「海外の仕事」外国ホテルで日本人客をサポートをしながら旅暮らし

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

世界中日本人観光客が訪れない場所はありません。一部のキャンプ派や野宿派、またはCouchsurfing愛好家以外は、必ずホテルなどの宿泊場所が必要となります。

どんな場所でもどんな時でも、日本人スタッフがいるとそれだけで心強いもの。世界各地で日本人観光客を迎えるホテルで勤務しながらノマド。できるでしょうか?

ホテルではどんな人材が欲しいのか?

ホテルにはランクがあります。星の数だったり、ネームバリューだったり、価格だったり。そのランクの判断基準はいろいろですが、ホテル雇われるためには、そのランクに見合った資格や経歴が必要となるのは当然ですね。

ホテルが欲しい人材で、日本人が入り込めそうな職種には幾通りかあります。

①日本人客にも対応できるスペシャリストかジェネラリスト
②日本人客に特化したスペシャリスト
③日本人客に対応できてもできなくてもいい雑務スタッフ

高級ホテルで働くには?

超トップクラスのホテルでは、日本人観光客対応スタッフだとしても、日本語と現地語と英語の3か国語は必須。さらに、ホテルコンシェルジュなどの経験数年分を要求されるでしょう。

もちろん、人となりもしっかりと見られます。まさに、①の、ホテル業の熟練スペシャリストまたはジェネラリストであることを大前提として、日本人対応も任せようという場合です。ホテルのコンシェルジュ席に座ることもあれば、カウンターに入ることもあり、内勤もある。そんな正式なホテルスタッフの一員としての入社になります。ノマドには少し重たいかもしれません。

多少ランクが下がり、ツアーでも泊まることが多いものの、ある程度名の知れた高級ホテルだと、逆に日本人専用のスタッフをおくことがあります。

この場合は、英語と日本語が必須、現地語はオプションといったところ。経験値は多少必要ですが、ホテルをはじめとした接客業経験者であれば、応募が可能な場合も多いようです。原則として、日本人客専用なので、コンシェルジュ的な職種になります。

この②にあたる日本人対応コンシェルジュは、必ずしもそのホテルの正社員ではなく、契約社員やパート、派遣社員の場合もあります。ホテルスタッフというよりは、日本人客用の臨時職といったスタイル。これだと、数カ月から1年程度の契約が多いため、ノマドも可能でしょう。

中級以下のホテルで働くには?

日本人客がよほど多いホテル以外は、日本人専用スタッフを雇うことがあまりありません。それだけのコストをかけられない、かける必要も感じていない場合がほとんど。カタコトの日本語を話す現地スタッフがいれば十分と考えていたり、現地に留学中の学生アルバイトを雇う程度で対応していることが多いでしょう。

でも、だからこそノマド志望者にとっては狙い目。運よくホテルスタッフの募集がかかっていれば、接客業経験プラス日本人対応可をウリにして、就職できるかもしれません。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

格安宿で働くのはどう?

格安宿のスタッフの給料がいいはずがありませんね。スタッフ数も多くは必要ありません。現地のスタッフを雇って安く抑えたいというのが、オーナーの意向でしょう。

ただ、オーナーが日本人の場合や、日本人が集まる宿の場合には、日本人スタッフを置く場合があります。この手の日本人スタッフになるには、その募集自体があまり多くないので、競争が激しいこと、やはり待遇があまりよくないことが問題。それでも、食住を提供される場合が多いので、物価の安い国であれば、これだけで滞在費はかなり節約できます。

③のパターンで、日本人であっても、日本人専用とか、コンシェルジュ的な役割だけという線引きはなく、宿内の仕事はすべてこなしていく必要があるでしょう。

現地人に混じってホテルで働くのは?

日本人であることをウリにせず、普通にホテルの客室係や清掃係、ベルボーイなどとして働くことも可能でしょう。

高級ホテル以外はスタッフの出入りが多く、求人も常にあります。日本のホテルほどシーツの整え方や服装などにうるさくなく、ある意味気楽に働ける環境も多いでしょう。ただ、一般的に給料はあまりよくありません。

チップ文化のある地域だと、チップの分の収入を得られるはずだからという理由か、賃金は安めの設定。そのあたりを理解した上で、現地のアルバイト雑誌や広告から応募してみましょう。ホテル内のレストランなどにパートで入って内部情報を得て、ホテルスタッフにリクルートするのも狙い目です。

ホテルに企画を持ち込むプランナーになる

頭は使いよう。ホテル業界はごく一部を除き、激しい競争の中での生き残りを模索しています。評価が厳しく移り気な日本人観光客のハートをきっちりとつかんでおきたいという気持ちは、どのホテルにもあるはず。

そこで、ホテル内に勤めるのではなく、ホテルに企画を持ち込むプランナーになってみるのはいかがでしょうか? 日本人受けするイベント企画、部屋の内装やウェルカムパッケージなどのアドバイス、ホテルスタッフ向け一言日本語講座開設なんていう案もおもしろそう。

日本人客が減っている、新規に呼び込みたいと考えているホテルに、いろいろな案を練った上でコンタクトしてみては?

まとめとして

好きなように流れていく旅人ノマドとはいえ、宿は必要。ノマド中の宿を確保しつつ、働いて収入も得られるもっとも近道がホテル勤務かもしれません。

多くのホテルは従業員用の寮があったり、住み込みが可能だったりします。その分お給料が低めに設定されてしまうのが難ではあります。またついでに、ホテルには必ず食事を提供する場もあります。そう、賄いがつくことも多いのです。職+食住。これは見逃せません。

それなりの格のあるホテルでは経験者を求めています。ノマド旅の前、または最中に少しずつホテルや接客業での経験を増やしておくと、いつか役に立ちそうですね。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  2. ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  3. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

村人ブログ

旅が仕事YUUMA

PAGE TOP