うしおのもりキャンプ場にキャンピングカー泊したよ!この場所での遊び方や周辺の見所

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

廃校になった学校を再利用した千葉県の道の駅「保田小学校」を紹介したことがあります。今回は同じく学校の再利用ですが、その方法はキャンプ場。学校のグラウンドには青々とした芝生がはられ、広々としたキャンプ場に大変身しています。

さらには、さすが元学校。テントなどの手持ちがない初心者でも、必要な機材の多くをレンタルで体験してキャンプの楽しさと、キャンプにともなう外遊びの方法も学べる仕組みになっています。

広々芝生の校庭に、フリースペーススタイルで好きな場所に好きなようにテントを張って泊まり、椅子とテーブルを置いてくつろぐことができて、海は目の前。夜になったら、校舎で肝試し…は、残念ながらできないようですが、それでも、これはなかなか魅力的なキャンプ場に仕上がっていそうです。

うしおのもりキャンプ場での飲食

・バーベキュー

もしも天気が悪くないなら、うしおのもりキャンプ場ではバーベキューが絶対におすすめ。校庭を好きなように使ってアウトドアランチを楽しみましょう。校庭が広いせいもあり、海が目の前にあるせいもあるのでしょう。とにかく空が広く青いので、外での食事がとっても美味しいのです。キャンプはもちろん、バーベキューも初めてという人でも大丈夫。基本の機材だけレンタルできる「基本コース」と食材もついた「手ぶらでBBQコース」があります。

・タイ料理「ギン・カーオ」

校舎内にあるタイ料理屋さんもおすすめ。黒板があり木の床が貼られたそこは確かに教室。でも、香りも装飾もタイ。家族連れのキャンパーが多いことから、子どもでも食べやすいココナッツミルクたっぷりの鶏の煮込みや焼き鳥、甘い焼きそばがあるかと思えば、大人味の辛~いパパイヤサラダやカレー炒め、もちろんグリーンカレーなどもあります。この店で使われているパパイヤは現地宮崎産。そのほかの食材にも多くの地元産が使われています。シンハビールもあり、キャンプ場でこんな贅沢な気分を味わえちゃっていいのか~と叫びたくなりそうです。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

・シャンシャン茶屋

校庭を出てすぐそこの海岸沿いにあるお店。店の窓からは真っ青な空と海が見えています。シャンシャンとは、この地域に伝わる風習「シャンシャン馬道中」で、嫁入り時に守り神である鵜戸神宮へお参りする時に乗っていく馬飾りの音。海鮮料理とうどんにこだわる店で、ジャンボエビフライ、伊勢海老の味噌汁、海老南蛮などの海系とぶっかけだしで食べるうどん、どちらも食べたくなる迫力と美味さです。ランチがお得ですが、日没前後のシービューが美しすぎるので、早めの夕飯に訪れるのもおすすめです。

・大海

同じく伊勢海老を食べられる店。刺身でいただく伊勢海老はなんともゴージャス。一番人気の伊勢海老寿定食には伊勢海老の刺身に大碗味噌汁にアワビやサザエもついてくるという素晴らしさ。海鮮丼には季節の新鮮な海鮮がこんもり。窓からの眺めもいいのですが、あまりの美味しさにペロっと食べ終えてしまい、長居がしにくいのが難と言えば難。

・にこにこショップ

おにぎり、天むす、トビ天などの持ち帰りと店内飲食の両方ができるお店。水産会社の経営らしく海産物の販売もあるので、バーベキュー食材の買い出し場としても使えます。小さな店ですが、地元の人もキャンパーもよく利用しているらしく、いつも賑やかです。

・鈴乃家旅館

ちょっと距離が離れて車で30分ほどかかりますが、カツオを食べるならここ。かつおのひつまぶしは生姜がたっぷりのっていて、青魚の臭みが苦手な人でも食べられそう。お茶漬けにすればツルツルっと入ってしまいます。地元でも非常に人気のある店なので、開店して30分以内に満席になってしまいます。早めに行って並ぶか時間をずらすかしたほうがいいかも。

・フルーツ高野

少し離れた宮崎市繁華街のはずれにあるフルーツショップ。店頭では果物の販売がされていますが、奥は喫茶スペースになっていて、地元のフルーツをたっぷりと使ったスイーツを食べられます。パフェやクレープなど、宮崎マンゴーを中心としたいろんなフルーツと一緒に味わえます。

うしおのもりキャンプ場での遊び

校庭であるキャンプサイトの隅には、プレイエリアが作られていて、ブランコや滑り台などで遊ぶことができます。

学校内に店舗を持つ「シーカヤックの工房」では、カヌー体験スクールがあるほか、HADASHIネイチャーガイドと名付けられた自然遊びを案内する活動もあり、シュノーケル・サーフィン・サップなどのマリンスポーツだけでなく、磯遊びも安全に楽しめます。

