「海外の仕事」外国でルーターや携帯電話レンタル業をしながら旅暮らし

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

海外旅行に行くとなったら、保険加入と海外で使えるルーターを予約する。これが昨今の海外旅行の当たり前事前行動になっているようです。

ルーターや携帯電話が必要なのは日本人と日本だけ?

私自身が使う携帯は、現在の住中地でごく当たり前に売られているsimフリー端末。そう、世界のほとんどどの国へ行って、現地のsimカードを購入して差し込めば、普通に使えてしまう携帯電話なのです。

トラベラーズ用の短期間simカードでもいいし、現地の人たちが使うプリペイドタイプのsimカードでもOK。海外用のルーターをあらかじめ用意しておく必要も、現地用の携帯電話を予約しておく必要もありません。

でもそれが一般常識かというと、日本・日本人にとっては少々事情が異なります。

日本ではsimフリーはまだ浸透しきらず…

以前からありました。日本にもsimフリー端末。

でもそれば、頻繁に海外ノマド的に旅をする人や出張者などの間で、海外で使える便利な品として、細々と出回っていただけ。それどころか、simフリー端末はルール違反としてみなされることさえありました。なぜなら、日本は携帯通信会社主体でsimカード管理が行われているから。

ようやく近年になって、携帯会社相互乗り換えが可能になり、simフリーに近い格安simを扱う通信会社も出てきました。simフリー端末の販売も始まっています。でも、正直なところまだまだに見えます。

そんなわけで、simフリー端末を持っているにもかかわらず、日本に入国すると適応する短期用simカードがない! という時代がしばらく続きました。この対策として、海外の現地で「日本仕様のsimカード入り携帯電話」をレンタルしていました。

でも、最近は短期間のトラベラーズsimも販売され、選択肢は少ないものの、自分の携帯電話のsimカードさえ交換すれば一応OKとなり、簡単かつお手頃に、時には電話を、時にはデータ通信を利用できるようになりました。

日本人が海外へ行くときにルーターが必要な理由

海外から日本へ入国する場合には、一応simフリー端末対応のsimカードが入手できるようになりました。でも、実際に日本国内のほとんどの日本人は今もsimロックのかかった携帯端末を使用しています。そう、ほとんどの携帯電話では、海外のsimに差し替えても使えないのです。

そこでルーターの出番。

海外仕様のsimカード入りルーターがあれば、日本のsimロック携帯であっても、Wi-Fiにつなぐ感覚でデータ通信ができます。そう、通話やショートメッセージはできないものの、LINEやSkypeなどのアプリを通じて、日本にいる時と同じように連絡を取り合うことができるのです。もちろん、インターネットサイトの検索も可能。

使い慣れた自分の携帯を海外旅行先でも使えるとあって、この海外ルーターは大人気。大型連休や長期休暇時には、ALL貸出済み御礼となっているルーターレンタルショップもあるほどです。

このルーターレンタル、日本国内で借りていけば、渡航先の空港に降り立った瞬間から使用可能。「到着なう」的なポストもサクサクっとあげられます。

現地でルーターをレンタルすることも可能です。ただこの場合、現地に日系のレンタル業者や旅行会社によるレンタルなどがない場合には、現地事情通向け。また、空港でピックアップできるとしても、それは完全に入国してからの話。ホテルや現地のオフィスまで出向かなければ手に入らないこともあり不便です。

ただし、多くの場合、日本でレンタルするよりも若干割安なので、選択肢の一つといえるでしょう。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

現地で携帯電話レンタルはどう?

現地仕様の携帯電話をレンタルすれば、通常の通話やショートメッセージのやりとりも可能になります。ただ、普段使っている携帯とは違う使い勝手に戸惑うこともあり、あまり人気がない模様。長期滞在者やビジネスで通話頻度の高い人などが使っています。

海外でルーターや携帯のレンタル業を営む

このレンタル業、主に日本人相手になります。海外の多くの国からの旅行者は、simカードを購入して差し替えをするのが一般的なので。

また、日本人の多くは、海外旅行のツアーやパッケージを申し込んだそのついでに、ルーターの申し込みもしてしまいます。旅行会社や航空券購入サイトとルーターレンタル業者が連携していることも多いようです。

さらに、先に説明したように、日本からレンタルしていけば、空港についてすぐに使い始めることができるという大きなメリットもあります。

こうなると、日本からの旅行者相手に、海外でルーターのレンタル業を営むには、かなり目を引くようなサービスが必要になります。それが料金設定であり、在庫数や現地でのアフターサービスです。

レンタル後フォローアップの重要性

自分の携帯をルーターにつなぐだけ。それが難しいと感じる人もいます。多くの場合、レンタル用に使用されているルーターはシンプルなタイプで、設定などをいじることすらできません。それでも、うまくつながらないというトラブルは常に発生します。

それにいかにすぐ対応するか、これで「口コミ」の流れは変わります。また、レンタルルーターは使い込まれていることが多いのと、旅行者があちこち持ち歩くため、故障することも少なくありません。そんな時のための保証や補償。交換などの対応にも、注目が集まります。

また、ルーターが必要なんて考えもしなかったという人ために、突然の無予約駆け込みでもレンタルができる在庫の確保も重要なポイント。日本で借りてきたルーターがうまく使えない、壊れているけれど交換できないといったパターンにも、柔軟に対応できるのが現地レンタル業者の強み。

これらの手厚いサービス面を強調することと、現地空港での手渡しなどの工夫で、日本国内レンタル業者と競っていけるかもしれません。

それでも、ルーターレンタルだけではやっていけない

よほどの数のレンタルをこなさなければ、ルーターレンタルの収入だけでは生計を立てていくのは難しそうです。

そこで、長期滞在者向けの携帯電話レンタルや、シミフリー端末所有者のための各種simカード販売なども、行ってみたいところです。

地域によっては、simフリー端末そのものを販売することも、収益につながるかもしれません。

まとめとして

携帯電話なしでは行動できないという範囲が、世界に広がりました。学校や職場、遊びに携帯電話を握りしめていくだけでなく、海外旅行でも日本国内にいる時と同じように携帯が頼り。時には依存? と思うほどです。

近頃、海外を旅するのに、いつも通り現地のsimカードを差し替えるつもりで普段使いのsimフリー端末を持参しました。ところが、到着後数時間で破損。

さて、海外旅行中に携帯電話がないという事態。ルーターレンタルでは意味をなさないので、携帯レンタルを探しましたが見つけることができず、滞在日数も10日ほどだったので開き直って、携帯なし滞在で通してみました。

意外になんとかなるものです。もちろん、不便なこともありましたが、なんだか古き良き時代を思い出して楽しくなってしまったくらい。

ルーターレンタル業の起業に水を差すわけではありません。ただ、ルーターを持つことで、普段通りの携帯生活ができてしまう便利さは、海外旅行の非現実感を減らすというデメリットもありそうです。

海外旅行にルーターレンタルは必須。それはそれでいいのですが、旅先で携帯画面ばかりを覗き込んでしまい、景色を眺めるのを忘れないようにしたいものです。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  2. まさかの関空水没からの、色々な問題を乗り越え、ようやく、タイ・パトンビーチで全員集合できました!…
  3. スタートから61日目スタートからの距離2025km今日の走行距離10km本日の旅…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

村人ブログ

旅が仕事YUUMA

PAGE TOP