「海外の仕事」外国で書道教室をしながら旅暮らししてみたら

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

日本で子どもの習い事として、今も昔もベスト5に必ず入る「書道」。

日本では、習い事としてだけでなく、学校の授業の一つとして受け、生活の中でも冠婚葬祭や年賀状書きなどで、それなりのつながりを持ち続けます。書道は、そんな伝統的な作法の一つですね。

この書道、意外に海外でも人気があるのをご存知でしょうか?

海外の書道教室、誰が教える?

国籍や人種でいえば、多くは日本人や日系人が教えていますが、まれに日本人ではない現地人が教える教室も見かけます。

日本人や日系人の場合は、いわゆる「免状」持ちや、そこまではいかなくても、書道にある程度の経験を持つ者が教室を開いています。それ以外の場合には、日本人から書道を学んだことがある、興味を持って自分で独学した、日本で学んできたなど、本物の中に少々の「なんちゃって」気味の書道の先生も混じっているようです。

日本人が多い地域で日本人対象に教室を開いている場合を除くと、書道についての知識の浅い人を対象としている教室もあります。その場合には、免状の有無や経験や腕の良さなどは、あまり重要視されない傾向があります。看板や先生の服装、そして教室内の内装などが、いかにも「書道」らしいスタイルを保っていれば、それで良い教室であり良い先生であるという、イメージ優先的な面があり、日本人の目からみると、「それでいいの?」と不安になることも。

海外の書道教室、誰が習いに来る?

そんな在海外の書道教室には一体だれが習いに来るのでしょうか?

まず、現地在住の日本人が第一候補にあがります。日本を離れることで、日本文化から遠ざかってしまう在住者たち。日本にいる間は気にもせず、やってみようとも思わないようなことに挑戦しようとすることがあります。その原因は、ホームシックだったり、アイデンティティの再確認だったり。

これは大人の間でよく起こる現象ですが、子どもたちは子どもたちで、そんな大人の影響を受けて、「書道くらい習っておきなさい」と通わされることがあります。

海外の書道教室、通う人の目的は?

日本で書道を習う理由は当然ながら「きれいな字を書きたい」でしょう。海外での書道教室も「きれいな字を書こう」は目標の一つですが、それだけでもなければ、それがメインでさえない場合が多くあります。

まず、日本文化に触れること。これが大きな目的になっています。また、書道という日本の伝統的な作法を通して、「和」や「禅」といった感覚に近づきたいという気持ちもあるようです。

空手や柔道はさすがに無理だし、近く座禅を組める寺もない、だったら書道でいいじゃないか、という考えです。同じように日本の伝統文化であり、正座もするから…。

もちろん、中には「毛筆を使ってキレイな字を」という本来の目的を持って通う人もいます。ただし、一部の大きな日本人コミュニティが存在する地域を除くと、決して多くはありませんが。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

書道教室を開いて、経営が成り立つ条件

習いに来る人が多い、または一人頭の月謝が高い。そのどちらかを満たさなければ、経営的に成り立たせるのは難しいですね。

対象生徒を日本人だけに絞り込める地域で、日本人対象の書道教室を開くなら、日本で教室を開くよりも、資格や自信が必要な可能性もあります。なぜなら、日本人海外在住者の多くが求めるスタンダードが基本的に高いから。ちょっと字が上手とか、経験がある程度では信用してもらえないのです。

また、現地の人を生徒として考えるなら、堅苦しい書道を押し付けると逃げられてしまうかも。彼らがイメージする「日本」から離れず、かといって難しすぎず楽しめるもの。それでいて、ある程度の「成果」も出る。そんな経営方針が必要でしょう。

書道教室を盛り上げるための努力

最初はお試しなどで、足を運んで書道に触れ、やってみようかなと思わせるところからスタートでしょう。

やると決めても、「週に1回通ってきてくださいね」だけでは、生徒がよほど書道好きか、先生がよほど魅力的かでなければ続きません。

書道を続けてもらうことが、書道教室を盛り上げることにつながります。書道だけでなく、日本文化につながるちょっとしたミニイベントを企画するのもいいかもしれません。

たとえば、太筆を使った書道パフォーマンスは人気を呼びそうです。書道からは離れても、日本の和菓子の試作や試食といった、日本の「和」に触れるチャンスを作ることでも、飽きることなく通ってきてくれます。友だちを誘いやすい環境作りも、本人のやる気アップと、生徒数増の両方に効果が期待できます。

現地語学学校や日本人学校、日本人コミュニティとのつながりを大切に

書道は、現地日本人学校や、現地校のクラブ活動、地域の文化活動などに、一つのイベント要素として参加することが可能です。作品を飾ってもらうだけでなく、その場で体験ができると、書道の味わいが伝わりやすいかも。

また、日系企業のパーティーなどで、着物を着て招待客の名前を習字書きするサービスを見かけたことがありますが、非常に人気を集めていました。

また、日本人クラブなどの日系人コミュニティで、時折無料の体験教室を開催すると、教室の良い宣伝になるでしょう。

日本文化を紹介する機会を見逃さずに参加

書道は、筆を握り、座って静かにたしなむものという印象が強いのですが、最近は「活動的」に「魅せる」書道活動もあります。

袴姿にたすき掛けをし、人の身長近くの長さを持つ太く大きな筆で、巨大な紙に文字や絵を描きこんでいく書道パフォーマンスを見かけたことのある人もいるでしょう。

あれ、芸術的な作品にするにはそれなりの技術や経験が必要ですが、イベントとして行うなら、大きな紙と筆があれば大丈夫。大きな〇を描くだけでも拍手喝采を浴びられます。このイベントは、日本人にはそれなりに、現地の人にとても感激されるので、ぜひさまざまな場所に足を運び、登録して、「パフォーマー」として参加してみてはいかがでしょうか?

 

まとめとして

日本国内では、書道教室の数が減ってきているそうです。

習い事としての候補にはあがっても、長く続ける子どもが少ないのが原因だとか。ほかに楽しそうな習い事が増えているからでしょうか。その一方で大人が「きれいな字」を求めて、お習字、とくにペン習字を習いたいと考えることが増えてきているそうです。

海外に出ると、日本語を書く機会が少なくなります。そのため、時折書く日本語の文字の上手い下手が目立つような気がしてきます。その結果、海外在住者の中で「ペン習字を習いたいな…」という声をよく聞きます。書道の経験があったり、免状を持っているという人にとっては、実は今こそ、ビジネスチャンスなのかもしれません。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。…
  2. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  3. 屋外・風通し良し・ジャングルのド真ん中・石垣島のずっと北の方です。風の音・鳥の音・虫たちの音…
  4. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  5. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  6. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  7. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  8. この記事はダイアルアップ接続時代からパソコン一つで稼ぎ続け、4つの法人を経営し、8つのビジネ…
  9. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…

pickup 情報

  1. ランタン飛ばして幸せになろう! 「コムローイ祭り」(Khom Loi)/タイ・チェンマイほか…
  2. はじめに「海外旅行」で「夜遊び」とくれば、男としては本領発揮! と気勢を上げるところでしょう…
  3. はじめにバックパッカーというと着たきり雀でみすぼらしく汚いイメージがこびりついているようです…
PAGE TOP