P1050922

満天の星空、ニュージーランド・レイクテカポの魅力を紹介

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ニュージーランドの南島にあるレイクテカポは世界で1番星がキレイな場所だと言われています。テレビの特集で見たその景色に一目惚れ、満点の星空にミルキーブルーの湖、そんな素敵な景色が見たくて、はるばるニュージーランドまでやって来きました。

しかし・・・
見事なまでの曇天で滞在2日間星は一切見れず、という悲しい結果に終わったのです。
旅行はいつも天候に恵まれるとは限りません。
天気が悪かったり、観光名所が休館や工事中だったり、旅行には予期せぬハプニングがつきもの。
今回は、皆様が行きたくなるような素敵な写真(フリー画像から拝借しました)と、私が実際に見た景色のダブル構成でレイクテカポの魅力をお届けします。

 

テカポ(Tekapo)について

P1050922
テカポは人口370程の小さな町。クライストチャーチとクィーンズタウンの中間にあり、どちらからも車で約3時間半です。ユネスコの国際ダークスカイ・リザーブ(星空保護区)に指定されており、美しい星空を見に世界中から観光客が訪れます。
写真は町の中心Village Centerです。各都市からの長距離バスはここに発着します。
観光案内所、レストラン、スーパー、ガソリンスタンド、ホテルなどが集結しています。テカポは非常に小さな町なので、ここ以外は買い物をする場所がありません。

 

善き羊飼いの教会

マッケンジー地方の開拓民のために、1935年に造られた教会です。
祭壇に取り付けられた大きな窓からはテカポ湖が一望できます。
fdd11d6d681dc6f28ce85dc198562571_s
曇天だと、こんな写真になります。
P1050930

 

バウンダリーの犬

教会のすぐそばには犬の銅像があります。開拓時代に柵のない境界線(バウンダリー)を守って活躍した牧羊犬の功績を称え、1968年に作られました。
761ec58cefcf8af0cd3610e064769176_s
曇天だと、犬の表情までもが沈んで見えます。
IMG_1741

 

ミルキーブルーの湖

レイクテカポはミルキーブルーの湖としても有名です。空と同じ色の湖が美しいですよね。
07db2c05db31bfc159b4fbec77b2e629_s
曇天だとこうなってしまいます。こちらも空と同じ色の湖ですが…見たかったのはこの景色ではありません。今にも雨が降りそうな雲行きです。
IMG_1742

 

満天の星空

テカポ最大の魅力はこの星空です。美しすぎませんか?こんなに星いっぱいの夜空は他にはないです。これを見るために、はるばる日本から来たのです。
d4c0456dd28d26b237485be8d72bf1da_m
曇天バージョンの写真は無用ですよね。雲の隙間からチラチラ星が見える程度でしかなかったので、教会まで夜道を散歩せず、雲が切れることを祈りつつ宿の部屋で窓の外を眺めていました。
因みに、治安の良い町なので、夜間でも星空を見に外を歩いても問題ないそうです。

 

テカポの名物

もはや天候に左右されないのは食事のみ。Village Center内にある日本食レストランKOHAN(湖畔)に行ってみました。わざわざニュージーランドで日本食?と思うかもしれませんが、このお店のサーモン丼が観光客にも地元の人にも人気があるらしく、普段海外で日本食は避けるのですが、入ってみました。日本語の観光ガイドにも掲載されているお店です。
頂いたのは納豆サーモン丼、 $15.00です。
IMG_1762

 

まとめ

満天の星空の見に来たのに全く見れず、今回は後悔ばかりの旅となってしまいました。
時間に余裕をもってあと2、3日滞在期間を取れば、もしかしたら見られたかもしれません。本当に残念でなりません。
次回は必ず満天の星空をみるぞ!とテカポを去る日にリベンジを誓いました。筆者が再びテカポの町を訪れるのはそう遠くはないかもしれません。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  2. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  3. 183-tn
    ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…

新着記事

  1. owachomo_bridge
    私は世界を旅し、生の絶景を数多く観てきました。なかには、思い描いていたものとギャップがあり「…
  2. img_1
    最も人気の観光地ともいわれるバルセロナですが、あなたは何を楽しみに行きますか?バルセロナを満喫するた…
  3. book_natalie_alexandrov132043
    旅に出た、世界に出たきっかけというのは人それぞれ違い、テレビだったり、ブログやインスタグラム…
PAGE TOP