目の前の海は岩場ですが、少し行くと整備された海水浴場もあります。

また、うしおのもりキャンプ場内で、グランピングや常設キャンピングカー泊の体験もできるので、これもキャンプの楽しみ方を知る方法として試してみてはいかがでしょうか?

https://www.ushio.co/

手作りキャンピングカーで生活中!家族三人+犬二匹の旅暮らしブログ

ハイエースキャンピングカー写真1

家族3人+犬二匹で、日本~世界を旅しながら暮らしています。「車のおうち」は全て僕の手作りです。世界中に故郷を増やし、帰る家はこの「車のおうち」だけ♪

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

この「車のおうち」のカタログは「こちら」からどうぞ♪

うしおのもりキャンプ場に泊まる

うしおのもりキャンプ場では、大きく分けて3つの宿泊スタイルがあります。オートキャンプ(電源あり・なし)、ツーリングキャンプ、ファンピングです。

オートキャンプとは言っても、車は芝生サイトではなく、すぐ横の駐車スペースに停めていることが多いようです。ツーリングキャンプはバイカーとチャリダーたちのためのスペース。定員が少なく狭いため少し安い料金設定になっています。ファンピングキャンプは、グランピングとファンを掛け合わせた造語。三角屋根のグランピング内にはシングルのマットレスが2台分設置されていて、テーブルと椅子、ランタンなどは常備。さらにテントの外にウッドデッキがあり、雨よけのタープとテーブルとイスが置かれています。

混雑時とオンシーズン以外は基本フリーサイト。ただし、電源を使用したい場合には、サイト内に5つある電源の近くに割り振られます。それでも広々なので必ず延長コードを用意しておきましょう。

https://www.ushio.co/

せっかくの校舎ですが、現時点では宿泊用には整備されていません。地域のコミュニティー交流施設として、エリア内での新しい形の自立活性化を目指し、地域産業の発展や人材教育、雇用創出などに役立てているそうです。今後、どんな活用案がでてくるのか注目したいところです。

うしおのもりキャンプ場の安全性

廃校になるくらいなので、人口が少ないエリアです。校舎の後ろは山。校庭の前は海。海沿いの道を走る車も夜にはほとんどいません。

これといった危険性は感じませんが、管理人が24時間体制で見守っているわけではないため、安全管理は自己責任です。

また、日中キャンプ場から海へと徒歩で出る時の道路横断、海での転落やケガなどには十分に気をつけましょう。遠回りでも歩道橋を使いましょう。

うしおのもりキャンプ場の立地とアクセス

車でのアクセスは、宮崎市街からは国道220号を南下して約40分。日南市街からは国道220号を北上して45分ほどです。

海沿いの道はドライブにぴったり。ついつい海に目が引き寄せられますが、わき見運転には十分に注意しましょう。

うしおのもりキャンプ場の周辺観光

・富土海水浴場

なぜに日南で富士なのか? じつは富士ではなく富土(ふと)なのです。よく見ると土。白い砂浜と透明度抜群の海が自慢の海水浴場では、夏を中心にさまざまなイベントも開催されています。たとえば、砂の造形大会では緻密な砂の3Dアートが砂浜に登場します。ビーチバレー大会は、大会特別ルールを用いて初心者大歓迎で和気あいあいともりあがります。もちろん、普段の海も十分に美しく、海に入るには寒い季節に見るだけ歩くだけでも堪能できます。

・鵜戸神宮

鵜戸さんと親しまれるこの神宮は日向灘に面した洞窟の中にご神体を祀る不思議な場所。洞窟内は約300坪あるといわれ、自然の奇跡の塊りです。もともとは神殿として創建されたものを後に再興する際に寺院を合わせて建立、「鵜戸山大権現吾平山仁王護国寺」として人々の信仰を集めていました。ところが途中宗派がかわり、さらには明治維新で権現号と寺院を廃し神社となり、その後今の神宮へと昇格したそうです。

安産と育児の守り神である「おちちいわ」からは滴り落ちる水がありそれを集めて「おちちあめ」が作られ、母乳の出が良くなるとか、子どもの乳離れにきくといわれているそうです。また、場所柄もあってか、漁業や航海の守り神との役目を果たし、剣法所縁の地としての信仰も篤いとか。

神宮場内には、お乳岩やお乳水のほか、霊石亀石、摩崖仏などが点在し、旧参道の438段あるという古い石段が続く八丁坂や御祭神の陵墓だという伝説のある御陵へ続く階段、鵜戸千畳敷奇岩など、ハイキングと景勝地巡りも兼ねられる広さを有しています。

・大島

特別なものもこともありませんが、癒される小さな島。南郷駅から車で3分、小浜港からさらに船で10分。遠方から訪れる観光客は少なく、ほとんどが地元の人たちが遊びに寄ったよ的な雰囲気。夏休みには海水浴目当てで込みますが、それ以外の時期は貸し切り気分で島をブラブラと歩き回るのがおすすめ。古く歴史ある東西までのハイキングも。宿泊用のキャビンがあり、周囲の林の向こうに海が見えています。

