n0

見て歩いて興奮!世界の交差点タイムズスクエアに行ってみた

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

n0

見て歩いて興奮! 世界の交差点~タイムズスクエア(Times Square)/アメリカ・ニューヨーク

ニューヨーク・マンハッタン島の中心、42丁目と7番街が交差するブロードウェイ交差点から東西南北に1kmほどの範囲をタイムズスクエアと呼び、そこにはニューヨークだけでなく世界の人々が集まってくる。

高層ビルとそこに張り付く巨大ディスプレーやネオン看板。忙しく行き交う車と人。24時間ピカピカ光り、騒音を立て続けるニューヨークの心臓部の楽しみ方をおさらいしてみたい。

n1

ワン・タイムズスクエアでタイムズスクエアの歴史に触れる

この交差点にタイムズスクエアの名がついたのは1904年のこと。ニューヨークタイムズの本社が移転してきたことがきっかけだった。ニューヨークタイムズの創刊は1851年だが、20世紀に入るといち早く世界中に取材網を張り巡らせたことから急速に成長し、その本社ビルの存在が町の中心地の呼称になるほどの巨大企業となった。

ニューヨークタイムズは自社ビル「タイムズタワー」で約10年を過ごしてその本社を移してしまったが、ビルそのものとその地名はそのまま残された。そのビルが「ワン・タイムズスクエア」で、道の真ん中の三角州に立ち、どこからでも目に付くことから、宣伝塔として多くのネオン看板をくっつけている。

このワン・タイムズスクエアが有名なのは、ニューヨークタイムズやネオン看板のせいばかりではない。

n2

大晦日のボールドロップ

タイムズスクエアといえばカウオントダウン! カウントダウンと言えばボールドロップ!

1904年のビル完成時から続く年越しイベントでは、どこよりも何よりも目立ちたいという当時のニューヨークタイムズオーナーの意向と願望を叶えるべく、屋根の旗竿から電光付きのボールを落下させることを計画した。

代々工夫して作り変えられているタイムズボールは、ネオンの塊のように光り輝きながら大晦日の年越しの1分間にゆっくりとビル伝いに降ろされる。そして年明けの瞬間には周囲のビルすべてから大量の紙ふぶきがまき散らされるのだ。言葉にすると大したイベントではないような気もするが、現地は狂喜乱舞の大興奮となる。

このイベントをその場でその眼で見るためには、まず場所取りが必要。ワン・タイムズスクエアの周囲は小さな四角い区画にロープで分けられ、人をきっちりと押し込んでは固定されていく。この「ペン留め」が始まるのがお昼頃。そして、ここから立ち去ってしまうと二度と同じ場所には戻ってこられないという過酷なルールもある。食事はともかくトイレはどうするのだろうか?

この過酷な待ち時間に耐えられない面々はもう少し離れたところで、それでも満員電車並みの混雑にもまれながら新年の瞬間を待つ。それさえも耐えられないという人は自宅のテレビの前でゆったりと過ごしているはずだ。

ボールドロップのボタンは毎年有名人によって押される。それと前後してコンサートなどのイベントが開かれていることも多い。

n3

ブロードウェイを格安当日券で連日ハシゴ

タイムズスクエアで通年通して楽しめるのがブロードウェイ。

ミュージカルや演劇には流行がある。時期を逃せば次に見ることができるのはいつになるか…。劇場公演には縁がなくビデオで見ることになってしまうことも多いはず。

でもブロードウェイはさすが本場。人気のある有名どころのミュージカルや演劇は数年から数十年という長丁場で公演が続いているのだ。

ただ、日本でミュージカルを見ようとすればかなりの高額チケットを予約する必要があるように、ブロードウェイでも正規の方法でチケットを取れば万札が飛んでいくことになる。

ところが裏ワザがちゃんとある。ツアーなどで訪れる時間が限られるがどうしても観たいものがある人におすすめなのが、ブロードウェイ情報サイトからディスカウント価格でチケットを購入する方法だ。Broadwayの名がつく情報サイトを片っ端からチェックしてみよう。半額で手に入ることもある。

現地でいろいろ観てみたいという欲張り派なら、まっすぐTKTSに向かうべきだろう。47番にあるチケットオフィスでは当日券が30~50%引きで売られている。また便利なことに、TKTSアプリも登場し、長蛇の列に並ばなくてもチケットが入手できるようになった。観たいもの・座りたい席にこだわることはできないが、安く観られることだけは確かだ。

