「食べる」以外ですすめられるヴィーガニズムスタイル

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ヴィーガンというと、肉は食べずに野菜を食べる「食習慣」をあらわす言葉というイメージが強いですね。でも実は、生活スタイルすべてに関わるのがヴィーガニズム。

ここでは、「食べる」こと以外のヴィーガニズムについてご紹介していきます。

衣類ヴィーガニズム

目に見えてわかりやすいところから例に出していきましょう。まずは皮革製品が使われることの多い衣類です。「革ジャン」「ムートンコート」「ダウンジャケット」「毛皮のコート」。これらはすべて、動物の体から採取した材料から作られています。

動物たちの多くはジャケットの材料になるために飼育され殺されています。

石器時代などの動物の皮など以外に人の体を守る術がなかった(かもしれない)時代ならいざ知らず、現代は代替品が多くあり、その品質も悪くありません。それでもなお、動物たちの命から得る洋服が必要なのか? その答えは「NO」。

洋服だけでなく、バッグ、靴、身の回りの装飾品なども同じです。さらには、命を削ることなく得られる羊毛などに関しては、受け入れられるというヴィーガンもいますが、人が温かさを求めるという理由であれば代替品があることや、ファッションのために家畜として飼育されるのであれば、やはりヴィーガニズムとは相いれないとして拒絶する場合もあります。

このあたりは個人のヴィーガニズムレベルや考え方で異なる難しいラインです。

化粧品ヴィーガニズム

化粧品の場合、その材料に動物成分が使われている場合はヴィーガンとして拒否します。よく聞くところでは「プラセンタ」「コラーゲン」などが動物由来の成分を使用している可能性があります。

「プラセンタ」は哺乳類の胎盤を意味する英語。その名の通り人や豚・馬などの胎盤から作られています。胎盤は出産時に体外へと自然排出されるものなので、命を奪うことなく採取は可能です。多くの場合は、メーカーが酪農家と契約していて、出産時に新鮮な胎盤をその場で冷凍して搬出し、工場で加工するそうです。動物成分とはいえ、有効利用であるという視点もあるため、ヴィーガニズムの考えの中でも比較的使用への忌避感がないものといえます。

「コラーゲン」は、牛の骨・皮膚・じん帯などから摂取するたんぱく質が原料となっています。こちらは命を削らなければ原則手に入らないものですが、使用の可否については、コラーゲンを手に入れるために命を奪っているか死体からの採取かが問題視されることもあります。

このほかに、キラキラしたアイシャドウなどに使われるグアニンは魚の鱗から、リップの艶出し成分であるラノリンは羊毛から、多くの化粧品の分離防止薬剤や脂肪分として添加される成分の多くに動物成分が使われることがあります。

必ずしも命を奪うものばかりではありませんが、ほとんどすべてに植物性などの代替品があります。代替品がある以上、動物成分をあえて選ぶ必要があるのでしょうか?

医療・薬ヴィーガニズム

医療や薬にもまた、化粧品のように多くの動物成分が使われています。ただし医療や薬は、化粧品のように簡単に取捨選択することができません。実際には、患者の側にも情報が提供され、ある程度の選択肢が示されるべきでしょうが、ほとんどが医師の判断に任されているのが現状です。

そのため、医療や薬の場面でヴィーガニズムを徹底するのは非常に難しくなります。その治療法が確立されるまでに行われた動物実験の有無や数。それらを確認しようとしている間に自分自身の命が、大事な人の命が失われてしまうかもしれません。

医療も薬も、十分な情報があり、選択肢が提示されるならば、是非ともヴィーガニズムの視点で選びたいものですが、現実社会では、今そこにある「命」が優先されます。それを拒否することは、患者側からすれば「命の放棄」であり、治療する側からすると「治療の放棄」になりかねず、医療現場とヴィーガニズムは折り合いが非常に難しいといえます。

唯一、医療関連の場面でヴィーガニズムを適用できるのが、代替治療です。

薬草系の漢方を使うこと、ヨガや指圧、呼吸法などで健康を維持し、体調不良を緩和することなどが、ヴィーガニズム的な代替治療として取り入れられます。特にこれらは、日常的な生活に取り込むことで、予防医療的な働きもするため、総じて動物成分の使用を減らすことへとつなげることができます。