・飫肥城跡

日南でよく見かける杉の仲間、飫肥杉が茂る城跡です。当時の姿は少ししか残っていませんが、広い石段やコケむした石垣などは歴史を感じさせます。周囲の城下町は面影が濃く残り、小さな町ですが風情ある散歩を楽しめます、途中に豪商の館や藩校跡などもあり、見学できるものもあるので、是非立ち寄ってみましょう。

基本情報としての施設設備

①営業期間と時間と料金

原則通年営業です。定休日はありませんが、団体使用やイベント開催天候などによっては利用できない場合もあります。

チェックインは13:00~、チェックアウトは11:00です。精算などの受付は16:00~18:00ですが、その時間帯の都合がつかない場合には電話連絡を入れることで融通をきかせてくれます。

キャンプサイトはフリーサイトですが、合計12区画分となっています。場所取りでケンカになるような狭さではありません。そのうち5区画はAC電源付き。

電源つきのオートキャンプが1泊3500円+利用料(1人500円)。車1台分とテント1張り、タープ1張りが基準で定員は6名まで。

電源が不要なオートキャンプだと3500円の基本料金が2000円になります。キャンピングカーを利用する場合は原則としてAC電源付きプランとなり、乗り入れ料金としてさらに+1000円かかります。また、キャンピングカーを利用する場合には、テントは使用しない前提となっています。

ツーリングキャンププランは、バイクか自転車でのキャンプ用。1泊1500円+利用料(1人500円)で2名定員です。ファンピングと呼ぶグランピング泊は1泊12000円+利用料(1人500円)で最大定員は4名です。

②駐車スペース

校庭の一画が駐車スペースとして確保されています。原則として、芝生エリアには車進入していません。キャンピングカーでの利用はもちろん可能ですが、大型車の場合には予約時に駐車スペースなどの相談をしておくことをおすすめします。

③トイレ

水洗トイレがあります。

④炊事

炊事場・流し場があり、かまどもあります。

⑤シャワー・風呂

コイン式のシャワーがあり、宿泊利用者は無料で使えます。18:00~23:00まで使用できます。

車で30分圏内に日帰り入浴可能な施設が何件かあります。

⑥電源

電源付きサイトが5カ所あります。

⑦ゴミの扱い

すべて持ち帰りです。

⑧売店など

校舎内にいくつかの店舗はありますが、基本的に食料の買い出しはできません。持ち込まないつもりなら、最初からおまかせバーベキューなどを予約しておく必要があります。

またコンビニやスーパーも歩ける範囲にはなく、比較的近隣にある買い出し可能な店舗は営業時間が限られている場合が多いことなどから、持ち込みの食材は早めに十分に用意しておくことをおすすめします。

校舎内で営業しているタイ料理店も閉店は早めです。気づいたら閉店していた! なんてことがないように気をつけましょう。

⑨Wi-Fi

あるようです。

⑩そのほか

ペットは放し飼いをしなければ可。花火の使用は音の小さな手持ちに限って可。直火利用は不可。発電機など音の大きなものの使用も禁止されています。

23:00~6:00までは就寝時間として、静かに過ごすようにしましょう。

まとめ

廃校になって20年ほどの小学校です。再利用のめどがつかない数年間は放置されていて、近隣の住民や卒業生たちが悲しんでいたそうです。

現在「潮の杜」となった学校は、地域を盛り上げるさまざまな活動を支援し実地で活動も行いながら、外部からのキャンパーも受け入れています。

実は、こうして外部からの人を受け入れることも、この地の活性化につなげるための手段の一つ。地元に限らず若者たちのIリターンや起業準備の手助けもしているそうです。

でも、キャンパーにとっては、広い空と広い海、そして広いサイトが待っている素敵なキャンプ場。それだけで魅力は十分ですね。あ、美味しいタイ料理店もついてきます。

「うしおのもりキャンプ場」
宮崎県日南市富土4028-4
0987-67-4608

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  2. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…
  3. ※注意!こちらの募集は「旅のビジネス」とは異なります。WEB初心者は約6ヶ月の短期集中コ…
  4. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  5. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  6. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…
  7. テントを張る必要がないキャンプ。寝袋がいらないキャンプ。食事の心配のないキャンプ。それってキャンプな…
  8. ビジネス参加者7人で、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス」…
  9. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…
  10. まさかのLIVE FREE キッチン全焼。ケガ人が出なかったから笑い事。でも…

pickup 情報

  1. はじめに近年流行りつつあるという「女子旅」。その目的は、観光だったり、食べることだったり、買…
  2. 海外では日々、色々なところでお祭りが開催されています。世界的にも有名なお祭りから、マイナーだ…
  3. ビジネス参加者7人で、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス」…
PAGE TOP