劇場前で駆け込み当日券を購入するラッシュチケットもおすすめ。TKTSで締め切られたミュージカルでも、劇場前に並べば余り物の当日券を格安で購入できる可能性がある。また当日券専用アプリTODAY TIXも是非チェックしておきたい。

これらのチケットシステムを上手く組み合わせて利用すれば、マチネーとイブニングショーのハシゴも可能だ。

n4

クリスマスシーズンのスケートリンク

ドラマや映画のロケに現れるスケートリンク。タイムズスクエアとグランド・セントラル・ターミナルの間にあるブライアント・パークには10月から3月頃まで屋外スケートリンクが作られる。

昼間は学生や家族連れが、夜に入るとイルミネーションの中を恋人たちが手をつないで滑っては転ぶ姿であふれる。深夜まで営業しているため、オフィス帰りのスーツ姿のお兄さんお姉さんが滑っていたりして、異様なはずなのになぜかサマになってみるのは、タイムズスクエアマジックのなせる業かもしれない。

n5

バレンタインのハートモチーフイベント

アメリカではバレンタインはチョコレート会社が大儲けする日ではなく、恋人たちが純粋に恋を楽しみ愛を確かめ合う日。

タイムズスクエアは、2月に入るとバレンタインをイメージしたハートモチーフのアートで一杯になる。街頭もビルのネオンもピンクや赤のハートで一杯。街角では花束を売る屋台や売り子も出て、バレンタインムードを盛り上げる。

カップルであればワクワクドキドキだろうが、一人で歩くと寒さと寂しさが突き刺さる時期でもある。

n6

ヨガの日

国際ヨガデーなる記念日には、タイムズスクエアが巨大なヨガ教室に大変身する。

数年前から始まったこのイベントは、数百人とも数千人ともいわれる人がタイムズスクエア一帯に集まって、みんなでヨガをするというシンプルかつ有意義(?)なもの。早朝から夕方まで1時間刻みでクラスが設定されている。

有名人が参加することや無料参加だったこともあり、参加者が増えすぎて混乱するようになったため、有料予約制に。それでも、午後から夕方のクラスは早々に埋まってしまう人気ぶり。

道路の上に持参のヨガマットを敷き、数百人の男女が同じポーズをとる様子は絶景。参加しなくても一目見に行く価値がありそう。

n7

ロケ地チェック

ニューヨークのど真ん中の人気スポットである以上、ドラマや映画などのロケ地になる確率はかなりの高さ。いくつかの代表的なロケ情報をチェックして、なりきり気分を味わったり記念撮影をしたりするのもタイムズスクエアの楽しみの一つ。

2002年版「スパイダーマン」では、タイムズスクエアでパレードが行われるシーンがある。そんな関係とほかの作品でもニューヨークを舞台にしたものが多いため、2014年にはボールドロップの特別ゲストとしても出演した。

「メン・イン・ブラック2」のクライマックスでは、タイムズスクエア上空での激しい追いかけっこシーンが有名。

そして何と言ってもタイムズスクエアが舞台そのものである「ニュー・イヤーズ・イブ」。タイムズスクエアでのカウントダウンキスをテーマにオムニバスのように多くの有名人たちが登場する豪華な映画。映画好きのニューヨーカーにとっては、大晦日は夕方からこれを自宅で見て、夜にはカウントダウンに繰り出すというのがまさに大道の過ごし方。

n8

最後に

ニューヨークでも一番の観光スポットだけに訪れたことのある人も多いだろうタイムズスクエア。ただ、普段の姿とこれぞというイベント時の姿はまったく別物だ。

特にカウントダウンは、それこそ世界中からあらゆる民族が集まってきたのでは? と思うような混雑と熱気に包まれる。日本で二年参りを過ごすのとは違った盛り上がりを見せる寒いニューヨークの熱いイベントだ。

たかが交差点されど交差点。ニューヨーカーのバイタリティを肌に感じられるタイムズスクエア。ツアーでちょっと足を留めるだけではもったいない楽しみが詰まっている。

そこを訪れた人しか感じることのできない感動を、写真、動画、そして言葉で表現してみませんか? あなたの旅の話を聞かせてください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. IMG_7790
    ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから61日目スタートからの距離2025k…
  3. img_2385
    2025km、61日間の思い出写真…

新着記事

  1. 3536b23
    いくら注意していても、たくさん旅をしていると何度かはハプニングに遭遇するものです。長旅だと尚…
  2. 056
    カナダの国技、アイスホッケーカナダの国技といえばアイスホッケー。カナダ国民に愛され、試合の日…
  3. money
    航空券やホテルの手配を終えていざ旅するときにするべきことといえば両替です。外貨両替はどこです…
PAGE TOP