「ユニクロ」がバックパッカー、海外旅行者の強い味方である理由まとめ

kkk1

シンプルで良いものを安く購入できる、日本最大のファストファッションブランドと言っても過言ではない「ユニクロ」は、結構お世話になっている人が多いのではないでしょうか。シンプルなデザインのものが多く、普段着として着やすくて、さらに値段もリーズナブルというのがユニクロの魅力ですが、実はユニクロってバックパッカーにとっても強い味方でした。

なぜ、ユニクロがバックパッカーの強い味方なのか、その理由をご紹介いたします。

シンプルで目立たない服装ができる

kkk2

日本人といえば、海外では「お金持ち」とか「平和ボケしている」というイメージを抱かれています。なので、他の国の観光客よりも日本人って盗難の被害にあいやすい、要するに狙われやすいということです。
盗難の被害にあわないようにするためには、とにかく目立つようなことをしないことです。国によっては派手な服装をした方が目立たないこともありますが、基本的にはシンプルな服装をした方が目立ちません。

ユニクロは変に目立つようなデザインのものは少なく、基本的にシンプルなデザインが多いです。シンプルなデザインを求めるだけなら、そこらへんのスーパーや量販店で販売されているものでもいいのですが、場合によってはチープな感じになってしまいます。
ユニクロはシンプルなのにチーズすぎず、そして使っている素材も良いものが多いので、着やすかったり長持ちしたりします。

バックパッカーの旅は長期間続ければ続ぅほど、衣類はどんどんぼろぼろになっていきます。長持ちできる衣類を用意すれば、服を買い換える手間も省けますし、コストを抑えることもできます。

靴や靴下から、サングラスや帽子まで、動きやすくて身軽なバックパッカーの旅に相応しいトータルコーディネートもできます。

暑い地域にぴったりな服もある

バックパッカーには東南アジアや南米など、赤道に近く暑い地域を旅する人も多いです。暑い地域で過ごすときの服装は、やはり通気性がよくて、涼しい服装が一番ですよね。ユニクロでは夏に「エアリズム(AIRism)」というシリーズが販売されます。

エアリズムシリーズは、下着、ボトム、シャツ、パーカーとたくさんの種類が出ています。エアリズムの特徴は、まず汗をかいたらすぐに服が汗を吸収し、吸収された汗はすぐに外に逃されるという吸放湿性に優れているというところです。
だから、汗をかいてもすぐにかわいて常にサラサラでベタつきません。通気性も吸放湿性もない服装ですと、いくら見た目は涼しい格好でもべたついてしまい、体に張り付いてしまうということもありますが、エアリズムならそのようなことにはなりません。

また、触り心地も滑らかでストレッチ素材であり、そして抗菌効果や消臭効果もあるので、汗のニオイが気になる人にもおすすめです。さらに、放熱効果と接触冷感機能もあるので、着るだけで涼しくなれる服です。

男女ともにエアリズムシリーズは出ており、さらに子供用もあるので、家族でバックパッカーの旅をする人にもおすすめです。値段もとてもリーズナブルでだいたい1000円前後で購入することができます。
普段ユニクロなんてあまり着ないという人も、暑い地域を旅するならぜひ1枚は持っておきたい服だと思います。

防寒対策もバッチリできる!

涼しい服装だけでなく、防寒対策できる服もたくさんあります。バックパッカーの旅では、持っていける荷物に限りがあるので、なるべく荷物はコンパクトにまとめなければなりません。
どんなに暑い地域でも、お店や飲食店、公共機関などでは冷房が効きすぎている場合もありますし、昼はとても暑いのに夜になるととても寒くなる地域もあるので、防寒対策は大切です。

ユニクロには1枚羽織ると温かくなるような薄手のカーディガンやパーカーも多く、さらに冬になるとお馴染みになるヒートテックも半袖タイプのものが出ています。通気性に優れているレギンスなどもあるので、暑い地域での防寒対策もバッチリです。

このサイトを運営している家族

貯金30万円、財産すべてをザックに詰め込み、7歳と9歳の娘たちを連れて地球放浪の旅に出たのが10年前。今になっても着地できず、旅は年々刺激と学びが増すばかり。

私たちの「超刺激的な旅ブログ」を読む👇
https://yuuma7.com/blog/

大麻など覚醒植物の研究と意識世界の旅

覚醒経験(かくせい)は人生に大きな学びを与えてくれるでしょう。「意識世界の旅」に出かけてみませんか?

草・意識世界の研究・ブレンドハーブ通販はコチラ👇
https://yuuma7.com/kusa/

旅人志願者向けの求人情報!

