「海外の仕事」外国で書店経営をしながら旅暮らししてみたら

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

電子書籍の登場で、紙の本を持ち歩く人は減りました。でも、一部で噂されたように、この世から書籍が消える…なんてことにはなりませんでしたね。電子には電子の、紙には紙の良さがあり、両方を上手に使い分けている人が多いような気がします。

ただ、日本でなら当たり前のように、ネットでもコンビニでも、書店でも手に入れることができ、図書館で借りることのできる書籍。これ、海外でも買えたらうれしくありませんか?

海外で日本書籍を買う人って?

海外や旅先での本、というと、旅情報誌を思い浮かべますが、長期滞在となると読書用書籍が欲しくなります。あれもこれも持っていきたいし読みたい。でも重い。読書好きな旅人は限られた容積のバッグの中に入れるべく、本を厳選しているのではないでしょうか?

また、現地滞在の日本人も、多くが日本書籍に飢えています。電子書籍なら海外でも購入可能ですが、新刊や珍しい本などは、電子化されるのに時間がかかったり、されないことも少なくありません。やっぱり紙で読みたいという要望ももちろんあります。

日本では当たり前に手に入れられる本ですが、海外では簡単に手に入らないからこそ、日本にいる時以上に、日本語の「本が欲しい」「本が読みたい」という欲望はむくむくと膨らんでくるのです。一種のホームシックともいえるかもしれません。

海外ではどうやって書籍を手に入れているか~日系書店

日本人が多く滞在する都市部や観光地であれば、日系の書店があることも。また、旅人たちがゲストハウスなどに置いていく本や、タダ同然で引き取られた古本などを現地の古本屋で見かけることもあります。

日系書店はその規模にもよりますが、それなりの品揃えです。新刊はそれほど遅れることなく、書棚に並びます。人気のあるビジネス本や料理本などもある程度の幅を取って並んでいて、見ると嬉しくなります。日本語で現地情報を収集できる本や雑誌もあります。とてもありがたい存在です。

ただ! 高いのです。場所にもよりますが、最低でも日本価格の1.5倍はしています。1000円の本は1500円以上しているのです。これ、厳しいですね。

海外ではどうやって書籍を手に入れているか~ゲストハウス文庫

また、ゲストハウスなどには「文庫」的な本が置かれていることがあります。ただし、旅情報誌かマンガ系が多く、趣味が合わなければまったく役をなさないことも。また、その状態の悪さも気になるところです。

借りて読むことはできても、自分のものにできないという問題点もあります。当然、そこに泊まっているか、なんらかのツテがなければ借りられない可能性も高いでしょう。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

海外ではどうやって書籍を手に入れているか~現地古本屋

現地の古本屋の場合はどうでしょうか?

まず、古本屋の数自体が少ないという問題があります。大都市で数万人規模の日本人在住者がいても、古本屋はあって1,2件。日本で古本屋というと、最近はチェーン店で新刊も並ぶような普通の書店と見間違いそうな店を思い浮かべるかもしれませんが、海外の古本屋は本当に古本屋。古いマンガや雑誌、そして在住者が帰国時などに売っていくのだろう、お宝的なシリーズ書など、少々偏った品揃えになっていることが多いようです。

そう、自分好みの本見つけられる場所とは言いにくいのです。

買えないなら借りられる? ~現地図書館

先進国なら確実に、後進国でも都市部であれば、「図書館」があります。この図書館の蔵書の集め方は国や地域によって異なっています。中には、世界各地からいろいろな本を集めている図書館もあり、日本語の図書もありますが、それはいわゆる名作とか、大人気本とか、世界的に認められた学術本や芸術系の雑誌などになります。

日本語で、普通の娯楽用書籍や雑誌に出会える可能性は限りなく低いのです。

一縷の望みとして、現地の日本人学校や補習校、日本人クラブなどに設けられている図書室があります。これらは、一部の一般にも公開されています。

ここは、日本の今の書店や図書館に近い状態の蔵書を持ちますが、その数は少なくなってしまいます。また、一部の現地日系法人会社などにも、図書室や文庫が設置されていて、社員とその家族が利用できることがあります。

最後の手段、日本から取り寄せる

日本に帰省した時にたっぷり購入して、船便で送ったり、帰りの飛行機に別送品として載せたりすることもできますが、帰省の回数や滞在時間などの制約もあり、誰もが使える手段ではありません。

日本のネット書籍店の中には、海外発送をしている店があります。この場合、書籍代金に上乗せはありませんが、送料という壁があります。店によっては、たくさん買うことで送料が割安になることもありますが、たいていは1冊あたりの送料設定なので、海外取り寄せはお財布にやさしいとはいえません。

日本に「お願い」をきいてくれる家族や知人がいれば、ネットで買った本を船便などでまとめて送ってもらうという手があります。また、この転送を代行してくれる会社もあるので、大量に買う人にはお得なサービスになるでしょう。

海外でも本が読みたい!

このように、海外で紙書籍を手に入れるのは簡単ではありません。でも読みたいと思っている日本人は少なくありません。そこで! 海外書店経営始めてみませんか?

書店といっても、日本でもなかなか経営が難しい昨今なので、他の商品と抱き合わせ店舗がいいでしょう。日本人滞在者が必要とする、日本グッズを扱う店なら一石二鳥かもしれません。

また、新刊書の場合いろいろな販売上の制約があるので、古本または新古書を扱うのも手でしょう。同時に、読みたい本を探してくれる「せどり」的な役割とそれを現地まで取り寄せてくれる役割をも担ってくれれば、在住者にとって、とてもありがたいサービスになりそうです。

ただ、十分な収入をあげるには、本好きの固定客をしっかりとつかむことと、定期的に日本から現地に本を持ち込む「運び屋」をしてくれる人を揃えておく必要があると思われます。

まとめとして

日本の公立図書館でも、電子図書の貸出が徐々に進められています。実は、海外在住者としてこれをとても楽しみにしていたのですが、大手ネット書店などと提携したサービスではなく、図書館が図書館用に販売される電子図書を購入してそれを利用者に貸し出すスタイルが主流と聞いてガッカリ。

図書館用の電子図書は、絵本や辞典辞書などが多く、一般の娯楽書籍はごくわずか。もちろん、著作権や版権の問題もありますが、たとえ多少有料であっても、新旧たっぷりの電子書籍から借り放題! という夢のような図書館システムを利用できる時代は、やはりまだ先であり、今のところは夢のようです。

だからこそ、海外書店経営、やり方次第では喜ばれもし、儲けもでそうな気がするのですが、いかがでしょうか?

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  2. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  3. ニゴンボのレストランでは店のほとんどの所がアルコールを出していなく、何処に行ってもない!と断…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

海外の仕事・ノマドワーカーのすすめ

ナチュラル村人ブログ

PAGE TOP