「海外の仕事」外国でジュエリーデザイナーをしながら旅暮らししてみたら

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ジュエリーデザイナーという職業、宝石加工会社などの内部部門にも存在していますが、実は外注されることの方が多く、世の中にはフリーランスのデザイナーが存在しています。

ジュエリーの豪華な単価と比較すると、デザイナーのデザイン料は少々お安めだといわれますが、意外なほど間口の広いこの職種、海外ノマドとは相性がよさそうです。

ジュエリーデザイナーって何をする人?

職種名として、あまり身近で耳にすることがないかもしれません。例えば、壁紙のデザイナー、カーテンデザイナー、または本の装丁デザイナーや食品の包装袋のデザイナーなど、世の中の形があり絵図柄のある物にはすべて「デザイン」が施されています。

でも、それぞれのデザインをしているデザイナーの存在はあまり知られていませんね。ジュエリーの場合も同じです。

ジュエリーデザイナーは、その名の通り、ジュエリーの形やスタイル、組み合わせなどをデザインするのが仕事です。金銀プラチナといった金属類、ダイヤやサファイヤなどの宝石類、真珠、クリスタルなど、さまざまな素材を組み合わせます。ネックレスやブレスレット、指輪やイヤリングなどの身近なもの以外にも、戴冠式などで使用されるティアラや王冠、勲章、ジュエリーベルトなどもデザインする人がいます。

ジュエリーデザイナーにはどうやってなるのか?

きちんと勉強する専門学校もあれば、手軽なカルチャークラス感覚のクラスもあります。これらに参加して、ジュエリーデザイナーによる講義を受けて学ぶ人。もっぱら独学で学ぶ人。宝石関連会社やデザイン事務所に就職して、内部で経験を積む人もいます。

フリーランスのデザイナーは、デザインデッサンを大量に描いては、宝石加工店などに持ち込むようです。また、定期的にジュエリーデザインのコンペなども開催されているため、そこに参加することが、実力を磨く切磋琢磨につながると同時に、関係者の目に自分のデザインが触れる機会にもなっています。

ジュエリーデザインで食べていける人とは?

自分の好きなようにデザイン画を描いて、それで食べていける人は多くありません。ほとんどのデザイナーは、客先の要望に合わせたデザインを大量に提案し、そのうちのいくつかが製品化されることで収益を得ています。一社あたり月に100枚以上のデッサン画を提出するなど、当たり前のことだといいます。

その100枚のデッサン画1枚1枚に価格がつけられるわけではありません。客先が気に入る1点、または数点にたどり着くまで何枚でも描いて、それでいくらという契約。頭にたくさんのデザインやアイデアが詰まっていないと、つらい思いをしそうです。

とびぬけた才能の持ち主で、その名前を関したデザインジュエリーが売れるくらいになれば、デザイン画1枚あたりに値段がつきますが、それはほんの一握りのジュエリーデザインの話です。ジュエリーデザイナーとして生計を立てている人のほとんどは、複数の宝飾メーカーとフリーランス契約を結び、月間・季節毎などごとに、大量のデザインを提出することで、一定のペイを受けています。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

ジュエリーデザイナーとして成功している人の特徴

大成功している人は、才能にもチャンスにも恵まれている人です。

それ以外の、そこまで有名ではなくても、そこそこのメーカーと契約して、生計を立てている人は、集中力と筆の速さに特徴があるような気がします。

まず、デッサン画を描くのに時間をかけません。1枚あたりはおそらく数分。それを次から次へと描いていきます。1時間くらいは描き続けているでしょう。その集中力はたいしたものです。そうして、何十枚もできあがったデッサンのすべてが使えるわけではありません。その中から何枚かを選び出して肉付け色付けをしていきます。

また、彼らの多くはメーカーを絞り込まず、多くの契約先を抱えています。複数の契約口を持たなければ生計が成り立たないという現実もありますが、より多くの窓口を持つ営業努力をする人、相手の要求に合わせて幅広いデザインを描ける人が生き残っているともいえるでしょう。

海外でジュエリーデザイナーになる利点

デザインそのものは、日本であろうが海外であろうが、どこにいても描くことができます。また、客先とのデッサンのやり取りや、修正なども、現在はネット通信があり、どこにいてもほぼ問題なく行うことができます。

そんな中、日本を飛び出して海外でノマドをしながら、ジュエリーデザイナーになる利点はどこにあるのでしょうか?

まず、海外に出るという行動力、より多くのものを見たいという好奇心、その結果、より幅と深みのある考え方を持つにいたります。人間としての幅が広がれば、デザインの幅も広がるのです。

もう一つ大きな利点があります。それは、宝飾メーカーの多くが海外に営業所や事務所を構えていること。

ジュエリー会社はアジアやヨーロッパに拠点を持つ

ジュエリーの材料である貴金属や宝石類などの多くは海外で産出しています。そのため、宝飾関連の企業はかならず、原産地に事務所や営業所を持っているのです。

そして、最近はジュエリーの加工も海外で行われることがほとんど。アジアを中心に手先の器用な民族が多く、また日本に比べて人件費も設備費も安いため、高額なジュエリーを扱う企業としては、日本国内での価格競争で勝つためには、欠かせない要素が揃っています。

先にも説明したように、デザイナーは宝石に直接触れる必要も、店舗へ出向く必要も、必ずしもありません。それでも、加工地の近くにいればそれだけ、企業側にとっても、デザイナーにとっても、いろいろなアレンジがしやすいのも確かです。特にデザイナーは、デザインする実物の原石を見て、イメージを膨らませることもが可能になります。これは、大きなアドバンテージになりえますね。

日系宝飾メーカーの現地事務所専属デザイナーの道も

ノマドにとって安定した職につけることがうれしいのかどうか、微妙なところですが、海外に拠点を置く日系宝飾メーカーの中には、ジュエリーデザイナーを現地事務所のスタッフとして雇い入れる例もあります。

日本国内の宝飾メーカーに就職するのと比べると、待遇は下がることが多いのですが、自由度は上。また、同業他者との競争も少なめなので、楽な面もあります。また、常に自分がデザインする「元の素材」と「加工中」と「完成品」を目にすることができるため、イメージングやモチベーションアップに大いに役立ちます。

まとめとして

ジュエリーデザイナー。肩書としても素敵な響きです。それもノマドとして海外を旅しながら、行く先々で新しい景色や文化に刺激を受けて、新しいデザインを生み出していく。そんな生活を現実にできるかもしれません。

デザインという、ゼロのところから自分の頭の中身だけで作り出す仕事は、誰にでもできるものではありません。もし、あなたが宝飾品に興味があり、デザインにも触手が反応するようなら、裏紙でもかまいません。100枚を目標に、走り書きデッサンを試してみてはいかがでしょうか? 「あれ、いけそう?」と思ったら、デッサンを仕上げ、宝飾メーカーなどに連絡を取って、見てもらえるよう営業をかけてみませんか?

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  2. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  3. ※写真: TRAVELER'S NOTE スタートから39日目~…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

村人ブログ

旅が仕事YUUMA

PAGE TOP