「実体験」アメリカ旅行に必須、ESTA(エスタ)申請の落とし穴

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

79ba23a3386fe45bc60ec5c4086b9a32_s
アメリカを訪れる際には、ESTA(エスタ)を申請しなければならないのはご存じかと思います。
アメリカ政府はテロ防止の観点から、平成21年1月12日より、日本を含む短期滞在ビザを免除しているすべての国々を対象に電子渡航認証システムの申請を義務付けました。
正式には、Electronic System for Travel Authorizationといい、頭文字を取ってESTA(エスタ)と呼ばれています。
インターネットで簡単に申請できるのですが、ついうっかり手続をミスってしまいました。実体験に基づく筆者の失敗談です。

 

ESTA(エスタ)を申請するには

1de77452430e02ac5b125bf07e5d3e7c_s
申請は自身でESTA(エスタ)の公式ホームページにアクセスし、必要事項を入力します。
申請料は1人につき14ドル、支払いはクレジットカードやデビットカードを通じて行います。用意するものは、パスポートとクレジットカード、アメリカ滞在中の住所や電話番号を確認できるメモ、緊急時の連絡先です。入力に時間がかかりすぎるとタイムアウトが起こってしまい、最悪の場合は入力のやり直しになるので、しっかりパソコンの前に準備をしておいてください。全ての項目を英語で入力、または「はい」か「いいえ」で答えます。サイト内は日本語なので、英語が読めない人でも問題なく記入を進められます。
ESTA(エスタ)の申請は日本出発の72時間前までです(推奨)。認証の有効期限は2年間で、この期間中であれば何度もアメリカに入国できます。

 

ESTA(エスタ)申請の落とし穴

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s
上述したように申請サイトの指示に従って入力していけば、誰でも簡単にできてしまうのですが、意外な落とし穴があるのです。以下は筆者の実体験です。
ハワイ旅行が決まり、いよいよESTA(エスタ)の申請を、とインターネットの検索エンジンで「エスタ、申請」と打ち込みました。そこで、上位に上がってきたサイトから申請をしたのです。
インターネット申請なので、申請できるサイトは政府機関が運営する「公式」サイト以外にあり得ない、と思い込んでいたのが全ての間違いでした。本物っぽい類似サイトがいくつも存在するのです。筆者が目にしたのも、そのうちの1つだったのです。入力フォームの体裁は一見「公式」かのように見え、入力が終わると規定の政府費用に代行手数料を加えて請求する代行業者のサイトです。書類の準備や大使館に足を運ぶなどの代行をお願いするならまだしも、必要項目を打ち込んでいくだけで、何にも代行してもらっていないにも関わらず、代行手数料として7,000円以上もカードに請求されてしまったのです。サイト内をよく読めば気が付くことなのでしょうけど、「公式」サイトであると思い込んでいたため、ついうっかり見落としてしまいました。

ESTA(エスタ)の申請は必ず「公式」サイトから行ってください。
「公式」サイトで申請すれば14ドル、筆者はろくに確かめもせず大きな損失を被ってしまいました。これは非常によくある凡ミスらしく、インターネットで検索をしたら、同じ失敗談が続々と表示されました。
申請自体はきちんとできているので、取り消しをすることもできず、やろうと思えば何とかなるのかもしれませんが、調べるのも面倒なので、認証されたのだからもういいや!と諦めるとこにしました。
ちなみに、「公式」サイトはこちらです。
ESTA:公式申請サイト

 

まとめ

旅行に行く時は代行手数料が勿体ないので、大抵は自分でビザ申請をしてきた筆者は、ESTA(エスタ)くらい余裕!と自信満々、しかし、やってしまいました。
皆様が同じような失敗をしないように、アメリカへ渡航する際はくれぐれもご注意ください。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. 生徒たちが動画を編集して作ってくれました、後半いいっす笑ちょっと長いですが、最後まで見てくだ…
  2. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  3. 写真:papaインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎインド旅の最終目的地…
  4. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  5. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…
  6. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  7. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  8. 16歳のアキちゃ…
  9. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  10. ここ最近の僕たちの様子~僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだく…

pickup 情報

  1. バックパッカーもそうでない人も、世の中でバックパッカーと呼ばれている旅人たちの現実をチラリと…
  2. はじめに海外旅行は家族で行くのがごく普通でも、その旅のスタイルがバックパッカーだと家族で出発…
  3. クジラの死骸から発見された、40kg相当のプラスチックゴミ。これが何を意味するか、誰の目にも明らかで…
PAGE TOP