1fea667f3410834f0a67603999d4e4a1_s

社会人バックパッカーのすすめ~分割式世界一周という選択

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

会社を辞めなくても世界一周はできる!
旅行好きの普通のOLが教える社会人バックパッカーのすすめです。

 

学生 VS 社会人

1fea667f3410834f0a67603999d4e4a1_s
社会人になり、月~金まで毎日会社に通うようになって、ある程度の収入を得るようになって、自分自身が大きく変わったと感じていることは、時間とお金の使い方です。恐らく多くの方が同じ意見だと思います。
学生の頃はとにかくお金の節約に重点を置いていました。どこかに出かける時は時間がかかっても安さが優先、新幹線より高速バス、特急券を買うより普通電車で、といった旅をしていました。
しかし、社会人になるとお金よりも時間の方が断然貴重になります。土日が終わるのはあっという間ですし、週末が終われば5日間また仕事に拘束される日々。毎日がどんどん過ぎていきます。
学生の頃は迷わず選んでいた“航空会社・出発時間未定”の最安値プラン、今となっては選択肢に入ることは殆どありません。会社を定時にあがって間に合うフライトはどれかとか、この時間に帰って来れば午後から出社できるとか、いかに少ない休みで旅を満喫するかに重点を置くようになりました。
最安値!とはいきませんが、時間を上手く利用すれば忙しい社会人であっても旅は可能なのです。

 

年々早く過ぎていく1年、限られた人生を少しでも長く感じるには

acceca2b212618a8843fc38796e2768a_s
今まで見たこともない景色を見る。食べたことのない物を食べる。経験したことのないことを経験する。“非日常”の世界はいつも筆者に活力を与えてくれます。何気なく忙しいばかりで過ぎていく毎日が“非日常”にいる時は、ゆっくりと時間が流れているように感じます。

“ジャネーの法則”をご存じですか?50歳の人にとって1年の長さは人生の50分の1ですが、5歳の子供にとっては5分の1に値します。年を取った年数によって1年の長さの比率が小さくなり、どんどん時間が早く感じるというものです。(19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネーが発案しました。) また、子供の頃には沢山の新しい体験がありますが、大人になると蓄積された経験から新鮮さが薄れがちになってしまいます。人は新しいことをやっている時の方が、その体験が意識に強く残り、時間が長く感じる傾向にあります。外出した時に、行よりも帰り道の方が早く感じるのは、行きに見る景色は初めての経験であるのに対し、帰りは2度目の経験になるからです。
同じような毎日が繰り返される会社員生活、”非日常”に飛び出して、新鮮な気持ちと、ちょっとだけでも人生を長く感じましょう。

 

会社を辞めずに世界一周

459043
日本に留まって毎日同じ景色を見ているだけでは人生の半分を損しています。世界には見るべき場所が数多くあります。ここも行きたい、あそこも行きたい。世界をあちこち回ってみたい、と筆者は常々思っています。
旅行好きなら誰でも1度は考える世界一周。しかし、いくら憧れていても会社を数か月も休職するなんて不可能ですし、会社を辞めて旅に出ることは、年齢的な転職のデメリットを考えると容易ではありません。今の生活を壊す度胸のない筆者は、分割して世界を回る“分割式世界一周”を思いつきました。

アジアなら週末だけか+1,2日の短期間、行先によっては土日のみでも旅行が可能です。ゴールデンウィークやシルバーウィーク、夏休みなど比較的長めに休みが取れる時は欧米諸国へ。こうやって上手に休みを駆使し、年に1、2か国は行ったことのない国を訪れる(ヨーロッパを訪れた際は3か国一気に国数を増やしました)、これが筆者の“分割式世界一周”です。行きやすい国から制覇していくので、遠い国が残ってしまっているのですが、そこは焦らず追々に。
また、週末(+1日)で行ける台湾、韓国はリピートするくらい好きな国なので、LCCセールを見つけては旅立ったりしています。

皆が休みむ時に海外旅行となると、飛行機代が割高になってしまいますが、木曜や金曜昼出発、月曜帰り、と1日ズラすだけで価格がだいぶ変わってきます。少しでも安く旅をするにあたって、これ重要ポイントです。

 

まとめ

分割式世界一周の真っ只中、筆者は2016年の現在までに30か国(地域)旅をしています。
同じような境遇の会社員の皆様、一緒に分割式世界一周に旅立ちましょう!

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. NIC_NEwYork02
    ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  3. SONY DSC
    日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…

新着記事

  1. dscf3266
    「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  2. dscf3391

    2016/12/6

    石垣島life
    僕らがいつも石垣島で何気なく見ている風景、そして僕らの後ろ姿なんかを写真に収めてここに残して…
  3. boss-fight-free-stock-images-photography-photos-high-resolution-coffee-cafe-espresso
    コーヒーのイメージのない台湾。しかし、実は台湾人が過去に世界ラテアートチャンピオンに選ばれた…
PAGE TOP