「海外の仕事」外国で家庭教師として働いて自由な生き方を実現

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

日本人が海外で家庭教師。これには大きく分けて二種類あります。一つは、日本語という言語を中心とした家庭教師。日本語教師に近いものです。もう一つは、日本でいう家庭教師と同じもの。日本の学校に通えば普通は習う一般的な学校の教科学習を家庭で教えるものです。

そんなの海外で需要があるのか? との疑問の答えは、「ある」です。

海外家庭教師って何を教えるの? 日本語家庭教師の場合

まずは最初にあげたように、日本語という言語を教える家庭教師があります。

これは、外国人や日系人など、まったく、またはほとんど日本語を理解しない人に対して、日本語の話し方を中心にマンツーマンで教えるもの。教え子側の希望にもよりますが、一般的には、「こんにちは」「さようなら」「ありがとう」といったシンプルな会話から入り、ひらがなを学びながら、英語や現地語と照らし合わせ、語彙を増やしていくのが初心者。その後、カタコトの会話が成り立つようになると、文法を解説しながらより細かく実用的な日本語を教えていきます。

そんな家庭教師、日本語が話せる日本人なら誰でもできそうな気がするかもしれませんが、意外と難しいのです。日本語教師経験者、または友人や知人に日本語を教えた経験がある人なら、わかると思いますが、日本旅行で使える表現をいくつか丸暗記させるのとは違って、会話力を育てるという教え方は工夫が必要です。もちろん根気も必要だし、ふさわしいテキストも。

テキストは市販されているものを使うこともあるし、日本のマンガなどを使うこともあるようです。この日本語家庭教師。1,2年で生徒を日本語会話できるレベルに育てられればたいしたもの。それで食べていけるかもしれません。

海外家庭教師って何を教えるの? 日本の教科家庭教師の場合

これは、日本における家庭教師とほぼ同じ。「ほぼ」とつける理由は、海外在住日本人の中には、日本語の理解力が低い生徒さんも多いため、教科家庭教師として雇われても、実際には日本語も教えなければならない場合が含まれているからです。

それでも、教科家庭教師は原則として、国語や算数、理科社会といった、日本の教科書の内容を教えます。そのレベルはいろいろ。ごくごく初歩だけ触れておけば十分な場合もあれば、難関校受験に対応するようなレベルを要求されることもあります。また、担当する生徒の年齢にもよります。

日本の教科家庭教師がなぜ必要か?

海外在住日本人家庭、海外在住国際結婚家庭、外国人家庭の日本赴任経験者家庭などが、日本の教科家庭教師を雇うことがあります。

目的は、日本の学校の勉強についていけるようにすること、または遅れないようにすること、忘れないようにすること。中には、現地の日本人学校や日本人補習校に通っている子どもの塾感覚で家庭教師を雇うこともあります。

小学生の勉強くらいなら親が見れば、と思うかもしれませんが、日本の小学校や日本人学校に通っている子どもになら、親のフォロー程度でもある程度やっていけるかもしれません。ただし、現地校やインターナショナル校に通う子どもに、さらに日本の教育も与えるとなると、フォローではなく、まったくの基礎から教えることになります。これは、いくら親自身が習ったことや通り過ぎてきたことであり、難解な問題でなくても、教えるのは難しいのです。だから家庭教師だ! となるわけです。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

教科家庭教師を雇うのはどんな人たち?

まず考えられるのは、日本の学校に通えない・通わない家庭の子どもの親。これらの子どもの場合、多くは少なくとも片親が日本人ですが、学校は現地校やインターナショナル校に通っているため、日本の教科学習経験がありません。そう、ひらがなもカタカナも漢字も、そして九九も知らないまっさらな状態なのです。

彼らは日本語を話せるとしても、読み書きはまずほとんどできないため、そこからのスタート。年齢が小学校低学年くらいまでなら、ゼロスタートであってもそれほど違和感なく教えていけますが、学年がある程度上がってから、慌てて日本の教科勉強を始めるタイプを教えることもあり、これに対しては、家庭教師側の学力レベルの高さよりも、教え方や教材により工夫が必要です。

次の可能性は海外駐在中の日本人家庭。この場合、以前は日本で日本の学校教育を受けていた、または今後日本に帰国して日本の学校教育を受ける予定があるため、日本の学力を落とさずキープするため、またはさらに磨きをかけるための家庭教師を必要としています。

そのため、家庭教師に求める学力がある程度高くなります。また、海外駐在家庭の親の多くは、高学歴。その学歴にそぐわない家庭教師はふさわしいと判断されません。また、経験や経歴もチェックされるでしょう。

家庭教師の職はどこでみつける?

私の知る限りでは、知人の紹介・クラシファイで募集をかける・家庭教師派遣事業を利用する・現地の日系塾から派遣してもらうなどがほとんど。

教える子どもの年齢や学力、そして、求める教科レベルなどによって、家庭教師に求めるレベルも変わってきます。大卒であればいい場合もあれば、塾講師や家庭教師の経験者を求める場合もあります。

家庭教師の収入は?

日本では比較的「オイシイ」といわれる教育産業の花形家庭教師。海外での待遇はどうなのでしょうか?

これがびっくりですが、非常に幅が広いようです。それも、内容と待遇が必ずしもマッチしないのが海外家庭教師の実情。未経験で小学生にひらがなやカタカナを教えるだけで、高額時給を提示されることもあれば、中学受験や高校受験、時には大学受験を控えているような生徒にみっちりと受験勉強を教えなければならない場合であっても、ちょっとしたお小遣いレベルしか提示されない場合もあります。

これ、日本に長く住んでいた日本人家庭では比較的高額であり、現地度が高い家庭ほど低く設定していることが多いような気がします。これは、日本における家庭教師相場を知っているかどうかも関係していそうです。だとすると、ある程度の交渉余地もあるかもしれません。

カテキョでノマド

日本人で、教育熱心な人が多く住む地域であれば、可能かもしれません。

家庭教師は、一般的に単価が高く、さらに時間の融通がきくとても便利な職です。もちろん、その分要求されるものも大きく肩の荷が重いのは仕方ありませんね。

勉強が得意で、さらに教えるのも得意。そんなタイプなら、海外で家庭教師をしながらノマドするという選択肢もありそうです。

まとめとして

実際に日本人家庭で日本教育の家庭教師をしている知人がいます。また、現地人家庭ですが、日本語教育を子どもに与えたいと考える親によって、日本語家庭教師として雇われている日本人も知っています。

自分の周囲を見回しただけでも、職の数は多そう。ただし、家庭教師をしている彼らは、日本で長く塾講師をしていたり、日本語教師の資格を持っています。さらに、授業前にはかなり熱心に予習をして授業を組み立ててもいます。

実際に教える時間は1,2時間であっても、その準備時間にその倍以上かけているのは確実。オイシイようで、隠れ苦労が多そうなのも家庭教師の特徴かもしれません。そのあたりを覚悟、いえ承知した上で、挑戦してみたい人はぜひ。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  2. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  3. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

海外の仕事・ノマドワーカーのすすめ

ナチュラル村人ブログ

PAGE TOP