷え込みの厳しい冬のスペリオル湖の一番の見ものとなる。

gr2

ミシガン湖とヒューロン湖の間のマキナック島

カラフルな屋根を持つヨーロッパ風の家が建つマキナック島は、マキノー島、マッキーノ島とも呼ばれる、ミシガン湖とヒューロン湖の合流地点に浮かぶ歴史感あふれる街並みが特徴。アメリカ各地で保存が進む伝統的なビクトリア朝の建築物もここでは珍しくない。

ミシガン湖周辺は、アメリカ有数の都市をいくつも湖岸に持つ裕福な地域。富裕層たちにとって、このマキナック島は絶好の別荘地として開発されていった。

島は環境保護を大きく受け止めていて、原則として車は乗りいれが禁止されている。そのため、街を行き交うのは自転車か馬車という不思議な光景が広がっている。

フェリーで20分という距離感と古き良き時代のヨーロッパの雰囲気を残すアメリカを味わえること、島が小さく非常に治安がいいことなどから、ミシガンエリアでは一番人気のリゾートスポットとなっている。

gr3

ヒューロン湖のマニトゥーリン島

自転車で一周1時間半のマキナック島と比べるとびっくりの大きさを持つのがマニトゥーリン島。淡水湖に浮かぶ島としては世界最大規模で、東京都がすっぽりと入る。さらに、島なのにその中に「マニトゥー湖」をはじめとした湖の島の湖があり、さらには湖の島の湖の島もあるというスケールの大きさだ。

マニトゥーリン島は先住民のオジブウェ族にとっては聖なる地であり、「マニトゥーリン」とは「魂の島」を意味するという。島内にはオジブウェ族ゆかりの神話や伝説につながる場所が数多くあり、それは現代もパワースポットとして注目を集めている。

時にオジブウェ族の成人式「ビジョンクエスト」が行われる神聖な岩「ドリーマーズ・ロック」は有名。毛布と水だけを持った青少年が、数日間の断食によって夢で啓示を受けるという聖人の儀式は今も行われている。

誰もが訪れてそのパワーに触れることができるものの、聖地であることから立ち入りは許可制となっている。

また、オジブウェ族の文化に触れることができるツアーやアクティビティも揃っていて、瞑想、ヨガ、料理や伝統音楽体験などのほか、スマッジと呼ばれるハーブ煙草による儀式に参加することもできる。

gr4

エリー湖のウェランド運河

エリー湖とオンタリオ湖をつなぐ「ウェランド運河」は、全長43.4kmに8つの水門が設けられている。エリー湖とオンタリオ湖の間には水面の高さに大きな差があるため、この運河の水門で水面ごと船を上下させているのだ。

本来、エリー湖とオンタリオ湖の間には「ナイアガラの滝」が立ちはだかり、船の航行は不可能だった。この運河は巨大な滝を迂回して大西洋と五大湖を結ぶ役目も果たしている。

この運河を船で通過する際には、前後の水門を閉じたり開けたりすることで水位を上下するのを、船からの景観が変わっていくことで見て感じることができる。途中に設けられている車用の橋は水量に合わせて橋ごとエレベーターのように上下する仕組みになっていておもしろい。

gr5

オンタリオ湖のサウザンド諸島

オンタリオ湖とその下流のセントローレンス川にかけて点在する1864個の島々はその名も「サウザンド諸島」。実際には1864個以上あるともいわれるが、「島」の基準として、1平方フィート以上の陸が常に水面になければならず、木が1本以上は立っていなければならないという掟がある。

1000人以上が暮らす島はわずか。島は小さいものが多く、個人所有も多い。テント一つ張れるかどうかという無人島もあれば、周囲50m程度の島に小さなコテージがチョコンとあったり、こんもりと茂った小山に城が立っていたりと何やら別世界のよう。

18~20世紀にセレブたちがお忍びで過ごすことが多かったことから、別荘や豪華なレンタルコテージも多く、アクセスもプライベートで船をチャーターする必要がある。実際に宿泊するには意外とコストがかかるが、マイアイランド感覚を味わえるとあっては、魅力的すぎる。

gr6

五大湖クルーズ

五大湖はそれぞれがクルーズ船や横断するためのフェリー網を持つ。あれだけの大きさを持つ湖なのだから、それは予想範囲内だ。

ただ、小ぶりなクルーズ船が五大湖を巡っているという事実を知る人、ましてや体験済みの旅人は多くないだろう。

五大湖は広く大きいが、それぞれをつなぐ水路や川は狭い。そのため、五大湖を巡るクルーズ船は小型になってしまい、収容人数は100~200名といったところ。期間は1週間から、金額は1万ドル~からというから、決して安くはないが、五大湖の優雅な楽しみ方だ。

gr7

エリー湖畔はテーマパークだらけ

エリー湖畔のサンダスキーには、テーマ―パークが集まっていることで知られている。

「セダー・ポイント」は、広大な敷地に子どもから大人まで楽しめるアトラクションが目白押し。どちらかというと絶叫系よりも、ホンワカ系やゲーム系が多いので、家族連れなどにおすすめ。

「ジオーガ・レイク」は全米でも最大規模、かつローラーコースターの多さが自慢のテーマパーク。絶叫系がなくちゃテーマパークとは言えないというタイプが集まってくる。

「パラアウンツ・キングス・アイランド」は、アメリカらしい木製のコースターが目印のパラマウント系テーマパーク。

アメリカの元祖カートゥーン「バックス・バニー」がグリーティングしてくれること。パラマウント系の映画シーンの再現など、ショーなども多く、映画ファンにとって聖地の一つだ。

ほかにも「カラハリ・ウォーターパーク・リゾート」、「グレート・ウルフ・ロッジ・ウォーターパーク」、「ゴーストリー・マナー・スリル・センター」などなど盛りだくさん。

gr8

最後に

イギリスが全部、日本の60%以上が水没するだけの面積を持つ五大湖。その規模の大きさは想像以上だ。湖だが、波が立ちその対岸が見えないところは、海と変わらない。

短い夏にウォータースポーツ基地として、冬を除くスリーシーズンはマリンスポーツやクルージングを中心として、冬はその厳しいからこそ美しい水と氷の世界を見るためにと、常に人を惹きつける。

地中海のように数千年単位の遺跡こそなく、カリブのような熱気もない。でもそこには、落ち着いた自然とアメリカの大都会が共存している現代人のツボを抑えた楽しみが詰まっている。

そこを訪れた人しか感じることのできない感動を、写真、動画、そして言葉で表現してみませんか? あなたの旅の話を聞かせてください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 写真:Yuuma Familyインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎイン…
  2. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…

新着記事

  1. dscf3266
    「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  2. dscf3391

    2016/12/6

    石垣島life
    僕らがいつも石垣島で何気なく見ている風景、そして僕らの後ろ姿なんかを写真に収めてここに残して…
  3. boss-fight-free-stock-images-photography-photos-high-resolution-coffee-cafe-espresso
    コーヒーのイメージのない台湾。しかし、実は台湾人が過去に世界ラテアートチャンピオンに選ばれた…
PAGE TOP