Amed

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

Kutaから約3時間の所にあるAmed。と~ってものんびりできそうな雰囲気。

到着した次の日にレンタルバイクを借りて、二人乗りして町散歩に出かけることにした。

借りたばかりなのにもうガソリンはスッカラカン…

日本では満タンにして返すけど、そんな常識は無いみたい(笑)

なのでガソリンスタンドは無いけど、近くの商店?みたいな所で入れて。

日本人4人もいると、インパクトがあるのかお店のみんなに凝視されて。

家族写真

1リットル50円、バイクは一日レンタル500円。

ついつい日本のガソリンの値段の高さを考えてしまう。
さてと、満タンになったことだし、出発!!

あまり車も走っていなくて、けど二人乗りは何十年振りかで、後ろに子供を乗せるなんて初めだし、
11歳の長女はとても不安そう…主人は余裕な感じだったけど。

私たちはドキドキだったけど綺麗な海と景色がたくさんで何度も足止めをし、なかなか先に進まない。

家族写真

そして次の日、現金が無いことに気づき(クレジットはほぼ使えなかった。)、宿の近くにはスーパーもATMもないので、町までバイクに乗っていきました。

色んな商店や露天があってとても惹かれたけど、いちいち寄ってたらたどり着けないので、スルーし

途中に「何か事故でもあったの?」ってくらいに警察官が沢山立っていて、

「そこのバイク止まりなさい!!!」

的な感じで手招きをされたけど。。。。止まらずそのまま突っ走り、

だいぶ走って、お腹もすいてきたので道路沿いにある屋台でミーバッソを食べました。

家族写真

これ、すっごくおいしいの!しかも20円だし、春雨と魚や肉のだんごも入ってて店によって多少の味の違いはあるけど、バリの人たちも3時のおやつで食べるくらいおなじみなものなんだって。

 

お腹もいっぱいになり、ふと帰り道にまだ警察官がいたらどうしよう???と思い

思わず、Putuさんに電話したら、

 

「バリノヒトハ スコシノペナルティデ スムケド、ガイコクジンハ、タクサントラレルカラ ホカノオカネハカクシテ、

” コレシカモッテナイヨ ”

ト オカネヲミセテ、スコシダケ オカネワタシテOKダヨ~」と言ってました!

 

その罰金は警察官のポケットマネーになるんだって。帰り道、会わなくて良かった。

一時間くらいかかって途中、大雨にも降られて全身びちょ濡れになったけど

無事にAmedにも着いてお金も引き出せたし、薬局やスーパーにも寄ってなんとなく一段落でした。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  3. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

PAGE TOP