石鹸、シャンプー、洗濯や掃除などの家事洗剤。あらゆる洗剤類は、ものによっては化粧品の仲間、また別のものは薬の仲間とみることもできます。同じように、命の重さとその製品の必要性を自分なりの天秤にかけて、製品選びをするとともに、使用そのものについても考えていきたいものです。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

動物実験ヴィーガニズム「クルエルティフリー」

化粧品、薬のあたりで「大事なポイントに触れていない」と思いながら読んだ方もいるでしょう。そう、動物実験です。

人間の体に使用する製品のほとんどは、実際に人間に使う前に動物で実験が行われてきました。これは長い歴史を持ち、今も変わらず続けられています。

ただ、その動物実験の在り方、必要性の有無については、年々論議が高まり、徐々にではありますが、減少や代替実験へと変化してきています。それでも、まだまだ世の中の製品の多くは、その裏側で動物たちの犠牲を越えてきています。

その犠牲を避けること、減らすこと、「クルエルティフリー」を目標とするのもヴィーガニズムです。「クルエルティフリー」とは、製造や開発の過程で、動物に対して残虐な手段がとられていないものを示す言葉で、化粧品や消費財の中でも、人への安全性や有効性を確認するための動物実験が行われていない製品に冠として使用されています。

このクルエルティフリー、薬や医療などの分野においては、倫理的に人と動物のどちらを重視するのかという問題は残るものの、より多くの命を救うための動物実験の必要性は認められています。ヴィーガンであっても、病気になった時にあらゆる薬や治療を拒否することはほとんどありません。

ただし化粧品は別。化粧品は命にかかわりません。動物実験という多くの命を削ってまで研究する必要性はないのではないかと考える人や意見も増えています。

命がかかった場面では、異なる命の重さを比べることが難しくなります。そこにある危機を救うために、クルエルティフリーを無視することもあるかもしれません。でも、命がかかっていない場面であれば、動物実験を避けること、動物実験を避けた製品を選ぶことは可能ですね。

まとめとして

何気なく使っている製品の数々が、店頭に並び私たちの手元にやってくるまでには、多くの動物たちが関わっています。

原材料として使われていたり、安全性を確認するための実験対象にされていたり。綺麗なボトルに入った製品から、その裏側を見通すのは難しいですね。すべての動物成分名を憶えることは難しいし、動物実験の有無に関してはほぼ表示がありません。

でも、ちゃんと選ぶ基準はあります。まず、ヴィーガン商品を専門に扱うショップやサイトを使用すること。また、海外製品の場合にはヴィーガンであることを示すサイン、たとえはアメリカならヴィーガンの「Vマーク」や動物実験なしの「ウサギマーク」など、イギリスならベジタリアン・ヴィーガン認証の「お花マーク」などが表示されています。

残念ながら、世界的な規模で知られる統一基準はなく、日本にはこの手の十分に認識された認証協会もマークもないため、信用できる商品はまだそれほど多くありません。それでも、自然製品や手作りなどと上手に合わせていくことで、徐々にではありますがヴィーガニズムとして安心して暮らすこともできるようになってきています。

今後のヴィーガニズムの発展は、私たちの生活スタイルや活動次第です。社会へのお手本となるヴィーガニズムスタイルを作っていきたいですね。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…
  2. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  3. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  4. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  5. 「ン”モ"ォオォォー」その声は茂みの向こうからやって来た…。みなさんはじめまして!Shi…
  6. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…
  7. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  8. ※拡大オリジナル写真は「こちら」からダウンロードできます。Artist AKI 12歳♪…
  9. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  10. みなさん、こんにちは。マイコです。今日は、旅の出発前夜祭@那覇です。なぜ那覇か、とい…

pickup 情報

  1. クジラの死骸から発見された、40kg相当のプラスチックゴミ。これが何を意味するか、誰の目にも明らかで…
  2. 遊園地に行ったら絶叫マシンに乗る人って多いですよね。絶叫アトラクションって怖いと思う人も多い…
  3. ランタン飛ばして幸せになろう! 「コムローイ祭り」(Khom Loi)/タイ・チェンマイほか…
PAGE TOP