「海外の仕事」外国でイベントプランナーとして働きながら旅暮らし

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

イベントプランナー。ちょっとカッコイイ職業名ですね。でも、実際のところ、どんな仕事をするんだろう? 安定しているのかな? そんな疑問もわいてきます。

でも、このイベントプランナーという職業。ひらめきと行動力次第で世界を舞台に活躍できる上、さまざまな可能性も広がっていく職業なのです。

イベントプランナーに資格は必要か?

不要です。イベントプランナー養成講座みたいなものもありますが、実際にイベントをプランしている人たちの中に、そこの出身者は多くありません。

イベントプランニングの会社に就職したいのなら、それらの講座や専門学校を卒業していることも、一つのキャリアとして見られるかもしれませんが、イベントプランナーの世界は実力主義。肩書や学習記録よりも、実際にどんなイベントに携わったことがあるかという経験値と、自分がどんなイベントと立ち上げていきたいと思っているかという独創性が重視されます。

イベントプランナーにはどうやってなるのか?

世の中にいるイベントプランナーは大きく分けて2種類。1つ目は、イベントを主催する企業や、企業が開催するイベントのプランニングを専門に行う会社に勤めている人やそこから独立した人。そして2つ目は、自分のひらめきや行動力を発揮して、一から自力で自己流のプランを企業や団体に売り込む完全フリーランスタイプ。

すなわち、イベントプランナーになるには、イベントプランナーを抱える会社に就職して経験を積むか、最初から自分の才能を売り込んでいくかの2通りが考えられるわけです。

前者の場合は、イベント運営に興味は持っていても、社会人になってから本格的に取り組み始めることが多いのですが、後者の場合には、学生のころから、仲間内でイベントを企画して運営するなど、規模の大きさはさまざまでも、すでにイベントをプランニングしているタイプが多いようです。

これからでもイベントプランナーになれる人とは

年齢や社会経験などによっては、今からイベントプランニングの会社に就職するのは難しい人もいるでしょう。でも、フリーランスであれば、誰でもいつでもスタートが可能です。

ただ、才能がモノを言う世界なので、それなりの人とは違うひらめきやプランニング力、そして、他人を惹きつける人間的な魅力とプラン内容の斬新さ。さらには行動力などが必要です。

こんなイベントを立ち上げたい。憧れのあのイベントのプランニングに携わりたい。そんな具体的なイベントプランを頭や心に持ち、それを実行する度胸や勇気のある人なら、挑戦する価値がありそうです。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

日本を飛び出し海外でイベントプランナーになろう

日本人イベントプランナーが、海外で活躍している例はすでにあります。

彼らの武器は、綿密な計画と斬新なアイデアのコラボレーション。どんなに斬新で人を惹きつける内容のイベントを提案できても、それを表現できる才能や実行できる実務力がなければイベントは成り立ちません。その逆もしかり。

また、近年は日本発祥のさまざまな文化が海外でもてはやされることもあり、日本人イベントプランナーの活躍の場は増えています。距離や言葉や文化の壁が薄く低く細くなり、日本人イベントプランナーが実力を発揮しやすい環境が意外にも多いのです。

日本人イベントプランナーはどんなイベントで活躍しているか

まずは、アニメなどの「オタク系」イベント。これは、海外のイベントプランナーに主催のものもありますが、日本人がやることで、その中身の濃さも、開催イベントの人気もアップするといわれているそうです。

少し流行が落ち着いた感のあるコスプレも、逆に、表面だけ「おもしろい」「変わっている」と興味を示していた人が去り、コアな固定ファンが残ったため、規模や回数は縮小傾向にあっても、イベントとしての成功率は高くなっているといえます。

このほか、日系ブランドや日系ネットアイドルなどに照準を当てたイベントも、日本人のプランナーならではのアレンジで、世界各地、それこそ先進国だけでなく後進国でも開催され、大きな話題を呼んでいます。

イベントとイベントプランナーの逆輸入も

日本国内では、日本人受けする多くの大小規模のイベントが常にどこかで開催されています。その数は首都圏を中心にとても把握しきれないほど。そのため、国内でイベントプランナーとしての名前をあげるのはなかなか難しい面があります。

また、日本企業がバックにつき、その名前をかぶせたイベントになることが多いという都合上、イベントプランニング会社に丸投げしてしまう例や、企業受けする名の知れたイベントプランナーばかりがあっちでもこっちでも使われることが多いという実情もあります。

ところが最近、海外、それも後進国やヨーロッパなどのあまり名の知られていない小都市で、日系イベントを企画・運営して成功させた日本人イベントプランナーが、日本に凱旋帰国してイベントを行う例もでてきました。まさに、イベントとイベントプランナーの逆輸入ですね。

比較的結果を出しやすく、名前を売りやすい海外で成功をおさめてから、日本でも活躍するというスタイルは、ノマドのスタイルにも合っているのではないでしょうか?

海外でイベントをプランするには、どこから始めればいい?

いろんな方法が考えられます。自分個人のアイデアが、たとえ頭の中であってもきっちりと形になっているなら、ファンディングサイトなどで、投資を募るという方法があります。

イベント内容と利益が合致する企業を探して、売り込みをかけるという方法もあるでしょう。企業だけでなく、現地の各種団体、たとえば学校、たとえばアニメやアイドルのファンクラブなどと連携してイベントと立ち上げる方法もあります。

イベントプランナーの一番の利点は自己資本金が不要なこと

多くのイベントは大きな費用がかかります。でも、イベントプランナーは、イベントのイメージを表現するのが仕事。そのイメージを買ってくれる企業や人を探すことで、自分自身の資本金がなくても活動ができるのです。

もちろん、大きな資本を集めるためには、それだけの魅力や価値のあるアイデアを示す必要があります。また、プランナーである本人にも人としての魅力がなければ、投資してくれる企業も人も現れないでしょう。

まとめとして

こうしてまとめると、イベントプランナーってすごく簡単になれそう! と思う人と、すっごく才能が必要だし、無理だわ…と思う人に分かれそうです。

どちらも正解。ただ、すごく簡単になれるけれど、成功するかどうかは別問題。すっごく才能が必要だけど、それはある程度ひらめきや運次第のところもあります。

興味を持った人は、まず、アイデアをノートに書きだしてみましょう。短時間に30個くらいのイベント案を書き出せたらなら、第一関門は突破。さらにそれぞれの簡単なプランニング(設計書)を組み立ててみましょう。どんどんアイデアが浮かび、「これはいけるかも」と思えたら、思い切ってファンディングサイトにあげてみてはいかがでしょうか?

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. 楽しかった~♪…
  2. ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  3. こんにちは。ひでです。風の吹くままに風が吹いた方へ身を任せるように、その時々で方向や方針を変…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

村人ブログ

旅が仕事YUUMA

PAGE TOP