「閲覧注意」負の遺産・オランダの監獄博物館を見学~拷問・死刑の歴史

ヨーロッパ旅行というと、古くから残る建築物、石畳の街並み、有名な絵画が揃う美術館など、美しいイメージが強いかと思います。

とはいえ、歴史が長いヨーロッパには負の歴史も存在することも確か。

ということで、負の遺産の一つであるオランダ・デンハーグの監獄美術館(Museum de Gevangenpoort)を紹介したいと思います。

IMG_8054

 

観光名所から近い

監獄美術館の良いところは、観光名所のビネンホフ(国会議事堂)やマウリッツハイス美術館から近いということ。昔は立法権と司法権が分かれていなかったので、国会と同じ敷地に監獄があったのです。

ビネンホフと道を挟んだ向かいのカフェやレストランが並ぶ界隈にひっそりと佇んでいます。

監獄美術館は13世紀の建物で、当時伯爵宮殿だったビネンホフの正門でした。

その後、16〜17世紀にかけて現在の形の建物に変わったそうです。

監獄として使われるようになったのは15世紀から19世紀まで。

監獄として約400年の歴史を持っています。

 

それでは入場しましょう。

チケット(大人1人7.5ユーロ)を購入するとガイドツアーの時間を案内してくれます。

ガイドツアーは基本的にオランダ語ですが、英語のオーディオガイドや日本語のガイドブックを用意してくれます。

私が参加した時は、参加者がアメリカの若者ばかりだったので英語のガイドとなりました。

ガイドツアーの参加者は全員で10人ほどでした。

 

監獄も格差社会だった

「あなたたちは罪を侵した罪人だ!」

という設定でガイドツアーはスタートします。

リアルに監獄を感じてもらうための演出のようで、随時こんな感じで進みます。

 

まず連れて行かれるのは一般市民の拘置所。

薄暗く狭い通路を通っていきます。

IMG_8051

部屋は約6畳ほどのなにもない空間。質素なぼっとん便所が一つついています。

多いときは一部屋に15人もの囚人が詰め込まれるそうです。

パンや水が入り口から投げ込まれ、それを争って食べるという悲惨な生活を送ることになります。また、昔のオランダは今よりも寒かったようで、麦わらをかき集めて凍えながら眠ったそうです。

判決がなかなか下りない場合、1ヶ月くらいここに詰め込まれることになります。

 

次に案内されたのは伯爵の拘置所。

IMG_8048

暖炉もふかふかのベッドもあります。自宅から家具を持ち込むこともでき、食事やワインも最高級のものが出されます。もちろんトイレ・バス付き。

部屋の大きさも10畳以上はありましたね。こんないいホテル泊まったことない…てきな。

ただ滞在費は自腹だそうです。

 

ギロチンは身分の高い人だけ

拘置所を見た後は処刑道具のある部屋に連れていかれます。

 

IMG_8049

説明されなくても大体察しがつきましたが、

一般人の死刑の場合、

ここにくくりつけられて、ハンマーで手足の骨を粉々に砕かれたあと、最後の一撃が心臓に降ろされます。

よく映画などで見る剣で首を刎ねる、というのは身分の高い人の特権だそうです。

 

ほかにも、煮えたお湯の中に入れられるなど、地獄絵図のような死刑が行われていました。

こちらの部屋には罪人に入れる焼き印なども展示されていますし、もっとグロテスクな話を聞くことができます。

 

ここは「ノマド」の サイト

「ノマド」= 場所と時間を選ばず「旅」を、生業とし生きる人たち。

東日本大震災(2011年3月)の経験によって、私たち家族4人は日本の家を引き払い、ノマドライフをスタートさせました。

「子連れで世界一周」達成後も旅を終えず、今現在も海外や日本を無帰宅で旅し続けています。

何処の空の下で、何を学び、何を感じ、写してきたのか。私たちが辿ってきた道のりは、

当サイトの「子連れバックパッカー世界一周」「子連れ自転車日本縦断」「手作りキャンピングカー学びの旅(日本)」「ノマド 7人 で旅へ(海外)」「世界の人々の写真」「石垣島での旅人村づくり」「手作り木造ヨット世界一周」

など、1400記事以上にわたって描かれていますので、少しでも目を通して頂ければと思います。

私たちの旅の様子はコチラ👉https://yuuma7.com/

拷問室にデルフトのタイル?

最後に案内されるのは拷問室。

このあたりで「私は罪人」というマジックにかかって気持ち悪くなってきました。

IMG_8053

こちらも器具を見るだけである程度察しはつくと思います。

印象的だったのが壁のタイル。

IMG_8052

オランダのお土産として有名なデルフト焼きのタイルです。

拷問室に使うなんてと思いますが、タイルだと飛び散った血を拭くのに便利なので不良品のタイルを張ったようです。合理的に考えられていますね。

 

ちなみにツアーの最後は、

「あなたたちは罪人ではないので解放します!よかったね!」

という感じで終わります。

 

拷問室や処刑道具などを見るのはためらわれるかもしれませんが、人間の残酷さなどを知る機会として、観光の合間に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

名称:監獄美術館(Museum de Gevangenpoort)

住所:Buitenhof 33 2513 AH Den Haag

営業時間:火〜金は10〜17時 土日は12〜17時

入場料:大人7.5 12歳以下5.5

HP:https://www.gevangenpoort.nl/

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。
 

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  2. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  3. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  4. 拠点石垣島 波照間島 大阪 横浜 ちょい昔の沖縄みんなでペンキ塗り・ジブリ風シャワー…
  5. 屋外・風通し良し・ジャングルのド真ん中・石垣島のずっと北の方です。風の音・鳥の音・虫たちの音…
  6. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を実現して、今アジア一美しい車窓…
  7. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  8. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  9. 長く旅を続けていると「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常が旅そ…
  10. このコンテンツは、2010年2月に名古屋国際センターで開催された講演内容を編集した文書です。コロナが…

pickup 情報

  1. はじめにヒッピーという言葉は、どこかで耳や目にはしていても、またなんとなくイメージすることは…
  2. スリルを求める人なら誰もが一度はスカイダイビングに挑戦してみたいと思うはず。また、普段の生活…
  3. 写真はハートで撮るんだ! カメラでもなく、腕でもなく、被写体でもなく、一番に必要なのはハート。…
PAGE TOP