どんな物騒な世界になろうとも、旅人の目に映る景色はいつも平和で自由、そして愛そのものです ~ ♪

求人情報はコチラ👇
https://yuuma7.com/live-free/

寒い地域でも身軽に動ける服装を実現できる

kkk3

暑い地域だけでなく、雪が降るような寒い地域を旅される人も多いです。寒い地域に行ったときに困るのが、服で荷物がかさばってしまうことです。特に上着は圧縮袋に入らなかったり、圧縮してもあまり潰れないものもたくさんあります。
ユニクロにはコンパクトに畳むことができる「ウルトラライトダウン」というダウン製の上着があります。ウルトラライトダウンは見た目はとても薄くてスマートで、さらに専用の袋に入れればとても小さくまとまってしまうのですが、着ると嘘みたいに温かくなるのが特徴です。とても薄くて軽いので、本当に防寒対策できるのか不安になってしまいますが、ウルトラライトダウンなら1枚でもかなり温かいです。

さらに、先ほども触れた「ヒートテック」をインナーにすれば、身軽なのに寒い地域でも平気なくらい温かな服装になります。最近では「極暖」という、従来のヒートテックよりも1.5倍ほど温かくなれる服も販売されています。
同じヒートテックではありますが、極暖の方が分厚く触り心地も違うので、別物と考えたほうが良いでしょう。しかし、分厚くても従来のヒートテックのようにコンパクトにまとまるのでかさばりません。

普段ヒートテックを着て寝ている友人がいるのですが、ある日極暖を着て寝ていたところ、真冬なので汗がびっしょりになっていました。体温が上がっている状態で着るとさらに暖かさもアップし、保温効果もあるようなので、真冬のロシアやカナダなど雪が降るほど寒い地域に行く人におすすめです。

女性が安全に旅することのできる服装にも・・・

女性が安全に海外でバックパッカーの旅をするにはなるべく「シンプル」に、そして「露出」を少なくする必要があります。さらに、いざというときに逃げ出せるように「身軽」でなければなりません。この3点がマッチしている服装が女性にとって安全に旅をすることができる服装です。

ユニクロならエアリズムやヒートテックを使えばそのような服装を実現することができます。さらに、トップスだけでなくボトムにも女性は気を使わなければなりません。脚を出しすぎてしまったら、いつ襲われるかわかりませんので、やはりショートパンツやミニスカートはバックパッカーの旅には相応しくありません。
しかし、動きやすいボトムを選ぶならはやり短いものを選んだ方が良いような気もしますよね。そんな悩みを解決するのが「レギンスパンツ」です。丈の長さはいくつかあるのですが、脚を露出しすぎず、なおかつ動きやすくて身軽です。

また、最近では膝下スカートもたくさん出ているようなので、パンツよりもスカート派という人でも安全に旅をすることができる服装が実現できます。

コンパクト&リーズナブル

kkk4

バックパッカーにとって、衣類がコンパクトにまとまるのはとても助かりますよね、その分他のものを入れることができたり、もう少し服を増やすこともできます。おみやげだって買いたいと思いますし、コンパクトにまとまるという点だけでもバックパッカーの強い味方であることは間違いありません。

しかし、ユニクロはコンパクトにまとまるだけでなく、それに加えて機能性も充実しており、快適に過ごせるような服が多いということ、そして何よりもリーズナブルであるということがバックパッカーにとって強い味方である理由です。

ここで紹介した「ウルトラライトダウン」はユニクロにしてはちょっとお高めですが、他のメーカーのダウン製の上着に比べるとリーズナブルです。1000円以下で購入できる服も多いのでお財布にとても優しいです。
さらに、ユニクロと同じ会社であるファーストリテイリングの「GU(ジーユー)」というブランドでは、ユニクロよりもリーズナブルに、ユニクロと同じように機能世に優れた服を購入することができます。

普段他のブランドばかり着ていて、このようなファストファッションブランドはあまり着ない、お店に行くことはないという人も、バックパッカーで旅をするときくらいは使ってみても良いのではないでしょうか。旅を快適にする服がたくさんあるので、行って損はしないと思いますよ!

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。
 

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  2. 私たちは、家族3人+犬二匹でバンライフをしています。日本で家は持たず、旅をしながらこの「車のおうち」…
  3. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  4. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  5. 僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだくれて、牛とダンスした日。…
  6. スタートから61日目スタートからの距離2025km…
  7. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  8. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  9. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  10. 楽しかった~♪…

pickup 情報

  1. この記事はダイアルアップ接続時代からパソコン一つで稼ぎ続け、4つの法人を経営し、8つのビジネ…
  2. はじめにヒッピーについて書かれた本はあります。映画、小説、演劇などの題材となったこともありま…
  3. 木梨憲武。そのフルネームよりも「とんねるずのノリさん」として知られた時代が今はまだ記憶に鮮烈かもしれ…
PAGE TOP