P1030819

軍艦島訪問記【後編】~島の概要と施設案内

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

P1030819

軍艦島とは

軍艦島は通称で、正式には端島といい、長崎港から船で18.5kmの距離にあります。島全体が護岸堤防で覆われ、コンクリート造りのアパートが立ち並ぶ姿が、軍艦土佐に似ていたことからそう呼ばれるようになりました。
もともとは南北320m、東西120mの小さな島でしたが、度重なる埋め立てによって南北に480m、東西に160m、全長1,200mに拡張されました。
1810年頃にここで石炭が発見されます。
1890年に三菱社が島全体を買取り、本格的に石炭の発掘が開始されます。
石炭出炭量の増加とともに人口も増え、最盛期(1960年)には約5,300人が住んでいました。これは当時の東京の人口密度の9倍以上でした。
しかし、国の主要エネルギーが石炭から石油へと移り、1974年1月15日に端島炭鉱は閉山、島民が去り、4月20日には完全に無人化しました。

 

軍艦島の全体像

無題土地に限りがある軍艦島に5,300人もが居住するために、建物同士は密集かつ高層化しています。建物同士を渡り廊下で繋ぐことで(空中廊下)、隣りの建物に移動するのにわざわざ1階まで降りて、また上るという無駄な体力を消耗しなくてすみます。
草木の育つ場所がない島では屋上緑化が進めらました。日本初の屋上庭園は軍艦島だそうです。明治の終わりに建てられた旧14号棟の屋上で、花を栽培していたという記述が残っています。

 

<施設の紹介>

総合事務所

P1030792レンガ造りの建物は総合事務所です。炭鉱で働く人のための共同浴場も中にありました。総合事務所跡は第2見学広場から見られます。

この辺りの建物は、ほぼ崩壊しています。
P1030799 P1030787

 

ベルトコンベアー

P1030811四角い柱がドミノのように並んでいます。この上にベルトコンベアーが乗っており、石炭が貯炭場から石炭運搬船に積み込まれました。

 

30号棟

軍艦島530号棟は1916年に建てられた日本初の鉄筋コンクリート造りの高層アパートです。当初は4階建でしたが、7階建に増設されました。写真は第3見学広場からの撮影です。

 

31号棟

P1030762高波で炭鉱施設が被害を受けないように比較的波が穏やかな内海側に炭鉱施設や船着場が作られ、波の荒い側が住居となっています。横長の31号棟は、台風時などには防波堤となって炭鉱施設を守りました。実際に船で行ってみると付近の波の荒さを実感してもらえると思います。

 

プール

軍艦島7海に囲まれている軍艦島ですが、周囲は遊泳禁止のため、海水を利用したプールが作られました。線が残っているので、ここがプールだったのだと実感できます。

 

70号棟/端島小中学校、65号棟

軍艦島61階から4階までが小学校、5階以上が中学校です。給食運搬用に島唯一のエレベーターが設置されていました。建物が密集する島内は常に日当たりが悪く、せめて子供たちのために窓だけでも大きく作ろう、と親心が配慮された造りです。
学校の左側は65号棟、島で最大規模のアパートです。この建物だけで317世帯が居住できます。コの字型をした建物の中央には公園、屋上には保育園がありました。

 

3号棟

軍艦島8高台の1番見晴しの良い場所にあるのが幹部職員の社宅です。島で唯一内風呂がありました。

 

灯台

P1030782灯台は閉山後に設置されました。無人化する以前は炭鉱が24時間操業で島には常に明かりが灯っていたため、灯台は必要ありませんでした。現在の灯台は、1998年に建て替えられた2代目です。

 

1号棟/端島神社

P1030820遠目に神社の祠があるのが確認できるでしょうか。本殿とその下にあった木造の拝殿は倒壊しましたが、祠だけはしっかり残っています。

 

まとめ

日本の近代化を支えた軍艦島は、世界文化遺産にも登録され、後世に歴史を伝える貴重な史跡です。
日本最古のコンクリート製の高層アパートや建物を繋ぐ空中廊下、建築学的にも非常に価値がある建物ばかりですが、写真でご覧いただいた通り崩壊の危機にさらされています。
いかに保存をしていくかが今後の課題です。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…
  2. 183-tn
    ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  3. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…

新着記事

  1. frankfurt-germany_0
    ドイツにあるフランクフルトという街を知っていますか?ソーセージを串に挿した「フランクフルト」の街とし…
  2. victoria-974779_1280
    温暖な気候に恵まれて、バンクーバーよりもこじんまりとしたBC州の州都ビクトリアは、世界中からの観光客…
  3. walter-white-money
    内戦や政情不安などにより経済が不安定な国では、通貨価値の変動が大きく動いていきます。事情を考…
PAGE TOP